子供の目が輝く絵本の読み聞かせ、いつから始めても何の問題もない!

子供へ絵本の読み聞かせてはとても大切!!

子供への読み聞かせがどれだけ大切か

子供にとって大事といわれる絵本の読み聞かせ。

子供の成長にとってどんなメリットや効果があるのでしょうか?

また、いつから読み聞かせを始めればいいのでしょうか。

さらに、実際にどんな絵本を選べばいいのでしょうか。

実際に、結構悩んだりするものです。

というわけで、子供への絵本の読み聞かせての時期や、もし読むとしたらどんなストーリーが良いのかかが得てみたいと思います。

絵本の読み聞かせてはいつからスタートすればよいのか?

絵本を読むことで子供へのメリットは?

子供への絵本の読み聞かせは、会話やふれあい遊びなどのコミニュケーションの1つともいえます。

始める年齢によっては読むというよりも、読み手と一緒に過ごす時間にもなります。

では、実際に絵本の読み聞かせはいつから始めたらよいのでしょう。

子供の絵本の読み始めには正直「どれが正解」ということはありません。読み聞かせの時期はパパやママが読み聞かせを始めてみょうかなぁ!と思った時期に始めるのが良いのです。

【読み聞かせを始める時期】

① 赤ちゃんがおなかにいるうちから!

妊娠がわかり、妊娠7~8ヶ月の頃から胎教として読み聞かせを始める方もおります。まだお腹にいる赤ちゃんは話の内容はわかりませんが、ママさんの声を響くことで赤ちゃんが安心するという考え方です。

②生まれてすぐに!

生まれたばかりの赤ちゃんは寝ている時間が多いので、赤ちゃんに寄り添いながら子守唄のかわりに絵本を読む方も多くおります。

③生後3ヶ月程度から

生後3ヶ月頃になると、視覚や聴力が発達しはじめます。このくらいの時期から読み聞かせを始めるとこの頃はから色や音を判別できるようになっていきます。

では、早いうちから絵本の読み聞かせは大切な事はわかりましたが、子供にとってのメリットはどんな影響があるのでしょう。

絵本の読み聞かせの効果は4つあるといわれています。

① 親子のふれあいで愛情が深まる
② 子供の想像力とコミュニケーション力を育てる
③ 子供の言葉・表現力が磨かれる
④ 読書好きになって総合読解力がアップ

子供への絵本の読み聞かせには沢山のメリットがあります。ママが絵本を読み聞かせる事で、いろいろな言葉を覚えるたり表現力も豊かになります。

また、読み聞かせをしている間はジッとしているので、集中力が身につきます。さらに、絵本の読み聞かせを通して親子の絆が深まります。

子供への読み聞かせにぴったりのストーリー

おすすめの絵本を紹介

いざ子供に読み聞かせを始めようと思ってもどんなストーリーの物を読んであげたら良いのか迷っちゃいますよね!!

そこで子供におすすめの絵本を紹介しましょう。

「はらぺこあおむし」


卵から生まれたあおむしが、たくさんのものを食べて成長し、蝶になるまでの様子が描かれた絵本です。全世界で累計3,000万部を超えるベストセラーの絵本です。

「ぐりとぐら」


ぐりとぐらは、日本を代表する絵本の1つです。1967年の発行から40年以上経った今でも、老若男女問わず幅広い世代から人気を集めている超ベストセラーです。
私も小さい頃、よく読んでいた絵本の1つでとても大好きでした!

「三びきのこぶた」


繰り返しの展開・リズムが読み聞かせに適していて、子供にも理解しやすい内容です。ラストシーンが残酷だという意見もあり、賛否両論ありますが、物語としてはとても面白い本ですから、是非読んであげたい一冊です。

まとめてみると

さて、あなたも、子供の読み聞かせについて考えてみたと思います。

このように、子供への読み聞かせは子供とパパ、ママとのコミュニケーションの一つです。読み聞かせで子供との愛情もふかまります。

まだ子供に読み聞かせを始めていないという方は絶対に始めるべきだということです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク