折り紙でてるてる坊主が作れる!楽しく作って、雨の日の気分を変えよう

雨の日をハッピーに

折り紙で作る「てるてる坊主」

てるてる坊主は子供のころ作った経験はありますよね?

私もよく運動会や遠足の前の日などによく作った事を思い出します。

さて、てるてる坊主といえば、ふつう紙を丸めて、その丸めた紙を布で覆って作ったイメージですね。

しかし、実はてるてる坊主を折り紙で作れるのご存知でしたか?

そんな折り紙でも作れるてるてる坊主を紹介します。

てるてる坊主と言えば

てるてる坊主の由来

「てるてる坊主てる坊主 明日天気にしておくれ♪」という歌もありますよね!!

では、なぜてるてる坊主と名前が付けられたのでしょう?

てるてる坊主は江戸時代(1603年~1868年)に中国から伝わってきた「掃晴娘(さおちんにゃん)」という風習がもとになっているといわれています。

掃晴娘は箒を持った女の子を模した紙人形で、雨雲を箒で払ってくれると信じらおり、晴娘(ちんにゃん)という名の美しい少女の伝説が由来しているそうです。

もともとは女の子を模した紙人形でした。

しかし、日本では天気の回復を願うのは僧侶の役目もあり、女の子よりも僧侶のほうが効力が強そう、人形が頭を丸めた僧侶に見えた、などの理由から、日本では「照る照る坊主」になったと考えられています。

折り紙でてるてる坊主

折り方は主に2種類

折り紙で折るてるてる坊主には主に2種類あり、立てて飾れる折り方もあります。

折り方その1


(1)折り紙の白い面を上にして置き、点線で半分に折りすじをつける

(2)左右の端を折りすじに合わせるように点線で折る

(3)たての長さの3分の1の位置くらいのところで折りすじをつける

(4)1枚めくって、角と、折りすじの少し上を結ぶ点線で折る

(5)折りすじでおる

(6)角を後ろに折る

(7)顔を書いたら完成

折り方その2


(1)折り紙の色の面を上にして置き、点線で半分に折りすじをつける

(2)折り紙を裏返す

(3)点線で半分に折りすじをつける

(4)折りすじに沿って折りたたむ

(5)もう1枚折り紙を用意して、白い面を上にして置き、点線で半分に折る

(6)三角状になっているのでそれを角と角を合わせて折る

(7)四角をそれぞれ少し折る

(8)四角を折ったら折り紙を裏返す

(9)はじめにおった三角のパーツと後からおったパーツをのりで貼って顔を書いたら完成

子供と一緒に作ると楽しい

色んな折り紙を使い親子で楽しもう

テルテル坊は簡単な工程で、幼稚園児や保育園児のこどもでもカンタンに作れる作品です。

子供と色んな色の折り紙やさらに色んなアレンジをしてワイワイ言いながら作るのも楽しくなりますよね。

てるてる坊主で思い出すのは窓に吊るして飾るタイプを思い出しますが折り紙でも可愛いてるてる坊主が出来上がります。

運動会や遠足の前の日にお子様と一緒に作ってみて下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク