前髪が天パでチリチリ、アイロンやパーマをしたときのデメリットとは

スポンサーリンク

髪の毛の不思議

髪の毛に何が起きているか

日本人の90%以上が直毛と言われている中で、純粋の直毛の人は多くなく、70%が何らかのくせ毛であるともいわれています。

天然パーマ(略して天パ)もくせ毛の一つで、生まれつきの先天的なものと、突然変異的な後天的なものがあります。

良かれと思ってポジティブにとらえる人もいれば、コンプレックスに思っている人の方が多いようです。

どうにかならないかと、ヘアアイロンなどで直してみるものの、思い通りにならないからといって何度もかけたりすることで、髪へのダメージへとつながり、切れ毛や抜け毛の原因を作ってしまうこともあります。

髪が傷んでしまうのは特に熱、圧力、摩擦、引き延ばしが関係しています。髪の主成分はたんぱく質で熱によって変性します。

髪は約70℃を超えるとやけどをしてダメージを受け、髪の表面温度が110℃を超えると、すぐに髪が硬くなります。アイロン、パーマをあてると髪の毛に何が起きているのか、それぞれ見てきましょう。

ヘアアイロン

ヘアアイロンするたびに傷んでいく

アイロンのスタイリングには多くのデメリットがあるようです。まず、アイロンを購入する必要があります。

ヘアアイロンは一般的に150℃程度の熱なので、それを髪にあてることにより、髪への負担が大きく、さらに広がりやパサつきを悪化させてしまう場合があります。

アイロンを使うたびに髪の毛はやけどによるダメージを受けているのです。ヘアアイロンは、髪の毛を挟んで毛先の方へ滑らせて形を作ります。

毛髪内のたんぱく質を無理やり移動させて形を変えているため、髪の毛の内部構造が壊れてしまいます。

さらに毛先を滑らせる時に、アイロンと髪との間で摩擦が起きます。摩擦によって表面のキューティクルを覆う脂質が損なわれ、キューティクルが剥がれたり、キューティクル層の間に隙間ができたりします。

これによってパサつきやツヤがなくなります。キューティクルの表面が滑らかでないと、髪が傷みやすくなります。傷んだ髪の毛はうねったりチリチリになったりするわけです。

このままではいけないと、アイロンに頼るようになります。でも、ある程度上達するまではものすごく時間がかかり、なかなか思うようにスタイリングできないことが多いのです。

よって一定期間の練習と慣れが必要です。1回アイロンで癖をつけてしまうと、失敗したときに元に戻すのが大変で、初めよりひどくなってしまっている、なんてことはよくあることです。

朝の10分はとても貴重な時間です。スタイリングに慣れていない間は、どうしても髪を傷めやすいような使い方をしてしまうので、気を付けなければなりません。

さらに、湿気が強すぎると多少クセが出てきます。きっちりスタイリングできていれば出にくいです。クセがもともと強すぎるとスタイリング自体難しいこともあります。

やり方次第ではかなり仕上がりに差がでます。練習を重ね、コツさえつかめば朝の10分も苦痛にならず片手間にできてしまうでしょう。

残念なのは長持ちしないということ。急いで前髪を巻くだけでも5分、クセが強いともっと多くの時間を要します。頑張ってアイロンをかけても元通り、の毎日はなかなか大変なものです。

パーマ

自分の髪の状態を知っておく

ヘアアイロンは自分で用意していつでもどこでもあてられるものですが、パーマは美容院に行くことになります。

つまりカットと同じようにお金を払って美容師さんにあててもらうので、コスト面が大きな壁となるでしょう。

パーマをあてることによって、もともとのくせ毛と馴染み、広がりを抑えられ朝のスタイリングの時間も短縮できます。

ヘアアイロンと同じく髪へのダメージはありますが、薬剤による科学的ダメージで、毛髪内部のpHの変化や水分量の変化が要因なので、それを調整すれば治せます。

持続性も高いのでうれしいのですが、あて方を間違ってしまうと、余計髪にダメージを与えてしまいかねません。

たいていが美容院であてることになると思うので、担当美容師さんの腕にもよりますが、、、最終的にはすべて自己責任になります。

自分のくせ毛の方向と全く違うカールをパーマで作ってしまうと、まとまりにくくなります。自分のくせ毛の部位と方向、強さを知っておく必要があります。

前髪天パと向き合う

個性ととらえてみては

前髪の天パは、顔の印象にも影響するので男女問わず気にするものです。

最近では前髪だけストレートパーマをかけたり、くせ毛を生かしたパーマなど自然に見えるスタイリングも考えられていますが、一生保証されるものではないので持続性には欠けます。

そうなるとやはり自分の天パを受け入れて、少しアレンジしてみるとか動きを出してみるとか、お金をかけず簡単にうまく仕上がるに越したことはないですよね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク