赤ちゃんの手づかみ食べは必要か、続けるならいつまでやらせるか?

スポンサーリンク

手づかみ食べというプロセス

手づかみ食べっていいの?

「手づかみ食べ」というのは読んで字のごとく、箸やスプーンを使わずに直接手で掴んでものを食べることを言います。

赤ちゃんは生後5か月頃から、手で触れるものを何でも口へ持っていき、なめたり、しゃぶったりして、五感を働かせながら外の世界を認識していきます。

一見お行儀が悪いのでやめさせようと思いがちですが、ちょっと待ってください。その手づかみ食べにどんな意味があるのか気になりませんか?

手づかみ食べは必要?

どんな良いことがあるんだろう

実は手づかみで食べるという事は、赤ちゃんが自分の力で食べられるようになるための大切なプロセスなのです。

目でみて、手で触り、口に入れながら、温度や形、やわらかさ、質感など様々な情報をひとつひとつインプットしてくのです。

そして「手づかみ食べ」をすることによって、力のコントロールの仕方、食べるのにちょうどいい分量を知り、手と口との距離感などをひとつひとつ学んでいくのです。

また、9か月前後の離乳食後期になり食べるという事に興味を持った時に、自然と「手」が出ちゃったりします(笑)

子どもが「手づかみ食べ」しようとしたら、「よしっ!」と思ってどんどんやらせてみてください♪その意欲が成長に繋がります。

同時に脳を強く刺激し、活性化を促すのだそうです。ただ、周りをすごく散らすんですよねぇ…

そんな時は、椅子やテーブルの下にレジャーシートや新聞紙を敷いたり、お子さんにエプロンを付けてやったりすることで、後片付けの手間が小さくなるのでおススメです。

あれ?うちの子は手づかみ食べしないの!?

その子のタイミングとペースで

中には、「手づかみ食べ」をしない子もいます。もちろん早い子もいれば、遅い子もいますので、大丈夫ですよ。百人いれば百通りですから、当然といえば当然です。

しない理由はさまざまです。まだ「手づかみ食べ」の時期ではなかったからかもしれませんし、授乳やミルクも同時にしていてお腹が空いていないのかもしれません。

もしくはまだまだママやパパに甘えたくて食べさせて欲しいだけなのかもしれません。

また、手がベタベタするのが嫌なだけで、お菓子などの乾いたものは平気かもしれません…理由は色々考えられますね。子どもさんの様子をよく観察してみてくださいね。

もし手づかみ食べをしなさそうなら、ママやパパが実際に食べているのを見せてあげたり、赤ちゃん用のスプーンを持たせてみたりしてみましょう。離乳食の進み具合を見直してみるのも良いかもしれませんね。

最後に

手づかみ食べがいいことは分かったけれど、いつまでやらせていいの?という声を聞きます。

好奇心の旺盛な赤ちゃんですから、周りの大人が使うスプーンやお箸に興味を持つ時がきます。そしてその時がチャンスなのです!!ぜひ持たせてあげてください!

最初は上手に使えませんが、3歳くらいまでは、手づかみ食べと並行していて良いと思います。

また食材によっては、手づかみ食べ期以降も手づかみで食べることが楽しい場合があります。焼き芋やトウモロコシ、果物やおにぎりは大人だって手づかみで食べますよね?

決して無理強いせず、食事は楽しいことだと思えるような雰囲気作り、環境作りが大切になってきます。
肩の力を抜いて、今日から楽しい食育始めませんか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク