小学生の英語学習、家庭でオンライン英会話か英語教室に行かせるか

目次

子供が英語を学ぶ時、親が取るべき行動と態度

子供が英語に興味を持って楽しく学ぶ為には?

皆さんの子供は家で勉強していますか? 親が何も言わずとも家庭学習を行う習慣がついているなら、何よりです。

しかし、なかなか親が言っても勉強をやらないとお悩みの方もおられるでしょう。まあ、我が家も何回も言ってもなかなかやってくれませんが・・・

ではそんな時、子供に英語を学ぶ時に親がとるべき行動や態度はどういったものでしょうか。

子どもがやる気をもたずともイライラしない!

子どもは対応ひとつでガラッと変わる

子供がなかなか英語の勉強や学校の宿題をやってくれない時についつい大きな声で叱ってしまうという方も多いのではないでしょうか?

普通の子はいくら言ってもなかなか勉強はやってくれないものです。そんなときほど、できるだけ落ち着いた声で話しかけることがポイントになります。

少し低めの声で、しっかりと目を見て話すようにすれば、より伝わりやすくなりますし、子供の目線までしゃがんで話事で、威圧感も軽減でき為、大声で子供を叱ることは避けましょう。

なかなか勉強をしてくれない場合

勉強をしない場合の対処方法

時間を決めさせる

友だちと遊びに出かけたり、ゲームをしたりと子供は我慢がなかなか難しいですよね、勉強が後回しになっている場合、それらのことを無理やりやめさせる必要はありません。

そんな時はしっかりと時間を決めて計画を立てましょう。計画を立てる際、勉強時間を親が一方的に決めるのではないなく、子どもと一緒に考えましょう。

将来の話をする

なぜいま勉強をしなくてはいけないのか子どもとお話ししましょう。
「生きていくのに必要」
「志望校に合格するため」
「将来何になりたいのか」
などを話すことで学習動機が生まれ子どもが将来の事を考え、勉強に興味を自然と持つ子供もおります。
そうすることで自ら勉強を始めます。

自然勉強したら親は子供を大いに褒めてあげましょう。なかなか英語の勉強が進まない場合は親としては大声で叱ってしまいますが、叱った事で子供もやる気を失ってしまいます。

しっかりと子供と話合い、なぜ今英語の勉強が必要なのかをお互いに確認しましょう。そうする事で自然と勉強に興味を持ちます。

子供が英語に触れて一番うれしいのは英語の歌

まず、子供の英語教育は何歳から?

2020年から小学校の授業に英語が教科に加わって教育が大きく変わりました。小学校に上がる前にも英語に触れされるために英語の歌が結構役に立ちます。

実は、️英語を習うタイミングというのがあって、0~3歳、人間はこの時期がいわゆる「脳のゴールデンエイジ」といわれています。

見たもの聞いたものを、すべてをスポンジのように脳に吸収できる時期なのです。その為、英語を始める絶好のタイミングは3歳まで始めるのが良いと言われています。

初めての英語は歌がいい!

歌で聞き覚える事で身につく

初めてお子様が英語に触れる場合は初めての事なのでなかなか馴染めない子もいます。そんな時はママやパパと一緒に手足を動かしながら英語の歌で慣れるのが良いでしょう。

手遊び歌で遊びながら、ママが赤ちゃんの手足に触れてあげることで、親子のスキンシップもとれます。

さらに、手指を使うことで、大脳の感覚野が発達し脳の大部分を刺激することができますし、繰り返す事で自然と英語が身につくと言われています。

おすすめの英語の歌

耳で覚える英語の歌!

では、どのような英語の歌が良いのでしょう。

Grand Old Duke of York

子供を膝や腕に抱き、優しくリズムに乗りながら歌の”when they were up they were up”の時は上げ、”when they were down they were down”の時は下げ、また次の歌の”when they were only halfway up”の時は上げ、”They were neither up nor down”の時は下げます。

体を上げ下げしなくとも、両腕を優しく上げ下げするだけでも良いでしょう。

Eyes, Nose, Cheeky, Cheeky, Chin

歌の”eyes”で目、”nose”で鼻、”cheeky”で頬、”chin”であごを歌いながら触りましょう。お互いに顔が分かるよう向かい合いながら歌えばいいでしょう。

Wind the Bobbin Up

日本の「いとまきの歌」の英語バージョンです。お友達同士手を取り、音楽に合わせて体を一緒に動かします。歌いながら、お友達同士手拍子を3回します。

またその後の”Point to the ceiling,”の歌の部分では天井を指さし、”point to the floor”では床を指さします。

”Clap your hands together, one two three”では”one two three”で3回手拍子し、そして最後の”Put your hands up on your knee.”では手を膝の上に置きます。

遊びの中で学ぶ英語が子供は一番楽しく身につく

パパもママも一緒に学ぼう!!

「おうちで子供が英語に触れる時間を作ってあげたい!」
「これからの時代英語が話せないと!!」

このように思われているパパやママは多いのではないでしょうか!

でも、どうやったら英語が身につくのか悩んでいる方もいるでしょう。

でも、どうやって?

おうちで気軽にできるゲームやアクティビティがあるといいのだけど・・・。実は、お家で簡単にできる英語ゲーム感覚で覚える方法があるんです。

体を動かしながらの英語遊びとは?

親子でゲーム感覚で英語を覚えよう!!

子供が英語に触れる為には子供が楽しいと思える様な勉強方法が大切です。

では、子供と仲良く親子で遊びながら英語を覚える自宅で簡単にできるゲームをいくつか紹介しましょう。

️お家の中で宝探しゲーム

『 I Spy』

「I Spy」は部屋の中にあるものを選び、ヒントを元にそれを見つけるゲームです。ヒントは色でも形でもヒントをだします。

答えがわかったら、回答者はそれに触れて英語で回答します。1つめのヒントでわからなければ、追加のヒントをだし、ほかのゲームや勉強で英単語を覚えてきたら徐々に難易度を高めて遊びましょう。

このゲームは自宅だけでなく、外出先でも楽しめますし、ちょっとした時間でもできるのでぜひ実践してください。

️学校でも楽しめるゲーム

『タッチングゲーム』

子供が、少しずつ英単語に慣れされる為におすすめのゲームです。

日本でのかるたみたいなゲームです。必要なものは数字やアルファベット、イラストの描かれたカードを準備しましょう。用意する手間を省くために、始めはトランプを使うのも良いでしょう。

やり方は、まず全てのカードを表向きにして並べ、そしたらカードの1枚を英語で指定します。

子供は指定されたカードを見つけたら、それを触りながら英語を復唱し、これの繰り繰り返す事で聞いて、探して、見つけたら話すという行動で、遊びながら英単語に慣れていきます。

文字でも覚えるために、カードにスペルを書いてあげるもの良いかも知れませんね。

英語は単語がわかると楽しくなる!!

人気の英語教材

ゲームで単語を覚える方法もありますが、子供向け英語教材も沢山あります。では、人気の英語教材はどの様な物があるのでしょう。

️ミッキーマジックペン

絵本やアクティビティ・カードをミッキー・マジックペンでタッチすると、英単語やフレーズがペンから流れる教材です。

イラストだけでなく音で楽しめ大好きなミッキーのキャラクターなのでら子供は楽しく勉強ができます。ほかにも、ペンから聞こえる質問に対し、イラストをタッチしていく質問モードなどもあります。

️ハッピーイングリッシュ

5つの方法を1年続けることで、ネイティブのように英語をペラペラ話せるようになるという人気の英語教材がハッピーイングリッシュです!

大人が使っても十分楽しめる内容で、親子で取り組んでみるのも良いでしょう。小学生でも取り組める教材から中学3年生レベルまでしっかり身につく内容です

子供が初めて英語に触れる、ステキな英語の絵本の数々

初めは英語の本に触れて楽しもう

最近では小学校の授業にも英語が取り入れられて、英語が身近になってきました。

親御さんも子供が将来、英語が話せるようになって欲しいと考えている方も多いですよね。

パパやママが英語を話せなくても読み聞かせはできる?

絵本を選ぶポイントは!

小さな子供に英語に触れさせたい!と考えているパパやママは沢山いらっしゃいますよね。

そんな時、どんな方法で英語に触れるか悩んでしまいますが、そんな時に役立にたつのが英語の絵本です。

今や英語の絵本はかなりの数あり、子どもたちの大好きなキャラクターが主人公のものもたくさんあります。

しかし、英語と聞くとパパやママも苦手な方もおられますよね。

英語の絵本と言っても、簡単な単語と絵で構成されているものから、ある程度の英単語や文法を覚えていないと読み聞かせできないようなものまで様々です。

そこで、英語の絵本を選ぶポイントとしては、子供も初めて英語に触れるので、難しいものを読み聞かせすることはやめましょう。

初めは、簡単な英単語や絵が沢山載っている絵本を選ぶ様にしましょう。

おすすめの英語の絵本を紹介

子供もパパもママも楽しく英語に触れよう

ステキな英語の絵本は沢山あり、どんな絵本にしたら良いのか迷っちゃいますよね。では、沢山ある絵本のなかで人気な絵本を紹介しましょう。

はらぺこあおむし

子どもたちに大人気のはらぺこあおむしの絵本は英語バージョンも大人気です。

絵本自体もカラフルな色を使っているので色彩も豊富で、英語が苦手なパパやママでも「英語でもよめる」と評判で、日本語でも英語でも読める本で、読み聞かせやすい絵本です。

はらぺこあおむしは二か国語で読めるので、言語による違いを見比べながら読むことができ、大人が興味を持って読むことができる英語絵本です。

だれだれだあれWho are you?

英語に初めて触れるという子供向きの英語絵本です。動物の鳴き声が英語だとどのように表現されるかがメインの絵本で、初めて英語に触れる子供向きということもあって、内容は面白くシンプルです。

特に動物に興味を持っていると絵本の世界に入り込みやすいのでおすすめです。

GALLOP

この本は、仕掛け絵本です。

この絵本は実際に手にとるとびっくり、何か入っているの?と思うような仕掛け絵本です。ページを開くと動物が動きだし、子供はもちろん大人でも驚きの絵本です。

英語の文字の部分は、子どもが興味を示すようなハッキリとした色で書かれ英語絵本だけでなく、日本語バージョン、モノクロではなくカラーなどあらゆるバージョンで出版されています。

パパやママは英語の絵本と聞くと英語が苦手で読み聞かせが出来るか心配になりますが、絵本の中でも絵や単語で簡単に読めるものも沢山あります。

初めて英語に触れる場合は初めから難しい物を選ばすわかりやすい絵本を選び楽しく英語の勉強を進めていきましょう。

子供向けの英語番組で親子で英語を楽しもう

英語番組で子供はどう楽しむ?

最近、小さいうちから子供に英語を習わせる親御さんも増えてきていますし、子供向け英語番組も増えてきているようです。

さて、疑問に思うのが、英語番組で子供は英語を覚えるでしょうか。

皆さんが小さい時まだ日本語が話せなかった時の事を思い出してみてください。生まれてすぐに日本語を話せる赤ちゃんはいませんよね!

両親が一生懸命に目で動物や車を見て「ワンワン」や「ブップ」等などを、一つ一つ話しそれを耳で聞き徐々に話せるようになりましたよね。

それは、日々の暮らしの中で、家族など周りの人たちが話す言葉を「耳から」聞いて、身につけていったからです。

英語もそれと同じで、言語を習得するには、さまざま「目」や「耳から」楽しんで取り組むことで語学が身につくわけです。

子供に見せる英語番組を選ぶポイントは

番組を流しっぱなしはNG

英語番組は沢山あり、どの英語がよいのか迷っちゃいますよね。やはり一番子供が飽きずに見れるのがアニメです!!

そこでアニメを選ぶポイントは、何本が子供に見せた上で子どもが一番興味を持ってくた物を見せると良いでしょう!!

興味をもってくれるものではないと楽しくやっていけないので、親が決めるのでなく子供を重視し決めるのがポイントです!!

見ている時間も長々とテレビで流しっぱなしにするのではなく、30分ぐらいにしましょう。それぐらいであれば、目も悪くならないですし、飽きずに見る事ができますね!!

親も子供と一緒に見る事で見終わったら子供とストーリーを話し合ったり、アニメに出てきたキャラクターや出てきた英語のフレーズなどを親子で会話するのも楽しみの一つです。

子供向け英語番組のおすすめ

子供も親も一緒に楽しもう!!

では、沢山英語番組はありますが、おすすめの番組を紹介しましょう。

おさるのジョージ

おさるのジョージは我が家の子供たちも大好きな英語番組です。日常会話が多くて、そしてなんといっても英語が早すぎないのでききとり易いのでおすすめです。

ミッキーマウスクラブハウス

魔法の言葉をとなえると現れるクラブハウス。ミニーやデイジー、プルート、グーフィーといったおなじみの仲間が繰り広げる楽しいお話です。

歌やクイズも挟み込まれていて、全部はわからなくても簡単な言葉はすぐに覚えられます。ディズニーならではの美しさも子供には良いですね。

GO!GOチャギントン

チャギントンは鉄道アニメで、今では世界中で大人気番組です。擬人化した列車チャガーと人間が一緒に暮らす街、チャギントンが舞台です。

ウイルソン・ブルースター・ココを中心に物語が繰り広げられ男の子が大好きになるの間違いなしです、英語も難しくなく繰り返し見ているうちに英語のフレーズや歌を覚え自然と歌を口ずさんでしまいます。

子供が英語を学ぶために必要な単語をどうして身につけるか

子供の英語学習の必要は?

小学校の授業に英語が教科に加わって、教育が大きく変わってきました。この小学校の英語教育のために、小学校に上がる前にも英語に触れさせたいと思っている親御さんも多いはず!

では、幼児のころから英語に触れて慣れされる為に子供のうちから学ぶ必要がある単語をどんな方法を身につけたらいいのでしょうか。

今までの中学・高校英語の授業では、読解や筆記など、文字の読み書きが中心でした。しかし残念ながら、この方法では英語の文書を書くことはできますが、話す事はできません。

このことから英語を話せる様になる為には、小学校からの英語の授業では、聞き取れるようになることや、話せるようになることを中心した授業なのです。

子供に英語に慣れる方法

英語単語も耳から聞いて覚える!

「将来、英語を話せる様にしたい」と考える親御さんは多いですよね!!

しかもネイティブでない英語を聞かせることによって、間違った英語を覚えてしまう可能性もありますよね!!

ではどの様な方法で子供に必要なの英単語を覚えさせたら良いのでしょう。

︎動画で覚える

なぜYouTubeと言うのYouTubeには沢山見られる海外の子供向け番組や音楽があります。YouTubeはスマホやパソコンで気軽に見る事ができます。

えっ!YouTubeで!!と思われた方もいるでしょう。欧米の子供用番組は視聴者の声が非常に厳しく、ポリティカルコレクトネス(政治的・社会的に公正、中立であること)や多様性が意識されているので安心して見せることができます。

︎単語帳で覚える

単語帳を使って英単語に触れる方法です。単語帳を使えば、イラストと名詞を組み合わせてゲーム感覚で言葉を覚える練習ができます。

「めくる」という動作がともなったり声に出したりと経験することでさらに身につきやすくなりますよ。

単語を身につけるのはいつから?

英語の勉強は早い方が良い

実際に子供に英語教育を始める場合はいつから始めるといいのでしょうか。

子供の脳が物事を覚えるのは0歳から6歳がベストと言われその為、低年齢の頃から英語に触れると覚えが良いと言われております。

低年齢から覚えが良いからとパパやママが焦って一生懸命に教えたとしても、子供が英語に興味を持たない場合などは子供の状況に合わせて勉強を進めていきましょう。

スマホを活用、子供の英語学習に最適なアプリ

スマホで英語勉強、お家で簡単に勉強!

現在、スマホアプリも沢山あり、英語の子供向けアプリで勉強する方も増え来ています。

英語の幼児教育を早く始めさせたい、と考えている親御さんにおすすめのアプリを紹介しましょう。

子供に英語教育を始める年齢については、さまざまな意見がありますが、幼い頃からアプリなどでネイティブの英語を聞かせてあげることで、英語の発音がよくなるという意見もあります。

では、実際にどの年齢から始めるのよいのでしょう。脳は3歳までにしたことがその子供の将来身になると言われています。

0歳から3歳頃までは耳の黄金期と呼ばれ、母国語に限らず、色々な音を聞き取ることができます。ですのでこの時間時期から始めると英語でもぐんぐん吸収します。

しかし、幼い時期に英語を勉強することで、日本語が疎かになるんじゃないかと心配される方もいるでしょう。

確かに帰国子女の言葉の発達を研究した結果で、母国語とサブ言語の両方の発達が遅れてしまうケースも中にはあるようです。

ただ、スマホのアプリを1日中流しっぱなしにするような使い方をしなければ、日本語の発達が遅れる心配はないという結果がでています。

子供におすすめのアプリ

これで英語を楽しく学べる!

子供に勉強させたいけどスマホアプリが沢山ありどれにしょうか迷っちゃいますよね。しかも無料のものもあれば有料のものもあります。

ではおすすめアプリを紹介しましょう。

楽しくABCフェニックス

こちらのアプリは無料で、まるで教育テレビを見ているような、かわいい歌とアニメで楽しく英語を学習できるアプリです。

アニメと一緒に、アルファベットの歌が流れてきます。親子で歌を口ずさむうちに、お子さんも自然と英語が好きになるの間違いなしです。

Fun English

3歳から10歳のお子様向けに作られたアプリで、言語学習の専門家がデザインしています。

パズルやカードゲームなど感覚で英語を勉強。音楽と発音音声で、正しく英語を覚えられます。親子で一緒に勉強してみてくださいね。

英語コアラのマーチ

あのお菓子で有名なコアラのマーチが英語アプリになったものです。あのビスケットそのものに英単語がプリントされているのです

お菓子とアプリを連動させて、おやつタイムに楽しく勉強ができるアプリです。

スマホアプリはまだまだ沢山あります。今回紹介したアプリはほんの一部になります。スマホでゲーム感覚で勉強するとお子様以外にもパパやママも楽しく英語を勉強できます。

子供の英語で聞き流し学習に効果があるのか

子供の英語の聞き流し学習とは?

小学校の授業も英語を取り入れているので、子供の英語の勉強に注目が集まっています。

さて、子供に英語を習得させるための方法のなかでも「英語の聞き流し学習」があります。そこで疑問に思うのは、英語を聞き流しだけで身につくかです。

子供に聞き流し英語はやらない方がいいのか

聞き流しでは英語を覚えない?

実際に聞き流し学習にはいろいろな意見があります。では、聞き流し英語を習得する上で沢山の理由があります。

英語の聞き流しだけを続けていても、なかなか英語力が伸びないという意見があります。なぜ、そのように言われるのか理由を見てみましょう。

理由その1、

まずは、レベルに合っていない学習方法を行っている可能性です。たとえば、大人の英語学習に用いられる教材を子供に使い理解ができていない可能性があります。子供でも理解できる内容のものを選ぶことが重要です

理由その2、

人間の脳は理解をしていない言語や言葉は脳は雑音として認識し処理しているといわれています。子供が英語を全く理解できていないことから、脳では雑音と判断され内容を理解していない可能性が考えられます。

もし、聞き流しで子供に英語を覚えさせたいのであれば英語の歌ばかりではなく、聞き流しと同時に文章を通して英語の発音やイントネーションも勉強をするとさらに覚えが上達します。

英語の勉強をするなら早い方がよい!!

脳の活性化は乳幼児から始まる!!

実際に子供に英語を教える場合に一番良いと言われている時期は、乳幼児期に進めると英語の聞き流しが効果的といわれています。

何故、乳幼児期が良いと言われているかと言うと、乳幼児期は耳や脳が柔軟です。その為、英語に触れさせて慣れるが早いと言われております。

次に、乳幼児期の子供の脳には、あらゆる言語を習得する能力があるからです。さらに、英語耳を養うためにも乳幼児期に英語の聞き流しはおすすめかもしれません。

小さな音で英語を聞き流すと右脳の発達したり、右脳の働きには、無意識のうちに物事を理解する能力がつくと言われており、乳幼児期の英語の聞き流しも右脳を育てるきっかけになるのです。

ただ、子供の英語の聞き流し学習には様々な意見があります。聞き流しでなくとも、英語学習を小さいうちから行うことで自然と英語を聞く耳を持ち、自然と英語を覚えていきます。

子供が嫌がる、英語学習におけるNG

子供が勉強を嫌がる理由は「強制」

子供がなかなか勉強をしない時についつい口に出てしまう「勉強しなさい!」という言葉です。

いくら繰り返したところで子どもがやる気を出すようにならないのはわかっていても、黙っていられない!というのが親御さんの気持ちでしょう。

では、子供が嫌がる英語学習についてやってはいけない事は何でしょう。まず子供が英語の学習が嫌いになる理由から見てみましょう。

・️英語の勉強がつまらない
️・家で勉強を強制させられる
️・将来何の役に立つか分からない

などの理由があげられます。

親がやってはいけないNGの行動

しっかりと親も子供を理解し見る事が大切!!

子供が英語を習得する上でやってはいけないNGな行動をあげて見ましょう。

︎分からないという状態を放置し続ける

例えば数学や英語などの積み上げ教科であれば、既習の知識も活用しなければ理解が困難なので、あっという間に分からない部分が増えてきてしまいます。

そうなると、理解できなくなり挫折してし勉強が嫌になります。そうならない為にもできるだけ早い対処し親や周りの人が無条件に勉強を教えましょう。

︎他人と比較される

他人と比較するというのは、場合によっては、かなり深い傷を子どもの心に残す可能性があります。

・「⚪︎⚪︎ちゃんは、毎日勉強をしている」
・「あなたのお姉ちゃんは、勉強の出来がとてもよかった」

ついつい比較をしてしまいがちですが、比較をするという行為は、子どもに劣等感を強く植え付けてしまいます。

嫌がらずに英語の学習をする為に

子供のモチベーションを上げるための方法!

習い事を嫌がることが治った後の再発防止、もしくは今後習い事を始めようと思っている方のためにもそ嫌がらないようにするためのポイントがあります。

大人も子供も同じですが、ものごとをしっかり継続して取り組むためには、モチベーションの土台が大切です。

まずは、習い事へのやる気のあった時の気持ちを忘れないようにする事が大切です。

習い事を続ければこんなにいいことがあったことや習い事の楽しくてワクワクするような部分について日頃から一緒に話し子供のモチベーションを高めてあげましょう。

親御さんが日頃から色々と会話をしてあげると良いでしょう。

最後に、子供にネイティブ並みの英語力をつけさせるには

あらゆる分野での国際化が進んで、英語力の必要性もますます高まっていきます。

これからのグローバル社会においては、英語の必要性はいうまでもありません。

そんな時代において、多くの親が子供の早期英語教育について考えていることはどういうことでしょう。

・子供の英語力をネイティブレベルにしたい
・英語を自由自在に使いこなせる子供に育てたい

そんなふうに思っている親は少なくはないでしょう。
しかし、現実に学ぶのは子供です。その子供の英語力を上げるために、本当に必要な課題は何なのでしょうか。

これを履き違えると、たんなんる習い事で、結局、ああいうこともやったよね、で現実には、何の力にもならなかったと後悔することになるでしょう。

英語教育を始める年齢については早ければ早いほうがいいといえるのですが、これは、脳の仕組みから言えることです。

一般的に人間は0歳から10歳位までが言語感受性期で、この時期を逃さないためにもできるだけ早めに英語に触れたほうが効果的といえるわけです。

しかし、結局、子供がその気になって学ぶかどうかは、また別物なんですね。

できれば、早い年齢から英語環境を作り、たくさんの語彙をインプットして、英語脳育成の基礎を叩き込めたらいいでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク