味噌汁の具材、味噌の種類、話題の長生き味噌汁の作り方と使い方とは

味噌汁に一番美味しいお味噌はなに?

赤味噌と白味噌ってあるけど味の違いは?

味噌と聞くと一番に思いだすのが味噌汁ですよね!!味噌汁と一言でいっても家庭や地域によって使う味噌は様々で味も違いがあります。

味噌汁は日本人の原点です。朝、仕事に行く前に飲む味噌汁、具だくさんの味噌汁。味噌汁を飲むとホッとします。

日本には数え切れないほどの沢山の味噌があります。スーパーなどに買いに行っても味噌が沢山あります、どれを買えば良いのか迷ってしまいますよね。

ではまずはじめに沢山ある味噌のなかで味噌汁に合う味噌ランキングを紹介しましょう。

ベスト5 シマヤの麦みそ

明治23年に味噌醸造業として山口県で創業した会社です。この麦みそは山口県の味として伝統の麦麹を使い丁寧に作られ、麦みその甘味が野菜たっぷりの豚汁などにおすすめです。

ベスト4 マルコメ 料亭の味

これは我が家でも使っています。マルコメは安政元年に長野県で創業して老舗で、この料亭の味は35年以上のロングセラー商品です。

独特の風味を持つ赤味噌をベースにかつおだしと昆布だしをブレンドし、出汁を取る手間を省いたことで、忙しい現代の食卓にはぴったりの味噌です。

ベスト3 ひかり味噌 マル無国産

長野のひかり味噌株式会社が作り、このマル無シリーズは国産の原料を使用し無添加の味噌です。香り高く上品な味わいでコストパフォーマンスもよくシンプルな豆腐とワカメのお味噌汁にピッタリです。

ベスト2 山内本店 無添加まぼろしの味噌 米麦合せ

熊本県で宝暦元年に創業した老舗の会社で作られているみそです。

国産の原料のみを使用し、阿蘇の伏流水で作りあげ塩分も10%以下で、米のあっさりした味わいと麦の独特のコクをブレンドした香ばしいこだわりの味噌です。

ベスト1 マルコメ プラス糀 生糀みそ

味噌づくりにこだわるマルコメが、米糀をぜいたくに使い添加物を使用せず、作り上げた甘みの強いこだわりの味噌です。

味噌汁には賞味期限はあるの?

作り置きは何日持つのか?

ついつい味噌汁を作り過ぎてしまう事ってありませんか?そんな時に思うのが味噌汁って何日くらい保存できるのか気になりますよね!

ズバリ、味噌汁の冷蔵で保存できる期間は約3~5日です。

味噌汁に使用している出汁や具材によってかわってきますが、こんぶやカツオなどの出汁を使った場合は間は短くなります。

具材になめこやナスを使用している際は賞味期限や保存法は要注意です。

さらに、冷蔵庫に入れるときは必ず蓋をし、菌の侵入を防ぐようにしてから保存しましょう。

おすすめの味噌汁の具材

しいたけやしめじ、人参 、大根、わかめ

豆腐のわかめ

味噌汁の定番、豆腐とわかめの味噌汁です。豆腐に含まれているサポニンを摂り過ぎると、体内にあるヨードも排出してしまいます。それを助けてくれるのがわかめです。

わかめにはヨードが豊富に含まれており、サポニンの摂り過ぎによって排出されたヨードを補ってくれます。

豚汁

しめじや人参、大根など野菜とお肉がたっぷり食べられる味噌汁の代表といえば、豚汁ですよね。ちと手間で しょうが汁をプラスすることで風味がアップし野菜が苦手な方や子どもでも、このお味噌汁ならきっと食べられますね。

味噌にはどんな種類があるのか?

味噌の種類によって味が違う。

お味噌汁を作るときにみなさんのご自宅ではどんな味噌を使っていますか?味噌にも種類があり、育った地域や家庭の味によって、その好みは人それぞれですよね。

味噌は主に4種類にわけられます。

「米味噌」、「麦味噌」、「豆味噌」と、これらを混合した「調合味噌」に分けられます。味噌の主な原料は大豆と塩でできており、そこにどんな麹を足すかで味に違いがでできます。

◎米味噌

大豆に米麹を加えて作ったもの。

◎麦味噌

大豆に麦麹を加えて作ったもの。

◎豆味噌

豆麹を使うため、主原料は大豆のみで作ったもの。

◎調合味噌

「米味噌+豆味噌」、「米味噌+麦味噌」というように、異なる2種類以上の味噌を合わせたもので、、複数の麹を混合して醸造した味噌をいいます。

種類によっても味噌の味が変わり、甘口、辛口というように味に違いがあります。食塩の量と麹歩合によってそれぞれの味噌の味が決まります。

麹歩合とは、味噌の原料となる大豆に対して、麹の割合がどれくらい占めるのかを表した比率のことをいいます。

味噌は体に良いっていうけど本当?

味噌に秘められた栄養素とは?

味噌は『食べる美容液』と言われるほどお肌や体に良い食品ってことご存知ですか!みなさんもご存知のように味噌は発酵食品でアミノ酸やビタミン類が大量に含まれています。

味噌は大豆と麹・塩を原料とし、タンパク質、炭水化物、ビタミン、ミネラル等を豊富に含みます。

他にもペプチド・アミノ酸のタンパク質や、イソフラボン、サポニン、酵素、食物繊維、リノール酸など健康に良いとされる栄養分も多く、特に女性には嬉しい栄養ばかりです。

では、味噌を摂取することで、体にはどの様な効能や効果があるのでしょう。

◼️老化防止

味噌に含まれるビタミンEやイソフラボンが、老化を防いでくれます。
また、味噌に含まれるサポニンは酸化を抑える働きをしてくれます。

◼️美白効果

味噌に含まれるリノール酸には、しみ・そばかすの原因であるメラニンの生成を抑えてくれるする働きがあるため美白効果があります。

◼️コレステロールを抑えてくれる

味噌の主原料である大豆にはサポニンが含まれています。このサポニンはコレステロールの上昇を抑制する効果がありダイエット効果があります。

◼️便秘解消

味噌には食物繊維が多く含まれています。その為便秘解消に効果があります。味噌には沢山の栄養素が含まれています。

それぞれの味噌にあった料理

実は味噌汁いがいにも沢山ある!!

味噌と聞くとお味噌汁のイメージですが、実はお味噌汁以外にもそれぞれの味噌の特徴に合わせた料理があります。

では、それぞれの味噌に合う料理を紹介しましょう。

米味噌に合う料理 「ナス田楽」

しっとりと柔らかいナスに、米味噌を甘くしナスに乗せるだけで簡単にレシピです。

ごはんのおかずだけでなく、お酒のおつまみとしても最高なので、日本酒などと一緒に召し上がってみてはいかがでしょうか。

麦味噌に合う料理 「豚肉のみそ焼き」

他の味噌と比べて麦味噌は甘みが強いのが特徴の味噌です。麦味噌の甘味と旨味が豚肉にぴったりの味噌漬けです。柔らかくしっとりとした美味しさが楽しめます。

豆味噌に合う料理 「豆みそ」

ご飯のやお酒のお供にぴったりな豆みそ。大豆の栄養すべてがみそとともに摂ることが出来、夏場でも保存がきく料理です。
昔懐かしい味がし、炊きたてのご飯の上に乗せて食べるると止まらなくなります。

調合味噌に合う料理 「みそチーズおにぎり」

このおにぎりは我が家でも大人気メニューです。作り方は簡単で、調合とチーズを溶かしてご飯と混ぜるだけで簡単にできます。相性抜群の味噌とチーズで、ふんわりおにぎりが完成です。

今、長生き味噌汁がブームになっている

味噌汁がブームになっている理由

今、テレビなど話題になっている味噌汁「長生き味噌汁」ってみなさんご存知ですか?

お味噌汁を一日一杯ずつ飲むだけで痩せられるという、簡単最強のダイエット法の事を長生き味噌汁といいます。

その簡単さや手軽さ、さらにお味噌汁を飲むだけという手軽さが人気のダイエット法の事なのです。

長生き味噌汁はここが凄い!!作り方は?

ダイエット以外にも体の改善効果あり!!

長生き味噌汁にはダイエットはもちろん体の腸内環境などまで改善してくれる効果があるのです。
●自律神経のバランスが改善
●腸内環境が整う
●血液がサラサラになる
●生活習慣病が改善
●慢性疲労が改善する
●メンタルトラブルを防ぐ
●老化のスピードを抑える
●浮腫の解消

1日1杯飲んで続けるだけで、生活習慣病の予防や改善やさらにはがん予防に繋がるだけでなく、ダイエットや美肌など、女性にとっても嬉しい効果が期待できるのです。

【長生き味噌汁の作り方】

材料

・赤味噌 80g
・白味噌 80g
・すろおろした玉ねぎ 1個分(150g)
・リンゴ酢 大さじ1

<作り方>

1、材料をすべてボウルに入れ、
泡だて器で混ぜ合わせる。
2、製氷皿に入れて、平らにならし冷凍庫で2~3時間、凍らせる。

製氷皿がない場合は、保存袋に平らに入れて凍らせます。カチカチにはならないので手で適当な大きさに割り、1人前30gとして使用すればOKです。

長生き味噌汁はそのままでも美味しい!!

長生き味噌汁に食材をちょい足しでアレンジレシピ

長生き味噌汁はそのままお味噌汁にしてももちろん美味しいですが、アレンジレシピもおすすめなので紹介しましょう。

◎新じゃが・アスパラ・トマトの洋風味噌汁

<材料>

・長生き味噌玉 2個
・ニンニク 1かけ
・オリーブオイル 小さじ2
・新ジャガイモ 1個
・水 300ml
・トマト 小1個
・アスパラガス 2本

<作り方>

1、新ジャガ芋は皮ごとよく洗い、
皮付きのまま薄切りにする。
2、ニンニクをみじん切りにし、
オリーブオイルで炒める。
3、香りが立ったら1のジャガイモを入れて炒める。
4、水を注ぎ、ジャガイモに火が通るまで煮る。
5、トマトとアスパラガスを食べやすく切り、
4に加えて1分ほど煮る。
6、味噌玉を溶かしたら完成です。

料理のポイントはじゃがいもに含まれているGABAはリラックス効果があり、寝つきが良くなったり、睡眠が深くなるといった効果が期待できます。

◎サバ缶とたけのこの味噌煮

<材料>

・味噌玉 2個
・水 300cc
・鯖の水煮缶 1/2缶(100g)
・たけのこ(水煮)80g
・酒 大さじ1
・小ネギ お好みで

<作り方>

1、たけのこは3mm厚さの薄切りにする。
2、鍋に酒、水を入れて沸騰させる。
3、タケノコを加えて1分加熱する。
4、火を止めて味噌玉を溶かす。
5、器にさばを入れ、3を注ぎ入れる。
お好みで小ネギを散らして完成です。

サバ缶のさっぱりした味とたけのこのが合う一品です。たけのこはカロリーも少なくダイエットにも効果があります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク