ミノキシジル配合の育毛剤で副作用、むくみや耳鳴りが出たら要注意

ミノキシジルとは?

脱毛症の治療薬

このミノキシジルとは、製薬会社のファイザーが1980年代に開発した脱毛の治療薬です。この薬の成分は血管を拡張させ、血圧を下げる効果がある薬としてアメリカで使われていた薬なのです。

ですが、この成分で多毛症になることをヒントにして脱毛症に効果があるとして治療薬として使われるようになったのです。

この成分がはいったものはリキッドタイプや経口タイプのものなどいろいろ発売されています。

効果はどのくらいあるのか

継続は力なり!

さきほどにも書いたようにミノキシジルとは血管を拡張して血行を促進する効果があり、高血圧の治療薬としてつかわれていました。

この薬の副作用で多毛症になることをヒントにして応用されたものです。脱毛をストップさせ、発毛効果があるのか原因ははっきりしていませんが、世界中で使われている薬です。

海外のものは濃度が高く手に入れやすいためにすぐに効果があるのかと期待しがちですが、すぐには効果は得られません。副作用にも注意しなくてはいけません。

この成分がはいった育毛剤は生え際には効果がなく、頭頂部の薄毛にのみ効果があることを覚えておきましょう。毎日継続して使用することが大事なのです。

使用中の副作用に注意

外用薬と内服薬で副作用がちがう

なんの薬でも副作用はつきものです。ミノキシジルを使っている育毛剤でも同じです。CMでも流れている外用薬の育毛剤では頭皮の湿疹や発赤、かゆみや胸の痛み、むくみがあります。これらは基本的に塗布したところにでしか現れません。

次に内服薬ですが動悸やめまい、不整脈です。内服薬ですと、やはり血流にのって全身に成分がいきわたってしまうのでさまざまなところに影響が出やすいです。

循環器系の副作用が多いのが特徴です。持病などがある人はかならず主治医や薬剤に相談してから使用しましょう。

自分にあった方法で

副作用がでたら使用中断

いまでは育毛剤もインターネットや町のドラックストアなどで簡単に手に入れることができます。ですが、簡単に手に入れられる分慎重に使わなければなりません。

もし副作用がでてしまったら購入したお店の薬剤師に相談しましょう。そのまま使っていくともっと副作用がひどくなるかもしれません。

昔に比べたら治療をするのも手軽になってきました。だからこそ自分の体と相談して副作用がないように薬を使用していった方がいいわけです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする