あくびをしたら、涙がたくさん出る、これって病気のサインかもしれない

あくびについての基礎知識

あくびとは

あくびとは、眠い時などに反射的に起きる呼吸動作です。一般的には、眠い時や疲れている時、退屈なときに出るとされています。他にも、空腹のときに出ると言う人もいるようです。

以前は、脳が酸欠になるため、それを解消するためにあくびが出るとされていました。しかし、今では、この説は否定されつつあります。

研究の結果、あくびのよる酸素の摂取量は、通常の呼吸に比べて多くなく、血中の酸素濃度も上昇しないことが判明したのです。

今は、脳をクールダウンするために出るという説など、様々な説が取りざたされていますが、ハッキリとした理由はわかっていないようです。

あくびがでると涙が出る

あくびと涙の関係

あくびをすると、涙が出てきます。これは何故なのでしょう?涙は、目と鼻の間にある「涙のう」に溜まっています。それが、目じりにある涙腺から出てくるのです。

あくびをすると、口を大きく開け、目を強くつぶります。その動作で、涙腺が圧迫されて、涙が出てくるのです。

しかし、ただ口を大きく開けて、目を強く閉じても、涙は出てきません。あくびには、顔中にある様々な筋肉まで動かして、涙腺を圧迫しているのです。

あくびを防ぐ方法について

あくびの予防法

授業中や会議中、あくびが出ては困る場面で、あくびがでることは多々あります。そんな事態にならないために、あくびの予防法について考えてみたいと思います。

あくびの原因が、まだ解明されていないため、予防法も確立されていません。しかし、いくつかの方法で効果があることが判明しています。

まずは、ストレスをためないことです。ストレスや緊張を感じると、あくびが増えてきます。そのため、ストレスをため込まないことが肝心です。

睡眠時間をしっかりととることも大切です。あくびは、睡眠不足になると増えてきます。ですから、しっかりと睡眠時間を確保して、睡眠不足にならないように心がけましょう。

あくびは病気の危険サイン

あくびからわかる病気について

あくびの中でも、眠くない時に出る生あくびが増えてくると、病気の前兆の可能性もあります。睡眠をとっているのに、眠れていない睡眠障害の可能性があります。睡眠時無呼吸症候群などの危険性もあります。

また脳梗塞や脳腫瘍という脳の疾患の可能性もあります。命にかかわる危険性があるので、大きな病院で診てもらうことが必要でしょう。

他にも、狭心症や低酸素血症などの可能性もあります。女性の場合は、更年期障害の可能性もあります。あまりに生あくびが続く場合は、一度、大きな病院で診てもらった方が良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする