花粉症の対策、食事やマスク、メガネも有効、劇的に効くおしりの注射

季節性アレルギー性鼻炎

いまや、国民病となった花粉症

いま、日本人の約25%が花粉症だともいわれてるんです。その花粉症ってどんな病気なのでしょう。

花粉症とは、スギやヒノキなどの植物の花粉が原因となって、くしゃみ・鼻水などのアレルギー症状を起こす病気ですね。

日本では花粉症、ヨーロッパでは枯草熱

花粉が原因となるアレルギーが花粉症ですよね。しかし、ヨーロッパでは今もなお、枯草熱(hay fever)と呼ばれているそうです。

イギリスのボストックという人が最初にこの病気を名付けたんとか。その当時は、牧草の枯草と接触したため発病したと考えられていたからという話です。

アレルギー性鼻炎にもいろいろある

1.季節性アレルギー性鼻炎(=花粉症)

これは、原因になっている花粉が飛散する季節にだけ発症するものです。日本では、約60種類の植物がそのアレルゲンとして報告されているんですよ。

主なアレルゲン

スギ、ヒノキ、カモガヤ、オオアワガエリ、ブタクサ、シラカンバなど。

主な症状

・鼻の三大症状(くしゃみ、鼻水、鼻づまり)
・目の症状(かゆみ、涙、充血など)
・のどのかゆみ
・皮膚のかゆみ
・下痢
・熱っぽい感じ

2.通年性アレルギー性鼻炎

これは、アレルゲンが一年中あるので、症状も一年中あることになります。

主なアレルゲン

・ダニ
・家の中のちり(ハウスダストなど)
・ゴキブリなどの昆虫
・ペットの毛
・フケ

花粉症が起こるしくみ

アレルギーについて知っておこう

花粉症はスギやヒノキなどの花粉が原因となるアレルギー性の病気です。花粉が体に入ったとき、体の中では何が起こっているのでしょうか。

・「花粉」という異物=アレルゲンが侵入する。
・体がそれを異物として排除する方へ反応するとこれと反応する物質をつくります。この物質を「IgE抗体」と呼ぶんです。
・抗体ができると、次にそのアレルゲン=花粉が体内に入ると、鼻や目の粘膜にある肥満細胞の表面にある抗体と結合します。
・その結果、肥満細胞から化学物質(ヒスタミンなど)が分泌されます。そして、花粉をできる限り体外に放り出そうとするんですね。
・そのため、くしゃみで吹き飛ばす、鼻水・涙で洗い流す、鼻づまりで中に入れないよう防御するなどの症状が出てくるわけです。

治療薬の副作用もつらい

抗ヒスタミン薬が花粉症の治療によく使われます。しかし、これは副作用として眠気などが生じることがあるんですね。

そのために、日常生活での集中力や判断力などが低下することがあり、これが抗ヒスタミン薬の影響だと考えて、服用を控える人がいるんです。

実は薬の影響だけではなく、くしゃみや鼻づまり、鼻水などの花粉症のつらい症状によるところも大きいのです。

やはり、日常を取りもどすためにも、まず、しっかりと最適な薬で症状を改善することが重要なんですね。

花粉症の症状を軽くするために

花粉症対策の基本を押さえよう

花粉症は、治療とともに花粉が体に入ってこないようにする注意や工夫も大切なんです。もっと、積極的に花粉症対策に取り組んでいきましょう。

外出時の花粉症対策

テレビやインターネットで気象情報や花粉情報を入手します。天気や湿度で花粉の要注意日があるので、その時は対策を強化します。

花粉の飛散が多いとわかっている日は外出を控えることも必要かも知れません。1日のうちでも飛散の多い時間帯の外出はとくに控えた方がいいかもしれません。

外出時は完全防備です。帽子・メガネ・マスク・マフラーを身につけます。

衣服・ペットなどについた花粉は、きちんと外ではらいます。これで玄関で花粉を持ち込まないようにします。

帰宅後は洗顔やうがいをして、体についた花粉はきちんと洗い流しましょう。毎日の習慣として心がけることも重要です。

防いでいるつもりでも、室内にはかなり花粉が侵入しています。掃除をこまめに行い、フローリングであれば毎日拭き掃除を行います。

就寝時に向けての花粉症対策

外に布団を干してしまうと花粉がついてしまいます。布団乾燥機を活用します。どうしても干したいときは、花粉の飛散量が少ない午前中に干します。

床の上はもちろん、ベッドにも花粉は乗っています。寝ているときに花粉を吸い込まないように、湿らせたティッシュやタオルで拭き取ります。

お風呂やシャワーで寝る前に花粉をしっかり洗い流してから布団に入るようにします。空気清浄機を使いながら寝るのもぐっすり睡眠をとるためのポイントですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする