スポンサーリンク

リテラシーとは?メディアリテラシーと情報リテラシーの違い

ライフスタイル・経済
スポンサーリンク
スポンサーリンク

リテラシーとは??

一体どんな意味合い?

◎リテラシーの意味

リテラシー(literacy)は「読み書きができる、教養のある」という意味から、「情報や知識の活用能力」という意味になります。

元々はラテン語で「字識のある」という意味の言葉でその意味から、「読み書きできる」や「教養のある」、「知識がある」など意味と言われています。

スポンサーリンク

リテラシーはどの様に使われているのか!!

どんな分野でも使われる

では、どのような方法や分野でリテラシーは使われているのでしょう。

◼️ビジネス

ビジネス界で使用される「リテラシー」の場合は「特定分野で必要とされる知識・情報力の確保やストック」に焦点され、その上で「その特定分野のビジネスを進めていくためのスキル・能力に直接的に影響する原動力の意味合いで使われます

◼️教育

教育では「教育リテラシー」という言葉の意味合いで使われます。「適切な教育を施す際に必要とされる環境の確保」として使われます。

◼️インターネットネット

主に「特定分野の仕事に必要な知識をストックした上で、どれだけの仕事ができるか」といった「仕事率」を図る際に使われます。「知識・情報をストックして、それを仕事に活用する」という物差しで使われる場合があります。

リテラシーは色んな分野で使われるのです。

スポンサーリンク

メディアリテラシーと情報リテラシーの違い

社会には両方は必ず必要?

よくメディアリテラシーや情報リテラシーと聞きますがそれぞれの意味合いに違いはあるのかみてみましょう。

メディアリテラシー

メディアリテラシーは、テレビやインターネット、新聞などの出版物などが発信する情報を、主に受け止めて理解する能力の事をいいます。

リテラシーの意味の1つに「読み書きの能力」を表すことがあり、メディアリテラシーといえば、メディアのメッセージを読み取りと合わせて、発信する能力も含まれます。

情報リテラシー

情報リテラシーとは、情報を使いこなす能力のことで、メディアリテラシーよりも幅広い能力をいいます。

情報は、メディア以外にも、ネット上など、さまざまな分野から得られ、その大量の情報に対してのリテラシーなのです。

さまざまな情報の中から、必要なものを探し出して、さらに、課題に組み合わせたり加工したりするのが情報リテラシーなのです。

スポンサーリンク

情報化社会への対応に不可欠

持っておくことは不可欠な能力

新聞、雑誌、テレビなどのメディアにプラスし、ネットを介した、情報が当たり前のように届くようになってきました。

そういったメディアによって大量の情報を受け止め、さらに発信することで、、情報の影響を予測し、トラブルを回避することも必要なのです。

現代はインターネット社会です、悪意や犯罪が存在していることや、セキュリティの重要性もリテラシーの一部として重要なのです。

情報リテラシーやメディアリテラシーは、現代のインターネット社会には必要不可欠です。

単語の意味だけでなく、最低限のリテラシーを身に着けておくことが大切なのです。