九星気学の本命星、性格や相性、方位の良し悪し、的中率も大きい | 新常識発見で気分爽快!

九星気学の本命星、性格や相性、方位の良し悪し、的中率も大きい

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

九星気学とはなに?!

古代中国の易経において最古といわれている!

九星気学とは、生年月日から割り出される干支、火、水、土、木、金からなる五行説を組み合わせた占いのことを言います。

九星気学は生まれた年の空気を「数字」「色」「五行」でシンプルに表しているためとてもイメージがしやすいと言われています。

相性を調べる時も、イメージで捉えることができるので占いに適しています。

運勢や相性、方位の吉凶を知るための占術として生み出されたんですね。

「九星」」という文字から東洋占術の一種だと思われていますが、星座ではなく9種類に分類されたエネルギー(気)と意味出そうです・

その中で年と月が運勢に大きく関係すると言われているんです。

生年によって定まる九星を本命星、生まれた月によって定まる九星を月命星といいます。

本命星で性格や相性

お互いの相性の良し悪しとは?

九星気学は人を9パターンに分けて占うため、的中率も大きいと言われています。

九星気学は陰陽五行をもとに相性を占います。

五行説は古代中国で通説となって伝わっている考え方なんですね。

簡単にいうと、万物は木、火、土、金、水の5つで構成されておりそれぞれが影響しあっているという考えです。

水は木に養分を与え、また金は溶けると液状になり、同じように木は燃えて火の燃料となり、火が燃えると土を強くします。

土の中から金は生まれ、この五行の関係性がそのまま九星気学でみる相性にあてはまるわけです。

逆に相性の悪い本命星は自分と真逆の本命星になるということです。

方角に関しての相性は、それぞれの本命星が属する方位とその年の凶方位、凶神の位置を方位盤から知ることによって避ける方角が分かるそうです。

いい方位で出会う人とは相性も良くいい出会いが期待できるわけです。

九星気学の真実

干支や五行説を組み合わせた占い!

相性や自分の性格を知るのに適してる占いですが、他にもいろいろあります。

・引っ越しや旅行などの方角や
・パワーチャージのために行くべき吉方位を知りたい時

などにも適してる占いです。

これから旅行や引っ越しを考えている人などは、一つのアドバイスと思い占ってみるのもいいと思います。