コンシーラーはファンデーションと違う、ニキビ跡やシミ対策に大活躍!

コンシーラーでシミを消す

ファンデーションとの違い

黄ぐすみやクマ・ニキビ跡・シミ・そばかすなど、女性の皆さんお悩みではないですか。

特にお化粧の時にファンデーションではうまくカバーが出来ない時もあります。

そんな時に、コンシーラーを使う方もいるでしょう。

コンシーラーとは

コンシーラーとは、気になる肌の色ムラなどをカバーしてくれる化粧品ですね。

一般的にファンデーションは肌一面に塗りますが、コンシーラーは気になる部分にポイントで使います。

コンシーラーの種類

部分によって使い分ける。

コンシーラーはファンデーション前のシミ、そばかす、クマを隠す為に使います。

1.スティック
2.リキッド
3.クリーム
4.パレット
5.ペンシル

この5種類にコンシーラーは分けられます。

1.スティックタイプ

スティックタイプはテクスチャーは硬めで色がしっかりつくのでカバー力は高めです。

ただ、カバー力が高いぶん、広範囲に塗ると厚塗り感が出てしまうので、おススメ箇所はニキビ後やシミなど、カバー力が必要な部位に使うのが最適です。

リキッドやクリームタイプに比べると保湿力が低い為、乾燥が気になる方はつける前にしっかり保湿が必要です。

2.リキッドタイプ

リキッドタイプはチップでつけるタイプとブラシでつけるタイプがあります。

液体でサラサラしたものから、クリームのようなテクスチャーのものまで様々なタイプがあります。

一般的に、テクスチャーがゆるいものほどカバー力が弱く、逆にかたくなるほどカバー力が高くかたい物はクマやシミにおすすめです

3.クリームタイプ

クリームタイプはリキッド状のものよりもなめらかでしっとりしているのがクリームタイプの特徴です。

カバー力はそれほど強くありませんが広範囲に使えます。クリームタイプは保湿力が強いため乾燥しやすい目尻に使うのがおすすめです。

4.パレットタイプ

パレットタイプは何種類かの色がセットになった物が多く、肌の色やカバーしたい箇所に合わせて色を調整できます。

テクスチャーはかためのものが多く、カバー力も高く、他のカバー力が高いコンシーラー同様、広範囲につけるには不向きでクマやシミ、にきびをカバーする際に使うのがおすすめです。

5.ペンシルタイプ

エンピツのような形をしたコンシーラーです。

大きく、繰り出し式のタイプとシャープナーで削るタイプに分けられます。

ペンシルタイプは細めで硬いテクスチャーのものが多く、赤みの強いニキビなどカバー力があり特に必要な部位におすすめです。

このように、コンシーラーには主に5つのタイプに分けられます。

タイプによって使う部分にも違いがあります。

カバーしたい部分に合わせて使う事でシミ、そばかすなどをカバーしてくれるのです。

使うタイミング

パウダーを乗せる直前

実際に、お化粧をいざ始めようと思ってもどのタイミングでコンシーラーをつければ良いか悩みむすよね!!

コンシーラーをつけるタイミングは、基本的に「パウダーをのせる直前」と覚えておけば大丈夫です。

使用するファンデーションのタイプによってつける順番が変わります。

液状ファンデーション

リキッド、クリーム、クッションなど液状のファンデーションの場合は次の順がいいでしょう。
①下地

②リキッドファンデーション

③コンシーラー

④フェイスパウダー

パウダーファンデーション

パウダーファンデーションの場合は次の順がいいでしょう。
①下地

②コンシーラー

③パウダーファンデーション

ファンデーションの種類によってや人によって違いはありますが、基本コンシーラーのタイミングは「コンシーラーはパウダーをつける直前」につけるのがベストです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク