睦月、如月、弥生、各月の読み方の由来と、旧暦と新暦での時期の違い

睦月って、1月の生活感あふれる呼び名です

時期は二十四節気が関係しているらしい

正月に親しい者が集まり睦み合うという事から『睦び月』よりそのように呼ばれるようになったと言われています。

旧暦の正月のことなので、今で言えば、1月末から2月にかけてです。今の正月では時期がずれてしまいます。

それは、まあ、当然のことです。旧暦そのものは月の満ち欠けを元に作った暦です。二十四節気は太陽の動きを元に作った区切りです。

二十四節気が月と一致しない理由

太陰暦の弱点を補う二十四節気

では、1月=睦月は二十四節気では何処にあたるかと言えば、大寒~立春~雨水の部分ですね。

しかし、これが睦月ではありません。あくまでも、睦月は新月から新月の所ですから、1月末から2月末当たりになっています。

要するに、太陰暦の持つ、季節感のずれを、二十四節気を用いることで補ってきたんですね。

というわけで、結論から言えば、こうなっています。「睦月は雨水を含む月」ということになっていたんです。これを中気といいます。

そして、季節の行事は二十四節気を元にすることで季節に合わせることとし、月日の読みはそれに何となく合わせてきた、というのが実情みたいです。

太陽暦では季節感とずれてしまう

一番正しいのは、二十四節気

二十四節気は太陽の動きを元に作ってあるので、季節感はバッチリなんです。ところが、太陽暦も太陽の動きを元に作ってあるのに逆に季節感がずれてしまいます。

それは、太陽の動きはあくまでも位置の問題であって、太陽から受ける光が地球の気候に与える影響は、約2ヵ月ほどずれてしまうんです。

たとえば、12月の冬至が昼の時間が一番短いはずですね。ところが、一番寒い時期は1月末から2月になる。

二十四節気はそのずれを見事に解決しています。ちなみに大寒は新暦では毎年1月20、21日頃になります。

月の呼び名にはいろいろある

睦月はあくまでも一般的な呼び名

1月の睦月は、雨水を含む旧暦の月名だと言うことがわかりましたね。ということで、それに合っておりさえすれば、睦月以外の呼び名もぜんぜんよかったわけです。

ということで、実際にも、たくさんの呼び名が残されています。今の太陽暦の「順番月」よりも季節感が満ちていて、日本らしいと思いませんか。

・諏月

「諏」には、「集まって話し合う」という意味ですね。親戚や友人、知人が集う月ということを意味します。

・華歳

年の始めを華やかに表現したものです。

・甫歳・甫年

「甫」には「苗を育てる平らな畑」という意味があるんですね。稲の栽培を始める月ということですね。

・建寅月

昔の中国では、北斗七星の取っ手の先が北を指す11月を 「建子月(けんしげつ)」と呼び、十二支の最初としていたんですね。その順番でいうと、12月が「建牛月」、1月が「建寅月」になるわけです。

・泰月

「天下泰平」の「泰」ですね。

・孟春

「孟」には「はじめ」という意味があります。「孟秋」や「孟冬」という言葉もあるそうです。

・献春・献歳

「献」には「進む」という意味があります。春や歳が進み来るということだそうです。

・肇歳

「肇」にも「はじめ」という意味があり、その年のはじめを指すわけです。

この他にもいろいろな表現が残っています。どれも、季節感漂う呼び名です。
・霞初月(かすみそめつき)
・暮新月(くれしづき)
・太郎月(たろうづき)
・年端月(としはづき)
・子日月(ねのひづき)
・初春月(はつはるづき)
・初空月(はつぞらづき)
・早緑月(さみどりづき)
・諏月(すうげつ)
・正月(しょうがつ)
・端月(たんげつ)
・嘉月(かげつ)
・華歳(かさい)
・発歳(はつさい)
・甫歳(ほさい)
・始和(しわ)
・本の月(ほんのつき)
・萌月(もゆつき)
・王月(おうげつ)
・元月(げんげつ)
・むつび月(むつびづき)
・建寅月(けんいんげつ)
・初月(しょげつ)
・眤月(むつき)
・陬月(むつき)
・泰月(たいげつ)
・三微月(さんびづき)
・初春(しょしゅん)
・新春(しんしゅん)
・子春(ししゅん)
・上春(じょうしゅん)
・王春(おうしゅん)
・開春(かいしゅん)
・献春(けんしゅん)
・首歳(しゅさい)
・初歳(しょさい)
・肇歳(ちょうさい)
・開歳(かいさい)
・方歳(ほうさい)
・芳歳(ほうさい)
・献歳(けんさい)
・主月歳(しゅげつさい)
・歳首(さいしゅ)
・歳始(さいし)
・甫年(ほねん)
・青陽(せいよう)
・孟陽(もうよう)
・正陽(せいよう)
・初陽(しょよう)
・孟陬(もうすう)
・履端(りたん)
・大簇(たいそう)
・解凍(かいとう)
・月正(げっせい)
・実月(むつき)
・孟月(むつき)
・初見月(はみづき)
・祝月(いわいづき)
・歳首月(さいしゅづき)
・陬月(すうげつ)
・生月(うむつき)
・萌月(もえつき)
・最月(もつき)
・本月(もとつき)

日本の月の名前は 旧暦で呼ばれていたもの

二十四節気に基づくものが多い

それぞれの月の名前は季節の節目にあたる二十四節気を元にしていることが多いんですね。これは、時候の挨拶でおなじみのものだと思います。

きさらぎは衣更ぎの読みで、その意味は、草木の更生、生まれ変わることだそうです。着物をさらに重ね着る意とするのは間違いだということです。

また、字そのものは中国におけるの2月の異名、「如月(じょげつ)」に由来しているといわれます。

旧暦の読みがそのまま残っている

今よりももっと春に近い

如月は、もともと旧暦の2月のことを意味します。しかし、これは、太陽暦である新暦では3月頃になってしまいますね。

理由は旧暦は月の動きを元に決めますが、二十四節気は太陽の動きを元にしているからです。季節感はこの二十四節気が正しいので、どうしてもずれます。

旧暦の如月は秋分を含む新月から新月の月をさすことになるんですね。だから3月末頃から4月末頃になるわけです。

きさらぎと呼ぶ由来

漢字は中国由来のもの

日本でこの漢字が「きさらぎ」と読まれるようになったのにも、いくつか 由来があるんです。

よく言われているものには

衣更着

寒さがぶり返し、衣を更に着る月であるから

生更ぎ

春に向かって草木が生き返り、芽吹く季節であるから

気更来

陽気がさらに増す季節だから

来更来

お正月に迎えた「春」が、更に春めいてくるから
などがありますが、最も品格のある説は2番目の「生更ぎ」だそうです。

2月の如月以外の別名もある

日本語の豊かさを示す一例

2月には如月以外にも 異名があります。本当にたくさんあるのですが、一部分だけになりますが紹介しておきます。、

・仲春(ちゅうしゅん)
・建卯月(けんうづき)
・梅見月(うめみつき)
・木目月(きのめづき)
・木芽月(このめづき)
・雪消月(ゆきげしつき)
・小草生月(おぐさおいつき)
・草木張月(くさきはりづき)
・初花月(はつはなつき)
・雁帰月(かりかえりつき)

どのなまえも春の訪れを感じさせるもので、何となくおしゃれに感じますね。

たとえば、「仲春」は旧暦の春(1月・2月・3月)の 真ん中を意味する言葉だそうです。
また、「雁帰月」の「雁」とは、カモ科の水鳥。越冬した雁たちが、シベリアへと帰っていく季節を表しているわけですね。

弥生の意味は二十四節気が関係しているそうです

とりあえず3月は弥生=やよい

弥生の「弥」という字には「いよいよ・ますます」といった意味があるそうです。草木がいよいよ生い茂る月ということなんですね。

これも旧暦のことなので、今で言えば、3月末から4月にかけてです。旧暦の方が、弥生のイメージがしっくりきたりしますね。

それは、まあ、当然のことです。旧暦そのものは月の満ち欠けを元に作った暦です。二十四節気は太陽の動きを元に作った区切りです。

二十四節気が月と一致しない理由

太陰暦の弱点を補う二十四節気

では、3月=弥生は二十四節気では何処にあたるかと言えば、春分~清明~穀雨
の部分ですね。

しかし、これが弥生ではありません。あくまでも、弥生は新月から新月の所ですから、3月末から4月末当たりになっています。

要するに、太陰暦の持つ、季節感のずれを、二十四節気を用いることで補ってきたんですね。

というわけで、結論から言えば、こうなっています。「弥生は穀雨を含む月」ということになっていたんです。

そして、季節の行事は二十四節気を元にすることで季節に合わせることとし、月日の読みはそれに何となく合わせてきた、というのが実情みたいです。

太陽暦では季節感とずれる

一番正しいのは、あくまでも二十四節気

二十四節気は太陽の動きを元に作ってあるので、季節感はバッチリです。ところが、太陽暦は太陽の動きを元に作ってあるが故に季節感がずれてしまいます。

それは、太陽の動きはあくまでも位置の問題であって、太陽から受ける光が地球の気候に与える影響は、約2ヵ月ほどずれてしまいます。

たとえば、12月の冬至が昼の時間が一番短いはずですね。ところが、一番寒い時期は1月末から2月になる。

二十四節気はそのずれを見事に解決しています。ちなみに大寒は毎年1月20、21日頃になります。

月の呼び名はさまざま

弥生はあくまでも一般的な呼び名

3月の弥生は、穀雨を含む旧暦の月名だと言うことがわかりましたね。ということで、それに合っておりさえすれば、弥生以外の呼び名もぜんぜんよかったわけです。

ということで、実際にも、たくさんの呼び名が残されています。今の太陽暦の「順番月」よりも季節感が満ちていて、日本らしいと思いませんか。

・「花つ月(はなつづき)」

花続きの月であることから呼ばれるもので、弥生に次いで有名ですね。

・「建辰月(けんしんげつ)」

北斗七星の柄の部分が「辰」の方向に向かう季節であることからこう呼ばれます。

・「禊月(けいげつ)」

3月3日の上巳の節句に、上巳の禊を行うので、そのことからきています。ひな祭りとも関係します。

・「夢見月(ゆめみつき)」

こちらは、俳句で春の季語としてよく使われていますね。

・「花惜月(はなおしみづき)」

弥生は穀雨を含む月ですから3月の終わりから4月の終わり頃です。もう、春も終わりに近づき、桜もが散る季節だということを言っています。
この他にもいろいろな表現が残っています。どれも、季節感漂う呼び名ですね。
・「桃月(とうげつ)」
・「花見月(はなみつき)」
・「季春(きしゅん)」
・「晩春(くれのはる)」
・「蚕月(さんげつ)」
・「雛月(ひなつき)」

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク