ウミウシとアメフラシとナマコの違い、食べられるのか、徹底解明へ

実は種類が多い!?

ウミウシとは

海に生息する軟体動物。体は柔らかくてナメクジのように細長い種類が多いです。軟体動物腹足綱後鰓亜綱(巻貝の仲間)の裸鰓類に属する動物の総称。

触角が牛の角のように見えることからつけられたニックネームであり、正式名称ではありません。体表の突起はほとんどすべて鰓の作用をし、体には再生能力があります。

ウミウシ類は一般に雌雄同体ですが、受精は異個体間で交尾して行われます。そして多くの種類は夏に産卵し、淡紅色や淡黄色の美しいリボン状やひも状、渦巻き状の卵塊を岩に産み付けます。

生態的にも特色のある種が多く、発光するものもいます。裸鰓類は肉食性のものが多く、種類によってそれぞれ腔腸動物(クラゲ、サンゴ、イソギンチャクなど)、コケムシ類、群体ボヤなどを専食します。

主に浅い海の底に生息し、世界中に分布しています。体長は数㎜から20~30㎝程度まで、有毒な付着生物を食べることで体内に毒を蓄積している種も多く、食用には適しません。

頭部にある二本の突起がウサギの耳に見える?

アメフラシとは

軟体動物門腹足綱後鰓類アメフラシ科で、ウミウシと同じ貝の仲間です。刺激を与えると紫色の液を出し、雨雲がたちこめたように広がることからアメフラシと言われます。

日本沿岸に分布する種は多くが15㎝ほどで大きなものは30センチを超えるものがあります。普段は推進1~3mほどの浅瀬を這い回り、草食で主に海藻類を食べます。

食餌が不足してくると、自分で穴を掘って餌を探します。嗅覚が発達していて、触角で弱い匂いも感じ取ることができます。雌雄同体で頭の方に雄、背中に雌の生殖器官をもっています。

一匹が生む卵は数万個で、黄色く細長い麺のような卵塊状のため、海素麺とも呼ばれています。寿命は1~2年で、一般的に身は食用にしません。

ウミウシとアメフラシ、ナマコとの違いは?

ナマコとは

棘皮動物門のグループの一つで、ナマコ綱に分類されます。体が前後に細長く、口が水平に向いていて、比較的柔らかいコラーゲンから成る厚い体壁に覆われているなどの特徴があります。

体重の90%以上は水分です。見かけは左右対称であるが、体の基本構造は棘皮動物に共通した五放射相称(対称軸が5本引ける体の構造)となっています。

基本的に不活発な動物で、海底をゆっくりと這っています。多くのナマコが海底に降り積もって堆積した有機物を主な餌とし、触手でそれらを集めて食べます。

特殊な性質として、敵の攻撃を受けると内臓を放出するものがあります。ナマコは他の棘皮動物同様に再生力が強く、吐き出した内臓は1~3か月ほどで再生されます。

雌と雄の区別がありますが、外観から区別することは難しいです。多くの種は体外受精による繁殖を行います。

無脊椎動物の中では大きく成長する方で、体長数十㎝の種類が多く、攻撃手段を持たず動きが遅いので捕獲がしやすいです。ナマコは食料として1000年以上も昔から利用されていました。

日本で主に食用とされるのはマナマコで、生食が中心なのに対して、中国では乾燥させた干しナマコとして利用するのが一般的です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする