ワンオペ育児の意味、離婚でシングルマザー、疲れたと限界に苦しむ現状 | 新常識発見で気分爽快!

ワンオペ育児の意味、離婚でシングルマザー、疲れたと限界に苦しむ現状

ワンオペ育児はどこまでも辛い

ワンオペ育児における問題と解決方法

最近は男性の方でも育休が取れるようになってきましたが、まだまだ女性がとるものという考えがあります。

そうなってくると男性は仕事で忙しく、中々育児に携わることができません。そんな状況の事をワンオペ育児といいます。

今回はそんなワンオペ育児のことについて、いろいろと説明していきたいと思います。

ワンオペ育児とは…

まず、ワンオペ育児は一人で仕事や育児や家庭のことを行うことの事をいいます。
どうしてワンオペ育児というようになったのかは、2014年頃です。

牛丼チェーン店で一人の従業員が休憩も取らずに、清掃、調理、仕入れなどの全部をする「ワンオペ(ワンオペレーション=一人作業)」が問題になったのです。

ワンオペ労働が家庭内のお母さんたちにそっくりなことから、ネットの中でワンオペ育児と言われるようになったそうです。

男性の育休所得が増えてきているもののまだまだワンオペ育児ママは増えていっているということです。

ワンオペ育児で起こる問題

根本解決はワンオペをしないこと

・仕事・家事・家庭の事

まず、ワンオペ育児で一番大変なのがこの3つをママが一人で行わないといけないことです。

当然、ゆっくりする暇もなく、することはたくさんあります。時間も限られていますし、睡眠時間を削って家庭の事などをしないといけません。

解決策

旦那さんの休みの日などに家庭ことなどをしてもらったり、子供を遊びに連れて行ってもらうなどしてもらい、ゆっくりできる時間を作るしかありません。

・病院などにも行けない

仕事など家庭のことなどしてると、病院なども行く暇がないんです。また、職場の理解がないと子供すらも病院に連れていくこともできません。

解決策

様子をみて、大丈夫そうなら子供と一緒に家でゆっくりする

・誰かに頼る時間もない

時間のないママたちは誰かに頼る時間すらもないのです。その時間すらも家の事や子供もことにあてたいわけです。

解決策

実家が近いのであれば少し両親に見てもらったりして、自分の時間を作る。本当に頼る方がいない方は、家庭の事を少し手抜きして余裕をつくる。

最後に

まとめとおさらい

ワンオペ育児は身体的にも精神的にもキツイものです。

世の中のワンオペ育児をしているママさんたちは、自分の時間とかよりの家庭の事や子供たちの事を一番に考えています。

そんなママを助けれるのは一番近くにいるパパだけです。日ごろから感謝の言葉や、少しでも家のことなどを手伝ってあげるとそれだけで、ママさんたちは助かりますし喜びます。

ママが疲れてそうと思ったら、少しでも助けてあげてください。ママは無敵ではありません。一人の人間です。

少しでもママの時間を作ってあげたり、協力をしてあげるしか根本的な解決方法はないということです。