サッカー、フットボールの呼び名、アディショナルタイムとロスタイム

国によってサッカー?フットボール?

国によって呼び名が違っている

日本では、サッカーと普通に呼んでいるけど、じつは、日本サッカー協会というのは本名はJFA=Japan Football Associationなんですよね。

ようするに、サッカーじゃないんです。フットボールなんです。正式には、フットボールというのが正しいんでしょうか。

じゃあ、なぜ、サッカーなのか?疑問がわき上がってくるのは、当然でしょう。日本国内で2つの名称が存在するスポーツ、どういうことなのか。

じつは、日本にサッカーが伝わってきた経緯が、2つの名称を広めてしまったと言うことなんです。

サッカーの呼び名が生まれたわけ

日本人には理解できない呼び名の由来

「サッカー」という言葉自体は英国が発祥なんだそうです。1863年に、英国でフットボールのルールを共通するための協会が設立されました。

英語では、それは「Association」となります。サッカーはその協会が定めたルールのフットボールのことを指します。それで、「Association football」と呼ぶのです。

その「Association football」から「soc」だけを抜きだして、「soccer」という呼び名が生まれ、定着したというわけです。

フットボールにもいろいろ

○○フットボールの数々

じつは、国によって独自のフットボールがたくさん存在します。たとえば、米国でフットボールと言えば、アメリカンフットボール(アメフト)を意味するようなものです。

同じように、世界にはfootballがつく競技は意外とあるんですね。カナダのカナディアンフットボール(Canadian football)は、アメフトに似たスポーツ。

カナダでは、アイスホッケーに次ぐ人気のスポーツです。また、オーストラリアのオーストラリアンフットボール(Australian football)。

これは、オーストラリアで最も人気のあるスポーツです。フッティー(footy)、オージールールズ(Aussie rules)と呼ばれ、日本ではオージーボールといいます。

ラグビーは、協会名も日本ラグビーフットボール協会というようにラグビーフットボール(rugby football)というのが正式です。

サッカー(soccer)という言葉は、おもに米国やカナダ、オーストラリア、ニュージーランドなどで使われている言い方です。

英国やヨーロッパではフットボール(football)と呼ぶのが一般的です。南米でも「futbol(フトボル)」と呼んでいます。

FIFAの呼び名の由来

略語はフランス語から

じつはサッカーの世界連盟である、FIFAというのは、フランス語の頭文字なんですね。Federation Internationale de Football Association というそうです。

これを英語にすると、International Federation of Association Football になります。
Fedrationは「連盟」という意味で、Associationも「組合」や「連合」などという意味になり、言葉が重複します。

これは、先ほど行った、サッカーの言葉の由来と関係します。ようするに、フランス語のFootball Associationも英語のAssociation Footballも、サッカーそのものを意味する言葉なんですね。

ようするに、FIFAのうしろのFAがサッカーという種目を表すんだということになります。

その方法で日本サッカー協会の呼び名を作れば、JFAFになる、というお話です。

ラグビーの誕生

フットボールからの分岐

1823年のことです。当時のフットボールでは、まだボールを持って走ってもいいというルールはありませんでした。

ところが、ラグビー校でフットボールの試合中に起こったことが、歴史を変えます。

エリスという少年が突然、ボールを持って走り出して、一気にゴールまで駆け抜けたのです。これがラグビーの始まりだといわれています。

1863年10月26日、ロンドンで多くのパブリックスクールのOB達と、当時、Associationと云われていたメンバーと12のクラブの代表者が同席します。

そこで、フットボールの統一ルールを決める会議が行われたのです。そこで、クロスバーのないゴールの使用やラグビーのルールなども取り入れる案も提案されたそうです。

そこで、ラグビースタイルの支持者はボールを持って相手ゴールに向かって走れるとし、ボールを持って走っている選手のスネを蹴っても、足を引っかけても構わないとしたのです。

ところが、他のメンバーは、ボールを持って走ってはいけないとし、足をひっかけたり、スネを蹴るような行為は厳禁で、手を使うことも禁止するとしたわけです。

ついに、ラグビーフットボールと後にサッカーとも呼ばれるアソシエイション フットボールとの決定的な決別がなされたといわれています。

ラグビーからアメリカンフットボールへ

アメリカで生まれた、アメリカのスポーツ

ラグビーフットボールは英国で生まれ、世界中に広まっていくことになります。それは、アメリカにも広まっていきました。

1862年に、アメリカの先住民であるオネイダ族がボストンで最初のフットボールクラブ、「オネイダ フットボール クラブ」を創立しました。

このときにチームが行っていたフットボールは、サッカーとラグビーの良いところを取り入れて、ミックスしたようなものだったそうです。

そして、これが、後にボストンゲームとよばれるフットボールになっていったといわれています。

ボストン ゲームはボールを持って走る事が多かったので、これがアメリカンフットボールの始まりだという人もいます。しかし、まだサッカーの要素が多いものでした。

そして、1869年11月6日にラトガーズ大学とプリンストン大学が初のフットボールの大学対抗試合を行っています。

実際は、その2年前ににプリンストン大とプリンストン神学校との間で各25名づつの選手で練習試合を行っています。

このラトガーズ大とプリンストン大の試合が最初のアメリカン フットボールの試合と云う人が多いそうです。

ただ、使用されたボールも丸く、ルールもイングランドで行われていたサッカーのルールだったと言うことです。

しかし、現実にはアメリカで1969年に、アメリカンフットボールの誕生100周年記念の試合やセレモニーを行われているそうです。

アメリカンフットボールのルールの確立

あまりにも過激なゲーム結果

1873年にイエール大がイートンプレーヤーというイングランドのチームと11人で闘って勝利したそうです。

この試合を見た2人のプリンストン大学の選手が、大学に戻って、その試合の状況を説明しました。

そして、こんな面白いゲームはないから、是非このゲームに参加しようと他の部員を説得したそうです。

さらに、1876年にハーバァード、イエール、プリンストン、コロンビア大が新しいルール作りの会議が行っています。

これまでのルールとの最大の違いタッチダウン自体を得点として認めたこと、丸いゴムボールの代わりに楕円形の皮で覆われたボールを使用する事も決めたことです。

1880年になって1チームは11名となり、イエール大のキャンプがスクリメージ ラインとクォーターバックを提案をしました。

斬新なルールが次々と決められていくと同時に、サッカー、ラグビーと決別は決定的になり、アメリカ人によるアメリカンフットボールが生まれることになったわけです。

1882年には、ボールの所有をはっきりさせるために、3回の攻撃で5ヤード進まなかった場合、ボールの所有権が自動的に相手にわたるいうルールが提案されます。

その後、3回の攻撃で10ヤードというルールに変更されましたが、さらに現在は4回の攻撃で10ヤードというふうに変更されてきたわけです。

このことによって、ボールの所有が極めて明確になり、所有権がわからないサッカーやラグビーとの決定的な違いが誕生したわけです。

また、アメリカンフットボールでの死傷者が多く出たことから、プレーをもっとワイドオープンにして、相手とぶつかることを減らすために、前方へのパスを有効にしました。

この後もルールを発展させていき、スリリングで、面白い、現在のアメリカンフットボールが作られていくわけです。

アメリカの一番人気スポーツへ

これからもアメリカらしく

1920年、12チームでプロフットボールリーグのアメリカン プロフェッショナル フットボール アソシエイション=APFAが結成されました。

これがその2年後に、現在のNFL=ナショナル フットボール リーグに改称されたのです。

そして、1924年に大スターが登場します。イリノイ大のハーフバックの、レッド グレンジです。

彼は、第1Qの12分で一人で4タッチダウンをあげたそうです。しかもボールを持った回数は4回だけでした。ようするに一度持ったら全てゴールまで走ったというわけです。

彼のプロ入りがきっかけでプロフットボールにも多くのファンが集まり、同時にアメリカンフットボールがアメリカ人の最も熱狂するスポーツへと変身を遂げたわけです。

ドラマが生まれるアディショナルタイム

集中力が生まれる、背水の陣

ワールドカップでも、いくつかのドラマが生まれていました。あの毎回、試合の最後に審判によって掲示される数分のアディショナルタイムはいつも緊張感をもたらしてくれます。

この時間に、ドラマが生まれる可能性が高いのは誰もが知っています。そのため、わずか数分でも、盛り上がり方が全然違ってきます。

さて、いつも目にするこのシーンですが、この時間はいったいは誰がどんな風にして決めているのでしょうか?

ゲームにならなかった時間

不公平を避けるための追加時間

試合中に負傷者が出たり、何かハプニングが起こると、試合が中断されてしまいます。この時間は、プレーではないところで費やされているので、ゲームそのものの時間が短くなったと判断します。

試合の主審がその時間を計測します。そして、試合の規定時間が終了した直後にその時間が掲示されて、追加されることになるわけです。

以前は、ロスタイムと言われましたが、いまは、追加時間、いわゆるアディショナルタイムと統一するようになったようです。

競技者の交代、負傷者の搬出などで空費された時間は、相手チームにとって不公平になってしまいます。その部分で、公平を期するための猶予時間を相手に与えるというのがこの時間の趣旨だそうです。

決めているのは主審

権限はあくまでも一人の主審に

実は、アディショナルタイムの時間を決定しているのは、主審ただ1人だそうです。第4の審判はボードに掲示しているだけで、決定に関与することはないという事です。

主審は、試合時間が終わる、90分直前に第4の審判に向けて、ジェスチャー等で時間を伝えます。それを第4の審判がボードに掲示するわけです。

アディショナルタイムの決め方

では、どうやって、アディショナルタイムを主審が決めているのでしょうか。実は、主審は二つの時計を持って審判をしているそうです。

1.一切止めない時計
2.中断するごとに止める時計

この2つの時計を参考にして、アディショナルタイムを決めているという事です。ボードを掲げる第4の審判は、主審が決めたアディショナルタイムを表示しているだけで、計測はしません。

空費時間の規定

FIFAの規定のよると、アディショナルタイムに加算されるのは次の時間に限られるそうです。

・選手の交代
・選手の負傷
・イエローやレッドカードの掲示
・負傷選手をフィールドの外に出す時間
・その他時間の浪費

フリーキックやスローインのたびに時間を止めることはしないということです。加算されるのは上のようなアクションのみだそうです。

このうち、その他の時間の浪費は、抗議による遅延や、喜びすぎの長いゴールパフォーマンス、グラウンドへの乱入といったものを判断するようです。

時間の決め方はアバウト

主審は時計を両腕にすることが推奨されているそうです。1つはノンストップの時計、もう1つは試合が止まるたびに止めるもの、とされているのです。

しかし、この時計による時間ロスはあくまでもアバウトに計算されたものだということで、アディショナルタイムを計算するうえで参考の1つにしかならないということになっています。

また、アディショナルタイム中の遅延については、主審の裁量で独自に時間を伸ばすということになっているそうです。

ロスタイムは日本独自の呼び名

呼び名で変わるイメージ

実は、呼び名がロスタイムからアディショナルタイムへと変わったのは2010年のことなんです。ただ、FIFAではアディショナルタイムの呼び名は普通で、ロスタイムと呼んでいたのは、日本だけだったそうです。

要するに、ロスタイムの方が非公式的な呼び方だったということです。そこで、2010年に日本サッカー協会もFIFAに合わせて、アディショナルタイムに統一しようと決めたわけです。

日本語に直訳すれば、アディショナルタイムは、追加された時間になり、ロスタイムは、失われた時間になります。意味は同じでも、できるだけポジティブなニュアンスの方がいいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク