暖炉型ヒーター、炎の演出でオシャレだけど、暖かくないときの方法

インテリアとして人気

据え置きの暖炉の代わりに

マンションに、暖炉を作るのは、到底不可能です。しかし、暖炉のもたらす、雰囲気は憧れですよね。そんな思いを実現してくれる優れもの、それが暖炉型ヒーターです。

見た目も、暖炉そっくり、そして、そこから発される熱も、じんわりと暖かく、部屋の中ではしっかりと存在感を示します。

揺らめく炎を見ているだけで癒されます。さらに、効果音などを入れることもできるので、とことん楽しめる構造です。

憧れの暖炉

置いてびっくり、感動の瞬間

暖炉や薪ストーブのある生活に憧れている人は多いのではないでしょうか。しかし、マンションに住んでいたり、すでに建てた後では諦めるしかなかったのです。

しかし、この暖炉型ヒーターがあれば、それは、解決できる悩みへと変貌します。

炎の動きがとてもリアルなので、炎を見ているだけで、本当に癒されるという意見が多いのもわかります。

家に帰って、すぐにスイッチを入れると、その瞬間から暖炉のある部屋へと変身です。そこでは、ゆったりとした時間が流れる、なんとも不思議なリビングが出現します。

エアコンとの併用も

上手に使えば、力不足も補える

商品によっては、温風を出さずに炎だけを楽しむスイッチもあります。これを使えば、部屋全体はエアコンで温めつつ、暖炉を楽しむこともできます。

これは、広いリビングでは、とても重宝します。使えばわかるのですが、見た目の暖かさは人間にとっては重要なことだとわかります。

6〜7畳程度の部屋なら、この暖炉型ヒーターだけで十分充分暖かくなります。音も静かなので、不快な気にはならないでしょう。

リアルな炎

これがあるだけで暖かい

LEDのライトなのに、あまりにもリアルです。これによって、部屋があっという間に癒しの空間に変わ流のが不思議です。

燃え方の見せ方、材木の本物らしさも重要です。この違いで、おもちゃになってしまうので、要注意です。

後、おまけの話ですが、薪の燃える音を流せば、まるっきり本物の暖炉になるので、一度やって見たらどうでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク