天然酵母の作り方とは、レーズンやヨーグルトを使って簡単に作るには

天然酵母とは?

天然酵母とイースト菌の違い

今、自宅でパン作りをする人が増えていますが、そこで欠かせないのか酵母菌です!!

よく酵母菌と聞くけど実際どんな物なのか?イースト菌との違いがよくわからないと言う人も多いはず!!

では、天然酵母についてお話ししましょう。

◼️天然酵母とは?

天然酵母は、パンをふくらませる為のもので天然酵母には、ドライイーストと同様に使える粉末タイプやドライフルーツなどから作る自家製のものなどがあります。

よくイースト菌もパン作りには欠かせませんが、天然酵母とイースト菌の違いはあるのでしょうか。

天然酵母とイーストの最大の違い

・イーストはパン作りに適した酵母を1種類のみ人工的に集め培養したもの
・天然酵母は様々な酵母菌が混ざりあった状態でパン作りの酵母としたもの

天然酵母とイースト菌には決定的な違いがあったんですね。

天然酵母のデメリット

天然酵母で作るパンは時間がかかる

では、天然酵母で作るパンにはどの様特徴があるのでしょう。

【メリット】

・添加物が無い
・自家製で作れる
・パンが日持ちする

【デメリット】

・発酵に時間がかかる
・発酵時間が一定ではない
・作った後の管理が難しい

天然酵母にはこれらのデメリットがあります。さらに、天然酵母は作った後できれば毎日かき混ぜたりエサを足したりいなければならないそうです。

また、酵母に雑菌が入っじまうと酵母が死滅してしまいパンを作った時に思うように膨らまなかったりと、初めて天然酵母を作る場合には慣れるまで感覚を掴むのが難しいとも言われています。

もちろんパンを作った時に天然酵母とイースト菌を使って作るパンの味にも違いがあります。天然酵母で作ったパンは少し酸味があります。

しかも、天然酵母で作るパンはモチモチとした食感ですのでイースト菌で作るパンより腹持ちが良いのです。

自宅で簡単にできる天然酵母の作り方

レーズンやヨーグルトで簡単酵母!!

自宅で簡単に天然酵母を作る場合、みなさんがよくご存知の食材で簡単に作れちゃいます。

なんが天然酵母と聞くといろんな物を混ぜ合わせて作るイメージですが、実はレーズンとヨーグルトで簡単に作れます。

◎レーズンでの作り方

材料

・レーズン 100g
・酵母液を作る容器(空のペットボトルや空き瓶など)

方法

1.レーズンをさっと水で洗う
2.洗ったレーズンを煮沸消毒した容器に移し、レーズンが完全に隠れる程度に水を入れられる
3.酵母液が出来上がるまで毎日、日に何度か容器を振り、フタを外して空気に触れさせる。
4.約6時間程時間を置いたらレーズンが水を吸い浮いてきたらまた水をたす。またこれを1日だったら繰り返す
5.さらにここから3日程経つとレーズンも膨れ上がり白い泡が出ます。さらに日にちを置くと泡もなくなりレーズがスカスカになったら出来上がりです。

レーズンで作る天然酵母はやく1週間程で完成します

◎ヨーグルトでの作り方

材料

・プレーンヨーグルト
・砂糖少々

方法

1.煮沸消毒した瓶にプレーンヨーグルトを入れる。
※煮沸消毒した瓶は、室温で冷ましてから使ってください。(酵母菌は熱に弱いから。)
2.砂糖を小さじ1ほど入れ、瓶の口から約1㎝ほどの位置まで水を入れ、蓋を閉めよくふる
3.このまま数日常温で置き、1日に数回良く振って蓋をあける。
※蓋を開ける際は、小さな気泡がしっかり立ち終わるまで蓋を開けておき、鎮まってから蓋を閉める。
4.その後冷蔵庫で数日間ほど寝かせ熟成をしたか確認をしてから使う

レーズンで作る天然酵母は少し時間がかかりますしレーズンはオーガニックのものなどを選ばないといけません。

その点に比べてヨーグルトはスーパーたので簡単に手に入りやすく簡単に作れますので初心者にはおすすめです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク