歯周病とは?しっかり予防すれば、自分の歯を守ることができる

予防を考えて治療もできる

歯周病を防ぐのは一生の問題

歯周病対策として、まず、ブラッシングで口の中をきれいにして、歯周病の原因となる歯垢を取り除くことが第一でしょう。

さらに、ブラッシングだけではとれない奥歯や歯間部の歯垢は、デンタルフロスや歯間ブラシ、液体ハミガキや洗口液の使用といろいろと対策は考えられます。

要は、それを毎日、きちんとやるかどうか。その習慣こそが歯を守ることにつながるんだと言うことです。

歯磨き以外にも予防対策

生活習慣も重要な危険因子だと言われています。喫煙、慢性疲労、ストレス、噛まずに食べる、間食が多い、夜ふかしをするといったことが続くのはどうでしょう。

さらに、歯周病は全身状態とも深い関係があるんですね。だから、歯周病と全身状態の両方をうまくコントロールすることも予防になると言えそうです。

歯磨きを見直す

1.歯周ポケットを内部まで浸透殺菌

実は、歯周病菌の巣は強力なバリアになってるんです。したがって、その中にまで入り込まないカギ路は歯周病菌を根絶やしにはできません、.

そこまで入り込んで内部まで浸透殺菌するような薬用成分がIPMP=イソプロピルメチルフェノールです。これが入ったハミガキやデンタルリンスを選ぶことが重要です。

2.歯周ポケットの汚れをかき出す道具

歯周ポケットはとても狭くて深くなっています。そのため、普通のハブラシではなかなかハブラシの毛先が歯周ポケットの奥まで届かないのですね。

歯周ポケットの奥の歯垢までキレイにかき出すためには、超極細毛のハブラシを使うことがじゅうようなんですね。

3.歯周病菌をよせつけない習慣

歯周病菌を殺菌するだけでは不十分です。歯そのものを守るために、コーティング剤を配合しているハミガキやデンタルリンスを使用します。

歯医者に行くのは予防

最近の歯学会でも普及してきた予防の考え

1.歯ぐきの腫れや出血のチェック

歯周病菌の出す毒素によって歯を支える骨である歯槽骨がダメージをうけていないかレントゲンを確認してもらいます。

2.歯周ポケットの深さを測定

歯周ポケットの深さを測って、歯周病の度合いを見ます。健康な状態では深さは1~2mm程度、重度の歯周病になると、深さが6mm以上になっているそうです。

3.歯石の除去

固まった歯石は自分で磨いても取り除くことはできないのですね。歯科医院で定期的な検診を受けて、歯石を取り除いてもらいましょう。歯周ポケットの中もキレイにしてもらえます。

4.歯周ポケットケアを学ぶ

毎日のセルフケアで歯周病予防をめざします。自分に合った歯みがき方法のアドバイスをしてもらえばいいでしょう。もちろん、定期的に歯周病検診を受けることが一番重要です。

80歳で20本の歯を残す

8020(ハチマルニイマル)運動とは

いつまでもおいしいものを食べ続けたい、その思いを実現させるためには元気な歯が必要になります。それは、日々の手入れによって実現できます。

1989年に始まった運動

当時の厚生省と日本歯科医師会が推進している運動です。80歳になっても20本以上自分の歯を保とうという、とってもわかりやすい目標です。

もともと、人間の歯は全部で32本あるのが通常です。そうなると、20本以上というのは結構低い目標に聞こえますね。

また、20本の歯があれば、食生活にほぼ満足することができるらしく、その基準で生涯、自分の歯で食べる楽しみを味わえる、との願いが込められています。

年を取ってからでは遅すぎる

楽しく充実した食生活を送り続けるたいのなら、生まれてから亡くなるまでの全てのライフステージで、健康な歯を保つために何が重要かを知る必要があります。
次第に達成率は上昇しているけれど
8020達成率は、運動開始当初は7%程度でそのころの平均残存歯数は4~5本という現状でした。

2005年には、80歳~84歳の8020達成率は21.1%まで上昇しています。さらに2007年では、25%を達成しているそうです。

かけがいのない、自分の歯を失わないために

歯を失う原因で最も多いのが歯周病なんですね。この病気は、初期を含めると成人の80%以上がかかっているそうです。

仕事の忙しさにかまけて暴飲暴食や不規則な生活などを繰り返すうちに、その生活習慣の乱れが歯周病につながっていくといわれています。

個々の自覚がとても大事なんです。予防はやる気から始まるといっていいでしょう。

1.歯磨きの習慣を正す

2.歯周病菌を減らす努力

3.歯科医院に定期的に通う

この3つを意識して、8020を成功させましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする