緑茶と烏龍茶、体にいいのはどっち、それぞれの良さ、作り方の違い

緑茶か烏龍茶か、どっちのが体に良いんだろう??

日々健康を気にしているあなたは何を飲んでいる?

多くの日本人は普段からお茶を飲む機会があると思いますが、最近ではスーパーや薬局などにダイエット茶や美容・健康によいお茶などが並びます。

お茶の美容・健康作用は注目されているようです。緑茶と烏龍茶では、どちらがより体にいいのでしょうか。

緑茶の効果

緑茶を飲むといいことがある?!

緑茶には、「カテキン」という成分が一番多く含まれています。中でも、煎茶や番茶に多く含まれています。緑茶にカテキンが多く含まれている理由は、発行されていないお茶だからです。

お茶に含まれる「カテキン」がダイエットに良いと紹介されているのを聞いたことがある人も多いかもしれませんが、これは本当で、カテキンはポリフェノールの一種です。抗酸化作用、血糖上昇抑制作用や、コレステロール上昇抑制作用、整腸作用があると言われています。

また、脂質を燃やす働きをする酵素を活性化させる効果もあり、食べるものの脂質や溜まってしまっている脂質を分解・燃焼する効果があることが分かっています。

烏龍茶の効果

烏龍茶を飲むといいことがある?!

烏龍茶は、緑茶を半発酵させたものにあたります。上記で紹介した健康に良い「カテキン」は発行によって失われてしまう成分なので、半発酵されている烏龍茶には、緑茶のようにカテキンが多く含まれていないです。

しかし、だからと言って烏龍茶の方が緑茶よりも体に良くないわけではありません。烏龍茶は発行する過程で、烏龍茶重合ポリフェノールという成分ができます。

この烏龍茶重合ポリフェノールは、脂肪の吸収を抑えて、溜まった脂肪を排出する効果があります。ポリフェノールなので、効果はそれだけでなく、カテキン同様、抗酸化作用、血糖上昇抑制作用や、コレステロール上昇抑制作用、整腸作用などの効果も持ち合わせています。

より体にいいのは、、、

選ぶポイントは体を冷やすかどうか

緑茶と烏龍茶の健康作用について、ほとんど差はなく、同じような効果を持っているということがわかったかと思います。

つまり、どちらも体によいお茶であるということになります。しかし、1つだけ注意するべきポイントがあるとするならば、緑茶は体を冷やす性質があるということです。

つまり、体を冷やさないためには烏龍茶の方がよいと考えられます。最近では、冷えは体の機能を弱めてしまうなどと言われることもありますので、総合して考えると烏龍茶の方が健康的なのかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする