大衆演劇の歴史、公演のおひねりの意味と作り方、渡す方法や相場とは

大衆演劇とはどんな劇団か

大衆演劇が見られる場所

みなさん、大衆演劇はご存知でしょうか。はじめに大衆演劇との歴史について見て見ましょう。

大衆演劇とは、日本の演劇におけるジャンルの一つで、一般大衆を観客とする庶民的な演劇のことを言います。

一般的には「旅役者」と呼ばれ江戸時代から始まり現在までに多くの方の楽しみの1つとなっているのが大衆演劇なのです。

大衆演劇は数名から数十名の劇団で、主催者は座長とよばれ、一座の多くが、家族で行なっているところが多く1歳から3歳ほどの幼い頃に初舞台を踏みます。

最近はあまり見かけなくなりましたが専用の芝居小屋での公演や、地方での温泉宿やホテルのホールや大広間での公演もあります。大衆演劇の舞台は、芝居とショーの二部から三部構成で演じられます。

大衆演劇のお客が若返っている

若い女性や外国人観光客が増加

大衆演劇の一座は、家族を中心としています。その一座は全国の施設を回って、時代劇や舞踊ショーを行うわけです。

この旅芸人の一座は、各地の劇場や地方の温泉施設などの舞台を回ります。そこで恒例の時代劇芝居と舞踊ショーを行うのです。

この起源は一説によると、江戸時代に始まったとされ、昭和初期の全盛期には全国で約600の劇場があったそうです。

しかし、テレビの普及とともに昭和30年代ごろから人気が衰退します。昭和40年代には専用の劇場も潰れていきました。

最近、その大衆演劇が、若い女性や外国人観光客から人気を集めているそうです。

全国には約50の劇場があるそうで、そのうち半数以上が関西に集まっています。ということは、関西での人気が鍵を握っているようです。

その中身といえば、若者を対象にした音楽を取り入れたショーとか、派手な演出の内容です。そこには、高齢者相手の娯楽といった過去のイメージは見えてきません。

舞台は赤や青、白にライトアップされて、役者は美しく化粧をします。そして、きらびやかな着物を身にまとって男性役者が女形を演じます。

一座を追っかけしている人も、若い人が増え、全国を巡るといいます。若い世代に合わせた演目も多く、若者でも飽きずに楽しめる内容になっているようです。

都会でも人気を取り戻した大衆演劇

清潔で明るい雰囲気が人気に

梅田呉服座という大阪・梅田の劇場があります。オフィス街にあった映画館の跡地に誕生しました。都会に大衆演劇は向かないなどといわれたものですが、清潔で明るい舞台にして、雰囲気を変え、子供づれでも安心して来れるように、ベビーカーを預かるなどのサービスを始めました。

夜の部は午後6時にスタートし、学生や仕事帰りでも見にこれるようにし、チケットも安くしたのです。

結果、観客数は増加し、その9割が女性という状態になりました。

さらに、中国や台湾などの団体ツアー客が来やすいように、旅行会社と提携しました。外国人は、買い物などの合間に訪れ、舞踊ショーがお目当てだとか。

大衆演劇のおひねり

おひねりをわたすルール

大衆演劇といえばみなさんもご存知の『おひねり』です。外国の方ではおひねりを『チップ』と言いますが日本語で言うと『手を掛けていただいてありがとうございます』という意味合いがあります。

では、何故大衆演劇で演劇をみただけなのにおひねりを渡すのでしょうか。

大衆演劇のお花とは

ご淑儀は贔屓の役者への心づけ

大衆演劇の大きな特徴ですが、「お花」という制度があるんです。これは、ご祝儀のことで、おひねりとも言われます。

はっきり言って、演劇をなりわいとする役者にとってこの収入はとても大切なものになります。

方法としては、ショーの最中に観客が舞台へ向かって、ひいきの役者に現金を渡します。これを「お花をつける」といいます。

この「お花」は、ショーに対する感謝の気持ちが大切です。従って初心者の場合は金額にこだわらず、感謝の気持ちを封筒などに包んで、役者の胸元つけてみたらいいでしょう。

近頃の傾向は、初めての観客でもお花を渡せるように、金額を設定したお花の首飾りとして販売しているところもあるそうです。

このお花、いわゆるおひねりですが、渡すタイミングは、ショーのラストよりも、曲と曲の間を狙って渡すのがいいと言われています。

おひねりとは当時、文字通り“お金を紙に包んでひねったもの”が一般的でした。
 
 近年では、クリップで封筒やお札をはさみ、踊りのときなどに役者さんの襟元につけたり役者さんに直接渡すのが一般的になっています。
 
 では何故どんな理由で役者さんに投げられるようになったのでしょうか。

大衆演劇を観に来た人が『一生懸命やってくれてる、木戸銭の代わりに』というような、どこか日気持ちではじまったのがおひねりのはじまりといわれております。

おひねりの相場

必ず渡すのか?

いざおひねりを渡そうと思ってもいくら渡せば良いのか迷ってしまいますよね!!では、どのくらいがおひねりの相場はあるのでしょうか?あるとしたらいくらくらいなのでしょうか!!

おひねりの相場と言われている額は最低で1万と言われ最高では20万以上もおひねりで出す人もおります。

しかし、おひねりはこころざしのため金額には決まりはありませんしおひねりも必ずしも渡さなくてはいけないルールもありませんのでお目当の役者さん、がいたら渡したいと思った時に渡すのがいちばんだそうです。

お目当の役者さんに高額のおひねりを渡すので方もおられます。しかし、おひねりには金額は決まっておりませんし、お金ではなく着物や名前入りの扇子なども送る方もいるそうです。

大衆演劇の歴史①

ずっと昔の話から

もともと大衆演劇は歌舞伎の影響を受けています。その歌舞伎そのもののルーツが、出雲の阿国だと言われているのです。

出雲の阿国は、出雲大社の巫女の出身の女性です。1596~1615のころに、京都で歌舞伎踊りを始めたとい割れています。

そういうわけで、阿国は歌舞伎の祖とされているのです。

この出雲の阿国などの、芸能を職業とする人は「旅芸人」と呼ばれていました。そして古来より諸国を巡業して公演して、生計を立てていたといわれています。

歌舞伎の小屋の誕生

大芝居と小芝居、旅芝居

江戸時代になると、歌舞伎が常設の小屋を持ち始めます。

幕府が、江戸や大阪、京都にあったいくつかの劇場を官許と行って公に認めることにしたんです。

そこで行われる芝居を「大芝居」と呼び、これが日本の芸能の中心となっていきます。それに対して、寺社境内などで行われる芝居は「小芝居」と呼ばれます。

さらに「小芝居」に加えて、地方を巡演する「旅芝居」がありました。これらの芝居では芸のレベルや洗練さに隔たりがありました。

明治政府や松竹と行った組織によって手厚い保護を受けたのが「大芝居」です。これは国劇と呼ばれるようになり、発展していきます。

大芝居は大歌舞伎と呼ばれるようになり、小芝居は中歌舞伎という呼び名で呼ばれるようになります。

その後、旅芝居の役者、さらに大歌舞伎で力を発揮できなかった役者たちが離合集散を繰り返し、中歌舞伎が発展して行ったのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク