大相撲の番付、本場所の正式な呼び名、横綱の土俵入りの意味と役割は

一覧表は力士の階級

階級は段と文字の大きさが目印

力士だけでなく、行司、理事、監事、委員、主任、年寄、審判委員、若者頭、世話人、呼出しといった役の名前も記載されています。

力士の階級については、わかるとわからないでは大相撲を見る楽しみが変わってきますよ。

言い換えれば、番付がわかることは相撲を楽しむことにつながると言えます。

では、大相撲を楽しむための基礎知識を手に入れましょう。

まず、力士の番付は十段階

幕内、平幕、幕下、ややこしい?

まず、テレビで放映されるのは、幕内と言います。これは、横綱、大関、関脇、小結の4階級と前頭という役を持つ力士で構成されます。幕内は40人で前頭は役力士以外になります。

十両は10枚目ともいい、東西13人ずつです。ここまでが関取です。その下の幕下からは力士養成員と言われ、給料が出ません。結婚もできないということです。

力士養成員は多くの人が所属します。まず、幕下は東西60人ずつ、合計120人います。次に、三段で東西100人ずつ、合計200人です。序二段は約350人、序の口で約100人います。

まとめてみましょう。

・横綱  最高の地位。いなくてもいいそうです。
・大関  2番目に優秀な地位です。必ず1名はいます。
・関脇  東西に必ず1名はいます。
・小結  東西に必ず1名はいます。
・前頭  東西最大16枚目までで最大32名。
・十両  東西13枚目まで26名。正式には「十枚目」と言います。
・幕下  東西60枚目まで120名。
・三段目 東西100枚目まで200名。
・序二段 約350名。
・序ノロ 約100名。

東と西、力の差は?

行事を見て、右の方が東

同じ番付の場合、東方力士が上位になります。その割り当ては前場所の成績によって決まります。

前場所が同じ勝ち星の場合は、その前の成績をみて決めます。そういった番付は番付編成会議で決めることになっています。

取り組みは、番付だけでなく、各力士の力の差を見極めるために場所中に決めていきます。

番付を決める要素は何?

場所中の相撲を見て、総合的に決める

番付を決める要素は次の4つです。
・勝ち星
・相撲内容
・それまでの番付
・他の力士の成績

勝ち星

いくつ勝てばいくつ番付が上がるといった明確な基準はないそうです。基本的には勝ち越せば番付は上がり、負け越せば番付が下がります。

相撲内容

同じような勝ち星の場合は、それぞれの力士の取り組みの内容が判断材料になります。要するに役力士から勝った方が、平幕よりも評価されるというわけです。

それまでの番付

どれだけ番付が上下するのかは、それまでの番付が基準になるのです。いくら前頭15枚目の力士の方が勝ち星が上でも、前頭6枚目の力士より上の番付にはなりません。

他の力士の成績

番付が上の力士に勝ち越した力士が多いときは、番付はあまり上がりません。また、前頭筆頭で、勝ち越しても、役力士が全て勝ち越したら昇進できる番付がないわけです。

年に6回行われる大相撲場所

いろんな呼び方を耳にする

実は、ふだん耳にする、初場所、とか秋場所といった呼び方は、すべて通称なんですね。だから、春場所のことを大阪場所といったりするわけです。

なお、正式な呼び方は一月場所、三月場所、五月場所、七月場所、九月場所、十一月場所と、月の呼び名が使われるものです。

本場所は、上に書いたように年6回行われます。そして、その本場所以外に、地方巡業があります。

三月場所が終わって春巡業、七月場所が終わって夏巡業、九月場所が終わって秋巡業、十一月場所が終わって冬巡業が行われます。

と、日本各地に出向いて、さまざまな相撲行事や取り組みをします。本場所と違って、力士と近くで触れ合えて、大相撲が身近に感じられます。

年6回で番付が決まる

力士の地位や給金も決定

大相撲場所は1場所が15日間ずつです。日曜日から始まり、2週間後の日曜日に終了することになっています。

場所名は、1月場所(初場所)、5月場所(夏場所)、9月場所(秋場所)、3月場所(春場所または大阪場所)、7月場所(名古屋場所)、11月場所(九州場所)です。

( )の中の呼び名は通称です。なお、年6場所制になったのは1958年からです。さらに、1場所が15日間の興業に定着したのは1949年夏場所からだそうです。

大相撲が行われる場所は、一月場所、五月場所、九月場所は東京・両国国技館、三月場所は大阪・大阪府立体育会館、七月場所は愛知・愛知県体育館、十一月場所は福岡・福岡国際センターです。

この6場所が、大相撲の力士の地位や給金を決定する大切な場所になります。ここでの結果がいわゆる番付作成の基準になるわけです。

大相撲の取り組み

大相撲の日程と、1日のようす

まず、大相撲は15日間休みなく連続で開催されます。そして、第一日目を初日といって、負けると、黒星、勝つと白星です。

八日目が中日といい、この日まで全勝だと、勝ち越し、負け続けると負け越しになります。

最終日が千秋楽と言い、表彰式などが執り行われます。そして、敢闘賞や技能賞といった各賞の授与が行われます。

テレビ放送が始まるのは、早くても午後3時過ぎなので、、相撲の取組は夕方から始まると思っている人もいるかも知れません。

しかし、じつは取り組みは朝から始まっているんですね。朝8時半、寄せ太鼓が打ち鳴らされます。ここから大相撲の一日が始まるわけです。

場所によって少しずつちがうみたいで、午前9時頃から序ノ口や前相撲といった、若い力士達の取組が始まるのです。

大相撲の歴史

あまりに長い伝統のスポーツ

相撲は国技といわれています。その起源は、古事記や日本書紀にある力くらべの神話、「宿禰(すくね)・蹶速(けはや)の天覧勝負」伝説だと言われています。(上の写真)

かつては、相撲はその年の農作物の収穫を占う祭りの中の儀式として、行われてきました。それが宮廷行事となって300年続くのです。

武士の時代になり、戦闘の訓練として相撲が行われます。織田信長は各地から力士を集めて上覧相撲を催して、勝ち抜いた者を家臣として召し抱えたといわれています。

江戸時代には、相撲を職業とする人たちが生まれ、全国で勧進相撲が行われるようになります。中期には定期的に相撲が興行されました。

このころ、有名な谷風、小野川、雷電の3大強豪力士が出現します。相撲の人気が急速に高まって、今日の大相撲の基礎が確立されたわけです。

読み終わるころにはあなたも“スー女”に!?

★大相撲の基本の「き」

相撲と大相撲の違いはご存知ですか?

何気なく使っている“相撲”という言葉ですが、大相撲との意味を使い分けている人は少ないのではないでしょうか。

そもそも“相撲”とは腰に廻しと呼ばれるふんどしを締め、1対1で押したり投げたり突いたり払ったりし、相手を土俵の外に出すか相手の体を倒して勝ち負けを決める日本発祥の競技そのもののことです。

一方、“大相撲”とは日本相撲協会が主催する場所での興行で、NHK大相撲中継の「本場所」のほか、地方で興行する「地方巡業」や「海外巡業」もあります。

大相撲には“番付”という順位表があり、力士たちの力量や本場所での成績によって評価され階層別に振り分けられます。

上から順に横綱、大関、関脇、小結、前頭(平幕)、十両、幕下、三段目、序二段、序ノ口となります。

横綱は大相撲の番付での最高位でいて、必ずいるとは限らないポストです。

ちなみに“スー女”とは相撲が大好きな女子の略称です。

さて、本題ですが

横綱の土俵入り

純白の綱を腰に締めた横綱が一人で土俵入りし、四股やせり上がりなどを披露します。

横綱の土俵入りには“型”が存在し、名前も決まっています。「雲龍型(うんりゅうがた)」と「不知火型(しらぬいがた)」といいますが、みなさんは聞いたことがありますでしょうか。

これを知っていればなかなかの通、ならびにスー女といえるでしょう。

名前の由来はそれぞれ10代目横綱の雲龍久吉(うんりゅうひさきち)と11代目横綱の不知火光右衛門(しらぬいみつえもん)が行っていた土俵入りの型からきているとされ、締める綱の形とせり上がりの方法が違うとされます。

雲龍型

攻防兼備を表し、左手を胸に当て右手を伸ばしながらせりあがります。綱の形は背中のど真ん中に大きい輪が一つです。

不知火型

攻撃を表し、両手を伸ばしながらせりあがります。綱の形は左右に輪が二つです。

型は代々一門が継承しているところもあれば、最近は横綱自身がしたい型を選ぶ傾向があるようです。

だいたいは雲龍型を選ぶ横綱が多く、大鵬や朝青龍、千代の富士など大横綱として名を馳せた横綱たちも雲龍型でした。

最近では稀勢の里も披露したことでやはり人気がうかがえます。不知火型の横綱は短命というイメージがつく中、白鵬が不知火型を盛り上げ、短命のジンクス払拭を成し遂げたといえるでしょう。

★まとめ★

それぞれの違いを知って、、、

今回は横綱の土俵入りには雲龍型と不知火型の2つの型があることがわかりました。

雲龍型は一つの輪で人気の型なのですね。反対に不知火型は二つの輪で短命というジンクスがあるためか選ぶ横綱は少ない傾向にあります。

しかし、雲龍型よりも重く、迫力があるので白鵬を皮切りに人気が出るといいですが。

今後大相撲を観戦する際に注目できる点が増えたので、今までとは違う視点で楽しめそうですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク