マンションとアパート、ハイツ、コーポの違い、呼び名のもつ意味は | 新常識発見で気分爽快!

マンションとアパート、ハイツ、コーポの違い、呼び名のもつ意味は

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

家を借りる時、名前がちがうけど

マンションとアパートとの違いは?

マンションやアパートを借りるときに特にアパートに多い呼び名でハイツやコーポとつくものを目にしますね。

一体これは何の意味を持つのか不思議に思ったことってありませんか?

いったい、マンションとアパートの違いや名前はどうなっているのでしょうか。

【マンションとは】

マンションとは鉄筋コンクリート造で、重量鉄骨造などで建てられた3階建て以上の物をマンションといいます。アパートよりも規模が大きく丈夫な構造になっているのが特徴です。

【アパートとは】

アパートは一般に木造や軽量鉄骨造などで2階建て以下の物をアパートと呼びます。

マンションやアパートのメリットやデメリット

新しい建物だからといってマンションとは限らない!!

先ほども書きましたが、マンションとアパートは見た目が古いからアパートと言うわけではなく、建物の構造や2階以上あるものがマンショックと呼び名が変わる事は分かりましたね!

では、それぞれにはメリットはあるのでしょうか。みてみましょう。

◎マンションのメリット

メリットその1

防止性に優れている

・鉄筋コンクリート造や鉄骨鉄筋コンクリート造で作られている為、生活音はほとんど気にならず、気密性が高く断熱効果も高いため、冷暖房の電気代を節約することができます。

メリットその2

管理がしっかりしている

最近のマンションはオートロックのエントランスや防犯カメラ、管理人が常駐しているなどのセキュリティがしっかりしている。

メリットその3

宅配Boxもしっかりしている

宅配ボックスもロック式や24時間利用可能な住人専用のごみ出しスペースなど利便性がたかく、手紙など盗まれる心配がない。

✖️マンションのデメリット

デメリットその1

家賃が高い

マンションは管理人が在住している所が多く、セキュリティがしっかりしておる為アパートよりも家賃が高い傾向にあります。

デメリットその2

近所付き合いが少ない

マンションは部屋数も多く住人が多いので住人同士の触れ合いが少ない

デメリットその3

結露が激しい

マンションは機密性が高い為、冬や夏は結露がすごい為換気が必要。

◎アパートのメリット

メリットその1

マンションより家賃が安い

アパートはマンションに比べて管理費などが必要ない為家賃はマンションよりは安いのがメリットと1つです。

メリットその2

駐車場が近い

アパートはエレベーターがない為エレベーターを待つ時間がなく駐車場も近い為、沢山買い物をした場合など直ぐにお部屋に着くことができます。

メリットその3

収納スペースが多い

アパートの場合は押入れが付いている物件が多くありマンションのよりも収納スペースが豊富です。

✖️アパートのデメリット

デメリットその1

火事になったら大変

アパートは木造建築の為、RC構造に比べて火災になったときに危険です。

デメリットその2

耐震性が弱い

アパートを選ぶ場合は耐震補強を行っているか確認しよう。新耐震基準が適用された1981年より前に建てられた物件は、耐震補強を行っていない物件もあるので注意しましょう。

デメリットその3

防音性が低い

マンションのように鉄筋で作られていない為、テレビの音や会話が隣の部屋に響く可能性がある。

マンションとアパートではそれぞれのメリットやデメリットがあります。

ハイツやコーポ

マンションやアパートの名前は誰が付けるの?

コーポとハイツなどよくマンションやアパートの名前についていますがこれらにはどような違いがあるのでしょう。

更に、それぞれどのような意味があるのかみてみましょう。

コーポとハイツについても特に定義はありません。

一般的にコーポは木造や軽量鉄骨造で2階建ての共同住宅を指し、ハイツは主にプレハブ軽量鉄骨造の2階建て共同住宅の事をいいます。

構造上はアパートでアパートの名前を付ける際に「コーポ○○」、「○○ハイツ」と付ける場合が多くあります。