鮭とサーモンの違い、刺身で食べられるのはどちらか、徹底分析!

スポンサーリンク

鮭とサーモンって呼び名が違うけど違う魚なの?

同じ魚じゃないってほんと?

よくスーパーなどに行くと鮭とサーモンと表示が分かれていますが実は違う魚と言うことをご存知でしたか!!

鮭は英語で言うとサーモンと思っている方が多くいるでしょう。鮭とサーモンの違いについて見てみます。

鮭、サーモン、どんな魚か

それぞれ鱒の仲間

では、鮭とサーモンの違いを見てみましょう。

鮭と呼ばれている魚は、元はたくさんいる鱒の一種だったのです。そして、数ある鱒の種類の中で最も大きい魚が、「鮭」と呼ばれるようになりました。

サーモン

サーモンは正式にはトラウトサーモンのことをいい、トラウトとは鱒のことで、トラウトサーモンは鮭とは違ってニジマスなどと同じ淡水魚の仲間だそうです。

お寿司屋さんでサーモンを頼んだ時に出てくるのは、このトラウトサーモンです。というわけで、鮭とサーモンは全く違う魚なのですね。

•サケ:生食不可、天然物。海に行って帰ってくるヤツ。
•マス:生食不可、天然物。ずっと淡水にいるからちょっと泥臭い。
•サーモン:生食可能、養殖物で輸入。寿司屋のサーモンはニジマス。

これを見てもわかるよう鮭は鱒の仲間で天然物、さらに海に行き帰ってくる魚でサーモンは養殖物で輸入が多くニジマスの事を言うわけです。

刺身でたべたるのはどれか

生で食べても大丈夫?

よく、お寿司屋さんなどに行くとサーモンは刺身でありますが、よく考えてみるとスーパーにもお寿司屋さんにも鮭の刺身は見た事がありませんよね!!

では、なぜ鮭の刺身はないのでしょうか!そもそも鮭は、アニサキスなどの寄生虫を持っているため、生食厳禁とされています。

焼いたり冷凍してからでないと食べられないのです。では、サーモンに寄生虫の心配はないのかというと、サーモンは養殖されているので、寄生虫の心配はほとんどありません。

養殖の技術が進み、生育環境や飼料などは徹底した管理がしっかりしているのでアニサキスなど寄生虫の感染も心配しなくていい状態にあります。そのため、刺身でも安心して食べられるんです。
 
鮭は生で食べれないですがホイル焼きや焼き魚、鮭のムニエルなど炭酸の美味しい調理法があります。我が家でもよく、鮭のムニエルは家族に好評です。

最後に

意外にも鮭とサーモンは別な魚だった事にはとても驚きでした。鮭もサーモンも沢山の調理法があります。

特にこれからの季節、鮭が市場などに出回る時期になります。みなさんも美味しく召し上がってみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク