ピアスの金属アレルギー、チタンや金で起こったら、他の金属が原因

オシャレのつもりが苦痛に

早く原因を突き止めて

気軽にオシャレを楽しむことのできるピアスは、つけてる人も多いですよね。ですが、ピアスをつけていて、痒くなったり赤くなってきたりした経験はありませんか?

それは、金属アレルギーの可能性があります。そして、アレルギーが出にくいと言われているチタンや金でも、アレルギー症状が出る場合があります。

アレルギーが出ないはずなのになんで?と思った方もいますよね。そんな金属アレルギーについて、掘り下げていきます。

金属アレルギーとは

金属アレルギーの仕組み

そもそも、金属アレルギーとは、どうして起きるのでしょうか。アクセサリーや、日用品で金属が使われているものは多数ありますよね。

アクセサリーや日用品に使われている金属が、汗により溶けて、金属イオンが出ます。その金属イオンが、体のタンパク質と融合してしまいます。

、体がそのタンパク質を異物と認識してしまい反応してしまうのが、金属アレルギーです。この金属アレルギーは、誰でもなる可能性があるものなんです。

日本人の中では、10人に1人の割合で金属アレルギーを発症している人がいると言われています。あなたも例外ではありません。

チタンや金で起こる理由

チタンや金でなぜ?

金属アレルギーが出たら、チタン製や金でできたピアスをつけると大丈夫!と思っていませんか?その認識はある意味では合っていますが、大きく間違えています。

チタン

チタンはアレルギーの方がつけるアクセサリーで、手が出しやすいものの代表だと思います。ですが、チタンのアクセサリーにはニッケルやクロム、アルミニウムなどが含まれている場合もあります。

耳につく部分はちゃんとしたチタンでも、そのほかが違う金属、という場合もあります。そのため、チタンでアレルギーが起きた時は、チタンにアレルギー反応を起こしているわけではないこともあるんです。

18金(18k)と書かれているアクセサリーは、見たことがあると思います。そもそも18金とは、純金が75%含まれるものを言います。

そのほかは、銀や銅、パラジウムなどが含まれているんです。その、金以外に含まれるもので、アレルギーを起こす可能性があるのです。

純度100%ではないものの中にはプラチナもあります。金やプラチナが純度100%ではなく、他の金属が混ざっているのには理由があるんです。

100%の金やプラチナは、力に弱く、変形しやすいという特徴があります。そのため、他の物質を入れて、金やプラチナを強化しているんです。

なので、アレルギーが出る場合は、お手持ちのアクセサリーがどういう物質で構成されているかを調べる必要があります。

アレルギーの対策

完全には防げない

アレルギー対策とはいえ、全ての金属には、アレルギー反応が出る可能性があります。アレルギーの対策としては、汗を掻く時期にはつけない、又は長時間の使用はやめることです。

また、樹脂ピアスは最近種類も増え、可愛いものも多いです。ピアスコートという、金属イオンを抑えてくれるものも販売されています。あなたに合った対策を選んでください。

最後に

オシャレしたいのに、アレルギーが…なんて気にしたくないですよね。持っているピアスが何でできているか調べたり、対策をとったりして、オシャレを楽しんでくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする