プレタポルテの意味とオートクチュールとの違い、高級仕立て服の値段

プレタポルテとオートクチュールの意味の違いは?

この2つの言葉はどの様に使い分けるのか?

よくファッション雑誌やファッショーなどでプレタコルテやオートクチュールなど書いてあったりしますが、よく意味合いを知らないという方も多いですよね。

この2つの言葉についてどんな意味合いがあるのか調べてみます。

◼️プレタポルテ(Pret-a-Porter)

“高級既製服”といえ意味合いをもつフランス語です。

英語では「Ready-to-Wear」と訳され、オートクチュールのように注文後のフィッティング作業などがなく、”すぐに着ていける”といった意味がプレタポルテにはあります。

オートクチュールより安く提供され、1970年前後からイヴサンローランなどが提供しています。

◼️オートクチュール(haute couture)

“高級注文服”というような意味のフランス語です。

一つ一つの作業が、注文客を店に招いて本人をモデルにし何度もフィッティング作業が行われようやく完成する世界に一つだけの服の事をオートクチュールといいます。

一つ一つその注文客に合わせて作るため価格もプレタポルテの服よりも高く、4大コレクション(パリ/ミラノ/NY/ロンドン)の中で、オートクチュール部門のショーが正式開催されているのはパリコレのみなのです。

よく聞くオーダーメードとオートクチュールの違い

オーダーメードの意味

よくオーダーメードと聞きますが、実際やなオーダーメードとオートクチュールの違いがイマイチだピンときませんよね?

「えっ!オーダーメードとオートクチュールは一緒じゃないの?」実はオーダーメードとオートクチュールは一緒なのです。

オーダーメードは英語でオートクチュールは先程もいいましたがフランス語の違いだけなのです。

オーダーメイドとはある一定のデザイン・サイズ・素材の見本がある中から、カスタマイズして発注主の採寸を元に調製して仕立てた服や装飾品のことをいい制服・店売りのウェディングドレス・スーツ等もこれに含まれるオーダー品としては安価なのです。

オートクチュールで高級仕立ての値段

有名ブランド品は結構な価格がする!

オートクチュール品として有名なのが、シャネルやクリスチャン・ディオール、といった有名ブランドが有名です。

オートクチュールの価格もピンからキリまで。高級プレタポルテと同等の価格帯からクルーザー一台、高級車一台、あるいは高級マンションが購入できるくらいのものまであります。

オートクチュールはデザインも注文客のみのデザインで作るため高額な洋服もあるのです。

オートクチュールはデザイン権やもちろん素材は最高級で刺繍や飾りなど職人芸が施さるオートクチュールそれらの技術も価格の一つに入っているのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク