歯周病と全身疾患の関係とは?歯周病菌が傷口から侵入する

口の中の問題がなぜ全身の問題に?

歯周病が全身にもたらす影響、また全身が歯周病に与える影響について

歯周病菌は、腫れた歯肉から簡単に血管内に侵入していきます。そして、全身に回ることになるんです。

血管に入った細菌そのものはそこで死滅するんですが、歯周病菌の死骸の中に残っている内毒素が、血糖値を引き上げ、糖尿病の原因になるそうです。

また、血糖値が高い状態が続くと、いろいろな合併症が起こってしまいます。そこで、歯周病は糖尿病の合併症ともいわれるんです。

歯周病の治療が進むと、炎症が改善するので、毒素がなくなり、インスリンが働きやすくなります。それによって、血糖値が改善するということなんですね。

歯周病と関連があると言われている症状

糖尿病

先ほど、説明したとおりで、糖尿病と歯周病は深い関連があります。

糖尿病は、血糖を下げるインスリンが足りなくなったり、うまく作用しなくなることで、高血糖が続く疾患ですね。糖尿病の人は、糖尿病でない人に比べて歯周病になるリスクが高いわけです。

心内膜炎

口腔疾患や歯科処置後の菌血症が原因になって、心臓の内膜に炎症が生じます。歯周病原菌の検出も多く報告されているそうです。

早期低体重児出産

妊娠中の女性で歯周病の人は、そうでない人に比べて低体重児出産や早産する確率が高いそうです。

つわりによって口腔の衛生状態が悪くなり、歯周病にかかりやすくなるためです。そして、歯周病による炎症性物質がへその緒を通じて胎児に影響するといわれています。

誤嚥性肺炎

加齢によって生理的機能が衰えると、自分の唾液や食べ物が誤って肺に入ってしまうのです。そのときに肺炎を起こすのですが、その原因として、歯周病菌が多いと言うことです。

骨粗鬆症

全身的に骨が弱くなるのが骨粗鬆症ですが、歯を支える歯周組織も弱くなります。歯槽骨が弱くなると歯周組織の破壊が進みやすくなります。

血栓を作る歯周病菌

血管系の病気のリスクが上昇

歯周病の原因菌の刺激によって、動脈硬化を誘導する物質が出ます。それが血管内にプラークとよばれる脂肪性の沈着物ができてしまい、血液の通り道が細くなるのです。

狭心症・心筋梗塞

プラークがはがれて血の塊ができてしまい、それによって、細い血管が詰まってしまいます。

心臓でそれが起こると、心筋梗塞になり、死に至る可能性が固くなります。

脳梗塞

脳の血管にできたプラークが詰まったり、頸動脈や心臓から流れてきた血の塊やプラークが脳血管に詰まってしまって脳梗塞になります。歯周病の人はそうでない人の2.8倍脳梗塞になりやすいというデータもあります。

歯周病予防は歯科医の指導から

全身の健康と歯科の深い関係

歯肉の炎症が全身に多くの影響を与えることが、最近の研究でかなり明らかになってきました。

たしかに、歯周病も糖尿病も生活習慣病です。お互いに深い関係があってもなんら不思議ではないんですね。

生活習慣の見直しと歯周病予防

毎日の食生活をや運動などの生活習慣を見直すことがとても大切です。さらに、歯周病を予防することで全身の生活習慣病が予防できるということもいえますね。

歯医者は口腔内の変化についてはプロです。口腔ケアは自分一人できちんと行うのは難しく、歯科医の指導を受けることがとても大切なんですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする