タワーマンションの人気と評判のわけ、メリットとデメリットとは | 新常識発見で気分爽快!

タワーマンションの人気と評判のわけ、メリットとデメリットとは

憧れの駅近タワーマンション

あまりの人気に手が出せない

圧倒的な眺望が魅力で人気が衰えないタワーマンション。

人気の理由は、ホテル並みの充実した設備、コンシェルジュサービスや高度なセキュリティと多くの魅力があ流ことでしょうか。

そこには、居住する人のステータスを高め、ブランド価値といったものを誇示できる、といった側面もあるようです。

なぜタワーマンションに住みたいのか

眺望がいい、夜景が美しい

その最大の人気の理由が、高さによって得られる眺望です。

さらに、高層階を選択すれば、自分たちだけの夜景を楽しめるわけです。

共用施設が充実している

入居者だけが利用できる便利な施設やサービスが充実しています。

フィットネスジムやプール、キッチンスタジオやシアタールームといった趣味を楽しめる施設です。

また、バーラウンジやゲストルームといった設備もあったりして、人気の理由になっています。

駅に直結している

駅前の再開発として開発された物件が特に人気です。

駅に直結していたり、地下鉄の出口から直結していたりします。

また、1階がテナントスペースで、コンビニやスーパー、クリーニング店が入っていたりすると、便利さから人気が出ます。

資産価値が落ちにくい

資産価値が高いので、資産運用として所有する人にとっても意味があるのです。

特に、人気のエリアでは、長期間にわたって高い資産価値が維持できると言われています。

相続税が安い

マンションは土地部分を全住戸で割るので土地価格部分が小さくなります。その結果、評価額が下がります。

タワーマンションになると、さらに1住戸当たりの土地の持ち分が小さくなるので、大きな効果が期待できるというわけです。

意外と多い、デメリット

メリットに目を奪われてしまう

タワーマンションが高層であるということから生まれるデメリットもあるようです。

どうしても発生してしまうことに、しっかりと目を向けておく必要があるのです。

エレベーターが来ない

20階、30階といった多くの階に、たくさんの人が住んでいます。

すると、朝の通勤通学時間帯に一斉に動き出すことになり、エレベーターが混雑することになります。

これが結構ストレスになります。時間に余裕を持って行動する必要があるのです。

世帯数が半端じゃない

タワーマンションには、たくさんの人が住んでいます。他人の存在が把握できず、近所付き合いも難しいのです。

地震の揺れが大きい

タワーマンションという建物は地震対策には制振、免振といった技術が使われていて、自身には強いと岩rています。

しかし、この仕組みは、揺れに耐えるというより、うまく揺れることでそのエネルギーを逃がすというシステムなんです。

その結果、ちょっとした地震でも揺れることになります。さらにその揺れの時間も長く続くのです。いわゆる長周期振動です。

これは、地震が収まり建物の揺れが停止しても、揺れているような感覚が残っている、という経験をする人がいます。