電車の上りと下りの決め方、ホームの番号の付け方にもルールがある?

電車の上りと下りを間違えないために

電車の上りと下りの決め方について

電車の専門用語に上り線、下り線という言い方があります。他では使わない独特の言い回しなので、少し混乱する人もいるでしょう。

朝の通勤、通学時に上り線だけ止まっていると言われて、自分が乗る電車なのか迷う人もいるのではないでしょうか。電車の上りと下りの決め方は、一体どうなっているのでしょうか。

鉄道には起点と終点という考え方があります。例えば東海道新幹線であれば東京が起点で新大阪が終点です。

起点から終点へ向かうのを下り、反対に終点から起点に向かうのを上りといいます。この場合、新大阪から東京に向かう方が上りで、東京から新大阪に向かう方が下りとなるのです。

東京に向かう方が必ず上りではない

山手線の上りと下りについて

首都圏の電車であれば、東京方面に向かう方が上りで、その逆が下りと考えがちです。しかし、すべての電車が東京駅に乗り入れている訳ではありません。

原則として大都市に近い方が起点という風に考えればいいと思います。

では、山手線のように環状になっている路線はどうでしょう?山手線にも起点と終点は存在します。起点が品川駅で、終点が田端駅です。

しかし、山手線には田端駅と品川駅の間に12の駅が存在しています。それらの扱いはどうなるのでしょうか?

山手線では品川駅から田端駅に向かう方を外回りといいます。これが下りに当たります。その逆に田端駅から品川駅に向かう電車を内回りといいます。これが上りのことです。

そして田端駅から東京駅までの区間は東北本線に乗り入れという扱いにしています。そのため田端駅から東京駅は東北本線上り、東京駅から田端駅は東北本線下りとなります。

また東京駅と品川駅の区間は東海道本線に乗り入れという扱いにしています。そのため東京駅から品川駅の区間は東海道本線下り、品川駅から東京駅の区間は東海道本線上りとなるのです。

営業管轄で分けられる場合

JR中央本線の場合

JR中央本線は、東京から塩原を経由して名古屋までの区間です。先ほどの考えで行けば、東京駅から名古屋駅に向かう方が下りで、名古屋駅から東京駅に向かう方が上りということになります。確かに起点は東京駅で終点が名古屋駅となっています。

しかし、実際には名古屋駅から塩原駅までが西側の運行上の下りで、塩原駅から名古屋駅が西側の運行上の上りとなっています。

また塩原駅から東京駅の間が東側の運行上の上りで、その逆が東側の運行上の下りとなっているのです。このように1つの路線に複数の上りと下りが存在する場合があります。

これは、塩原駅から名古屋駅の区間はJR東海の管轄、塩原駅から東京駅の間がJR東日本の管轄という風になっているからです。

また最近では東京メトロのように起点と終点を持っているのにも関わらず、上りや下りと表現しない路線も増えてきています。

駅のホームの番号の付け方について

ホームの番号について

ホームには1番線、2番線など番号が振られています。しかし、この番号に関する法律はありません。ですから、実際には運営している会社が自由に決めることができます。

かつて東京駅では丸の内側から順番に1番線から15番線までの在来線が存在していました。東海道新幹線が開業した時には16番線から19番線を使用。

その後、在来線のホームを減らして14番線と15番線を作りました。ここまでは、線路の順番とホームの番号が一致していたのです。

その後、長野新幹線(現在の北陸新幹線)の開業に合わせて、新幹線のホームを20番線から23番線とすることに決めました。また、それまでの12番線と13番線は22番線と23番線に改められました。

このように、今では知ることができない経緯で不思議な番号が存在するケースもあるのです。京都駅では1番の乗り場がなく、0番乗り場が存在するのも、路線の拡張などによる影響のためなのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク