プロ野球のオープン戦、練習試合、公式戦との違い、上手な楽しみ方

実際はオープン前の試合

シーズン開幕前に行う非公式試合

オープン戦と開幕戦って全く別物なんですね。ようするに、球団として、お客を呼んで試合をするけど、あくまでも、見世物、ということ。ただし、やってる選手は真剣だけどね。

オープン戦はNPBが定めた日程で日本プロ野球団の12チームが対戦するんです。もちろん、チケットを販売して、球団としては、興行になります。

オープン戦は公式戦とほぼ同じのルールの中で試合が行われるし、公式記録員もいて、記録が残るんですね。

「オープン戦」という呼び名は和製英語です。英語ではエキシビジョンゲームやプレシーズンゲームと呼ばれています。

練習試合との違いは?

練習試合は球団間で話し合って日程やルールなどを決めます。観戦にチケット料金も必要ありません。あくまでも練習の一環なんですね。

というわけで、練習試合ではチーム同士でルールを決めることができるわけです。1度交代した選手がまた出場することもあるそうです。ちょっとやりすぎのような気がしますが。

オープン戦のあれこれ

オープン戦はいつ行われるのか?

オープン戦は公式戦が始まる前に行われます。2月のキャンプインからだいたい1ヶ月たった頃ですね。毎年、2月の終わりから3月の終わりにかけて行われています。

球場によって料金は異なります。そうなんです、オープン戦の試合を観戦するのは有料なんですね。

オープン戦は日本プロ野球機構の管理下で行われ、試合の結果、チームの勝敗、選手の成績は記録に残されます。

さて、公式戦の調整という役割があるオープン戦ですが、見所は、チームの勝敗よりも、各選手がこれから始まる公式戦で活躍しそうかどうかに注目してみることになりますね。

オープン戦の役割とは

オープン戦の目的は、選手たちのキャンプの成果を試すことです。公式戦に向けて監督とコーチが各選手の状態を実戦でチェックするわけです。

若手の選手や新人選手、他球団から来た選手などがうまく機能するように、使いどころを試しているという側面が強いんじゃないでしょうか。

もう一つのおもしろみは、公式戦があまり行われない明石市、焼津市、小牧市といった地方都市で開催されることです。

地方のファンにプロ野球を生で見てもらえるという格好の機会になっているわけです。

さらに、セ・リーグ同士、パ・リーグ同士のオープン戦もあって、これについては、公式戦さながらのおもしろさがありますね。

興行としての球団収入

球団としては興行ということで、収入があるっていうところが練習試合と違うところになります。

まあ、たいがいのオープン戦のチケットはシーズン中よりは安いので、シーズン中にはなかなか手が出ないようなちょっと高い席とかで観戦することもできるんですよ。

オープン戦独特のルールとは?

勝ち負けだけにこだわる必要がない

オープン戦では、公式戦と少しばかりルールが違っているんですね。たとえば、9回で同点の場合、公式戦では延長ですが、オープン戦では延長戦はほとんどやりません。

パ・リーグの試合と交流戦の試合のみで実施されている指名打者制だが、オープン戦ではセ・リーグ同士でも指名打者制を採用することもできます。

対戦するチーム同士で指名打者制を自由に選ぶことができるんですね。そのほかの点は、ほぼ公式戦と同じルールで、公式の記録員が記録をつけていて、記録にも残るんですよ。

オープン戦の結果と公式戦

オープン戦にまつわるジンクスも

あるファンの間では、オープン戦で好調なチームほど、公式戦でいい結果を出せない、というジンクスがあるそうです。

たとえば、阪神タイガースがとても弱かった時代、1986年~2001年頃の話で、オープン戦で外国人選手が絶好調だったんですね。

ファンは、それを見て、今年こそ阪神タイガースはやってくれるだろうと期待していたんですね。

ところが、実際に公式戦に入ってみると、あの活躍は何処へやら、相変わらずの下位に低迷してしまったというようなことがあったそうです。

そんなこともあって、オープン戦で好調なチームは、公式戦では勝てない、というジンクスになってしまったという話なんですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする