ネイリストの職種と検定、専門学校で得られる資格と仕事内容、将来性 | 新常識発見で気分爽快!

ネイリストの職種と検定、専門学校で得られる資格と仕事内容、将来性

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ネイリストに憧れる人が急増

ネイリストになる為に資格は必要?

キラキラしたラメやカラーリング、ネイルアートなど今やネイルは女性にとってかかすことのできないおしゃれのアイテムです。

そんな綺麗な爪に仕上げてくれるのがネイリストさんですよね!

ネイリストとは、爪の専門家で主に美容に関する爪のお手入れをする職業の人の事をいいます。

ネイリストになる人には技術はもちろん、センスやコミュニケーション能力も大切な要素を求められます。

しかしネイリストは国が定めた学校や免許が日本には存在しないので、ネイリストとして働くのに必要な資格や、技術を学ぶためのスクールなどに通う必要があります。

ネイリストになる為に

種類によって資格の取り方が違う!

日本には様々な運営団体がネイルの資格試験を行っています。運営団体によりさまざまですが、ネイリストには3つの資格に分けられます

JNECネイリスト技能検定

これは、一般にネイル検定と呼ばれているもので、1・2・3級とあります。

JNECネイリスト技能検定はビギナー向けの3級から徐々にステップアップしていけるので、これからネイルを始める人にぴったりの資格です。

JNAジェルネイル技能検定

これは、一般にジェル検定と呼ばれているもので、初・中・上級とあります。

ネイルサロンに入ってから取得する人も多のがジェルネイル資格です。JNAジェルネイル技能検定試験は、サロンでジェルネイルを活用するために必要な、基本的な知識と技術を測る検定です。

ネイルサロン衛生管理士

サロンで働くネイリストに啓発活動をすることで、国民が安心で安全なネイルサービスを受けられるようにという目的がネイルサロン衛生管理士です。

大きく分けてネイリストの資格はこの3つに分けられます。

資格によって仕事内容は異なる。

未経験でもネイリストになれるのか?

資格を持っていない人がネイルサロン働くことは可能です。

しかし基本的には、資格保有者として働く先輩ネイリストのアシスタントや、電話受付、掃除などの雑用が無資格の場合はメーンになります。

ネイル自体は資格がなくても施術できるので、技術が向上すれば、資格のないバイトでもお客様にネイルをする事も可能です。

ネイルサロンで正社員で働きたいと思っている方や将来独立し自分のお店を持ちたいと考えている方は資格が必要になります。

最後に

まとめてみると

ネイリストは国家試験は特にありませんが運営団体によってネイル資格試験は行われています。

ネイリストは無資格や未経験でも慣れますが仕事内容に違いがあります。

自分のお店を持ちたいは資格が必要になるようです。