脳梗塞は予防できる、食事や生活、運動でこれはダメ、と言われること

脳梗塞は本当に怖い病気

予防方法を知りたい!!

脳梗塞は最近の日本では1年間で29万人が発症しています。

場合によっては死に至る可能性が高く、治っても後遺症が残ってしまうという怖い病気なんですね。

そんな、脳梗塞について調べてみました。

◾️脳梗塞とは◾️

脳梗塞は、血栓ができることによって血管が詰まってしまい、脳に酸素が行き渡らなくなるために起こります。

細胞が正常に機能するためには栄養も必要ですが、もっとも重要なのは酸素になります。酸素が不足してしまうことで細胞は壊死してしまい、局部的な機能が失われてしまうのが脳梗塞なんですね。

◾️症状は◾️

脳梗塞は突然に起こります。放置するとまひや感覚障害など生活に支障を来す重大な後遺症を残すことがあり、最悪の場合には生命にかかわる事態になります。

顔がゆがむ、表情がつくれなくなる片腕、片足が動きづらくなる、歩きづらくなるろれつが回らなくなる、言葉が出てこなくなる事もあります。

日頃のから食生活生活が大切

生活習慣を改善して寿命を伸ばす!!

脳梗塞は血管が詰まるり発症します。そのためにも日頃からの食生活を気をつけ予防が必要なのです

ではどの様な食べ物が体に良くどんな食べ物が体に悪い食べ物なのかをみてみましょう。

◾️良い食べ物◾️

◎サバやサンマなどの青魚

青魚に多く含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)には、血管を詰まらせる悪玉コレステロール値を低くしたり、肥満につながる中性脂肪を減らす働きがあります。

◎野菜全般

野菜全般には食物繊維が豊富に含まれています。食物繊維はコレステロールが体内に吸収されることを防いでくれます。

さらに、血管を傷める原因のひとつである活性酸特に、タマネギ、ニンニク、ネギ、ラッキョウなどに含まれるツーンとした刺激成分「硫化アリル」には、血中の脂質を減らして血液をサラサラにする働きがあります。

◎海藻類

水溶性食物繊維やカリウムを多くふくり。水溶性食物繊維は腸内でコレステロールや中性脂肪を吸着し、便と一緒に排泄してくれます。

またカリウムは血液中の余分なナトリウムを排泄し、血圧を下げる働きがあります。低カロリーなので、ダイエットにもオススメな食べ物です。

◾️良くないと言われる食べ物◾️

◎肉やバターなど

コレステロールの摂り過ぎは、脳梗塞の原因となる動脈硬化を引き起こします。脂身の多い肉、バター、生クリーム、魚の卵や内臓など、コレステロールを多く含む食品はできるだけ控えましょう。

◎塩分を多く含む食材

塩分の過剰摂取は高血圧を引き起こします。高血圧も脳梗塞の原因のひとつです。漬け物やみそ汁などは意外と塩分が多く含まれているので取りすぎには注意です。

◎ジャンクフード

インスタント食品、スナック菓子、清涼飲料水、ファストフードなどには塩分や糖分、油脂が大量に使われています。それだけでも血管や血液にとっては大きなダメージや影響を及ぼし体には悪影響です。

なるべくジャンクフードの摂りすぎには注意しましょう。

さらに、食生活だけ気をつけるのではなく適度な運動を心がけましょう。

飲酒や喫煙も脳梗塞のリスク

自分の体は自分で守ろう!!

喫煙や大量飲酒が脳梗塞を招くリスクも高まりますし、脳梗塞以外の病気も引き起こします。

タバコに含まれるニコチンやアルコールは、細胞や血管を傷つけて機能低下を起こす有害物質“活性酸素”を増加させてしまいます。

体内に活性酸素が増えると、血管が老化し、血管内がボロボロになっり血液が詰まりやすくなってしまいます。この様な原因で血栓ができやすくなり脳梗塞の発症率が急速に高まります。

喫煙やお酒は脳梗塞以外にもリスクを高めることになるので控えましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク