ライフラインの意味と種類、インフラとの違い、災害時の復旧、整備 | 新常識発見で気分爽快!

ライフラインの意味と種類、インフラとの違い、災害時の復旧、整備

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ライフラインとインフラとは?

よく聞く言葉の意味と違いとは…?

最近地震や台風などで災害が続いています。誰にでもふりかかる可能性がある災害ですが、その時に、ライフラインやインフラと聞くことがあります。

直訳すれば、生活のために必要な道筋、とか、生活必需品、といったことでしょうか。

ライフラインとは何?インフラとは何?

ライフラインとインフラ、よく聞く言葉の意味や違いについて調べて見ました。
ライフラインとインフラ何が違うのか?

ライフラインは経路・インフラは必要なもののこと!

ライフライン

生活をするうえで必要な物や生きるのに必要不可欠なものを、供給される経路の事をいいます。

具体的には、電気、ガス、水道、携帯電話、インターネット、物流輸送事業などを指します。

インフラ

ないと生活が成り立たないもの。生活必需品の事をいいます。

具体的には、病院、電気、上下水道、ガス、などを指します。

実は、ライフラインとインフラで重なっているものがありますね。要するに、どちらも生活に必要なものが多いのがわかると思います。

地震や災害時によく聞く言葉とは?

言葉の意味と違いとは??

・避難準備・高齢者等避難開始

避難の際に時間を必要とする高齢者や乳幼児を連れている方などに、避難の開始を求める呼びかけ段階です。

・避難勧告

地域の住民に対して安全な場所への避難を求める段階です。

・避難指示(緊急)

避難勧告よりも状況が悪化している段階なので、まだ避難してない方には生き残るために必要な行動が求められます。

まだまだいろいろな言葉がありますが、必ずしも低い方から順番に発表されるわけではないので、言葉の意味を今のうちに知っておくこともいいと思います。

最後に

まとめとおさらい

災害時にそなえて日ごろからの準備や知識をつけておくことが大切です。

・インフラやライフラインは生活には必要不可欠なもの
・いろいろな言葉があり、日ごろから知識をつけておくこと
・少しずつ災害時にそなえて準備をしておく!

ライフラインとインフラの違いや、災害時によく聞く言葉の意味などを知ることで、余裕が生まれます。

地震や台風などは、いつ起こるかもわかりません。なので、日ごろから災害にそなえて準備をしとくことが大切です!

準備と一緒に災害時によく聞く言葉の意味も、知っておくことも大事だということです。どの言葉が優先的なのかなど知っておくと、慌てなくていいかもしれません。

・日ごろから災害時にそなえて準備!
・知識もあると安心しますよ!