妊娠線ができるわけ、なんとか消す方法、クリームやレーザー治療とは

私は大丈夫だと思っていても・・・

最初のうちは平気でも後々から徐々に増えてくる妊娠線

妊娠、出産を経験されている女性ならご存知の妊娠線。最初のうちは出来てないから平気と思っていても、お腹が大きく出てくるにつれ、徐々にその姿を現す奴です。

しかも、一度妊娠線ができると消すのは難しく、予防するのも専用のクリームを使用して念入りにしないと奴は出てきます。

この妊娠線、妊娠するとお腹に出てくる確率が高いのは解るのですが、どういった理由でできるのでしょうか?現在ではどのようなケアをすれば薄くなるまたは消えてくれるのでしょうか。

妊娠線はお腹の子が育てば出てきやすい!

原因は皮膚の伸び?!

妊娠線は、妊娠初期のころのお腹があまり出ていない時は目立つこともないまたはできないのですが、中期、後期になるとはっきりと出てくるパターンが多いようです。

それは何故かというと、妊娠してお腹が大きく出てくると皮膚が急に引っ張られ、伸びるためと言われています。

急激な腹部の膨らみに、真皮や皮下脂肪の伸縮が付いていけず、切れてしまうそうです。また、妊娠中はホルモンなどの働きの関係により、皮膚の生まれ変わりが鈍くなります。

通常時の健康な皮膚とは違い、皮下脂肪が切れやすく、まるでヒビの入ったような断裂の跡が残ってしまうのです。

更に、妊娠線は腹部のみにできるかと思いがちですが、体の部分でも脂肪が多いとされる場所に出やすいとされています。

乳房、太もも、お尻などに表れやすく、一度妊娠線が出来上がると消すのに、なかなか手ごわい相手になります。

その為、妊娠線の予防をするクリームなどで事前に備えるようによく言われるのです。

油断していた!自分から見えぬところに妊娠線!

どうにか消したい!

厄介なことにお尻部分などに出来る妊娠線は、自分で確認するのもなかなか大変ですよね。いくら予防していても、届かない場所などにできた場合のショックさはひとしおです・・・。

その場合、どうやって消すのがよいのでしょうか?一番安全で、コストパフォーマンスが高いとされるのはクリームでの長期戦です。

妊娠線の予防と同じく、保湿すると効果があると言われています。何故かというと、保湿は肌のターンオーバーをサポートすることができるためだそうです。

また、ターンオーバーを目指す場合は新陳代謝を良くすることを心掛けることが大事だそうです。しっかりと健康的な生活を送ることを心掛け、妊娠線のクリームを使用して保湿を心掛けましょう。

だからといって、あまり力強くマッサージを行い、塗りこみなどをすると内出血にもつながる為、できる限り顔のお肌のお手入れと同じく、優しく塗りこむことを頭に置いておきましょう。

乾燥は一番の敵です。真冬などは一層気を付けたいですね。自宅ケアでやれるので簡単でしかも安全ではありますが、この方法は、先ほども触れましたが長期戦になります。

長期でクリームを使用して効果が出るものになるので、気長にいきましょう。また、あまり高価なクリームを使用するとコスト的にもダメージを食らってしまうので、ご自分のお財布とよく相談した上のクリームを使うと良いと思います。

クリームで長期戦は無理、どうにか短期で消したいという方はレーザー治療がおすすめです。こちらは医療機関で施術してもらいます。

熱で肌を傷つけ、その傷を修復する代謝の力を利用して、妊娠線を消していくという考え方です。レーザーで刺激を与えることにより、真皮にあるコラーゲンの再生を促していくよう働きかけます。

新しいコラーゲンが完成すれば古い皮膚が無くなり、新しい皮膚に代わるということだそうです。特にひどい妊娠線でも効果が期待できるともいわれているので、優れた技術です。

しかし、短期で消すことや薄くすることはできる可能性はあるのですが、お値段がなかなかで、一回で最低で1万、高い場合20万もとられることもあるそうです。

さらに、一度きりでは消えてくれないので、数回はレーザー照射による治療が必要になる為、合計で10万円以上はかかる事になりかねないそうです。

さらに、レーザー治療での効果がしっかりと出たとは言い切れないという方も見えるそうです。

また、レーザー照射なので皮膚に対して副作用が出てしまう方も見えるそうです。人によっては痛みが出たり、皮膚が赤くなってしまうなどがあるそうです。

皮膚の弱い方などは要注意です。治療を行う前に医師としっかり相談し、自分でも納得がいく状態で治療に臨むことが大切ですね。

ある意味出産という大仕事を無事やり遂げた勲章でもあるのかも

しかしそのような勲章は別のものでお願いしたい

妊娠、出産という大仕事を無事やり遂げた跡でもあるのかもしれませんが、できれば消えてもらえるものであってほしいですよね。本当に妊娠線は手強いので、予防は大事だと思います。

出産直後は、どうしても子供にかかりきりになってしまいがち。自分のケアは後回しなんてことも多いと思います。

苦労して産んだかわいい我が子のためなら自分は二の次になってしまいますもんね。本当に、妊娠から出産のとき、母親は子どものために身をささげているのがよくわかります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする