いやいや期はなぜ来るのか、その理由と意味、困った時の接し方と対策

いやいや期襲来!

いやいや期ってなに?

2歳ころになると、突然のように始まるいやいや期。「服を着るのもいやー」「手を洗うのもいやー」「おむつを替えるのもいやー」

何をしようとしても、「全部いや」なんですよね(笑)

「魔の2歳児」とか「わがままage」「ギャングage」などと呼ばれたりします。これは、いわゆる「第一反抗期」。成長には必要な過程のひとつなんです。

とは言っても、毎日接する親からしたら、とっても困りますよね。まず、なぜいやいやしてしまうのかを考えてみましょう。

いやいやは「自己主張」の表れ

いやいやの原因は?

大人から見れば、聞き分けなく反抗されているように思いますが、2歳前後の子どもの発達を考えると、まだ欲求のコントロールがうまく出来ず、それ自体がストレスになります。

まだ言葉もうまく出ないので、思いをうまく表現できません。そしてそのストレスを発散するために「いやいや」となってしまうのです。

いやいやの原因は色々あるんです。原因の多くを占めるのが、「欲求不満」です。欲しいものが手に入らない、まだ遊びたい、まだ寝たくないなどの感情です。

他には、何でも自分でやってみたいという「自我の芽生え」や、困っているお母さんのリアクションが面白くてわざという事を聞かなかったり、まだ甘えたい2歳児ですから、出来ることも出来ないといってしまうこともあるでしょう。

さあ、傾向と対策です!

叱るのではなく「対話」と「受け止め」を

右と言えば左へ、止まれと言えば走り出す時期の子どもに、言う事を聞かないからと言って、叱っても意味がありません。

「走ったらダメ!」ではなく、「ゆっくり歩こうね」と伝えてみましょう。また、ある程度予測が立てられるように「これが終わったら、お出かけしようね」などと話すと、心が落ち着きます。

ただ、危険を伴う場合は、例外です。躊躇せずビシッと叱ってください。感情的にならないように、
毅然とした態度で分かりやすく伝えましょう。

また泣きわめいているような時はしばらくほかっておきましょう(笑)そして落ち着いたころに、「お茶でも飲もうか」とか、「あっ、電車だよ」などと他のことに気をそらしてあげましょう。

親は時間が掛かるということを理解して、あらかじめ余裕を持たせた計画を立てること。また、感情的にならず、いやいやに対しても共感してあげたり、「まだ出来ない」と決めつけずにやらせてみたり、出来たことを褒めてあげることも大切ですね。

ひとりじゃないよ!

この時期の子育ては、お母さんひとりでは体力的にも精神的にも大変なんです。家族のサポートはもちろん、気軽に相談できる人や、共感し合えるようなママ友を持つことも良いですし、サークル活動に積極的に参加してみることも良いですね。

辛いと感じることも多いかもしれませんが、子どもにとってはとても大切で、必要な過程です。ずっと続くわけではないので、「あーまた嫌って言ってるわ(笑)」くらいの気持ちで楽しんじゃいましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする