発熱インナーで汗をかくと暖かくなる仕組み、発熱肌着の原理と問題点

冬になると着たくなる発熱インナー

どうして暖かくなるのか

いつからか発熱インナーは生活の中に溶け込んでいますよね。寒い時期には服の下にこれ一枚着るだけであたたかく感じますよね。なんか不思議です。服をいつものように着ただけなのに。

この発熱インナーはいまや衣料品メーカーはこぞって発売しています。来ているだけで体感温度がプラス3℃とか5℃とか種類はさまざまです。

体にフィットする構造

暖められた空気を逃がさない!

人間は運動で発する汗以外でも、皮膚から常に水分を発生させています。その量はなんと一日600ミリ~800ミリにもなるのです。

この発生した水蒸気が服との繊維とぶつかるときにできる熱を利用して熱が生まれるのです。なので、水蒸気を多くぶつけるためには水とくっつきやすい繊維を使う必要があります。

また、なるべくフィットしたものをきることで、摩擦がおおくなり、あたたかくなる熱をたくさん発生させることができるのです。なので大きめなのを着ると摩擦がすくなくなり、暖かさも半減します。

吸湿発熱機能

発熱インナーの肝

さきほど言ったように、発熱インナーは人から発生された熱を使います。この吸湿発熱機能は読んで字のごとく、人間から出た水蒸気を使って暖かくなるということです。

この機能が発熱インナーの重要なところなのです。この機能が秀でているか、劣っているのかで着ているときの感じ方がちがいます。

吸湿発熱素材は一般的な化学繊維と違って繊維が細く、表面積が広いので普通のインナーとは性能がちがうのです。表面積が増えると水蒸気を取り込みやすくなり熱もでやすくなります。

本当のところは?

暖かいのは初めの2、3分程度

発熱インナーはずっと着ているとずっと暖かいのかというとそうでもありません。さきほどいったようにこのインナーは体から出る水分を水蒸気に変えて発熱します。

ということは、一定量水分を取り込んだらもう発熱しなくなるということです。着た服をまた脱いで着ることはあまりないので着た直後しか発熱しないということです。

また、汗をかいた場合は乾きにくいというデメリットもあります。なので逆に肌寒くなるかもしれません。

メリット、デメリットを押さえて寒い冬を暖かくするように発熱インナーを選んで着用していきたいものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする