まぶたが痙攣が続く原因、ビタミンや目薬で治らない時は他の病気かも | 新常識発見で気分爽快!

まぶたが痙攣が続く原因、ビタミンや目薬で治らない時は他の病気かも

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

まぶたの痙攣の原因

やはり疲れが溜まっている

みなさんよくまぶたがピクピク痙攣になった経験はありませんか?

すぐに治る時もあれば数日続く場合もあります。

まぶたの痙攣の原因は疲労や、目の表面を刺激するような状態(結膜炎、ドライアイ、逆さまつ毛など)などで起こります。

その為にも、長時間のパソコン・スマホの利用、肉体的・精神的な疲労、寝不足、合っていないメガネやコンタクトレンズの装用など、疲労の要因はさまざま考えられます。

痙攣と痛みがある

まぶたの腫れが伴う場合は自己流治療はNG

まぶたの痙攣は先程疲労やスマホやゲームが原因といいましたが、まぶたの腫れや痛みを伴う痙攣はほかの原因の可能性があります。

いつものように疲労が原因で自己判断で目薬などをつけてしまった場合に症状を悪化させてしまう可能性があるので自己判断せず専門医を受診しましょう。

疑われる病気は腎炎や腎臓病、腎臓機能の不調、アレルギー、脂肪代謝の可能性があります。

まぶたの痙攣を改善する方法

自宅でもできる簡単に対処

一度まぶたの痙攣が起こるとなかなか治らない場合があります。

そんな時に自宅で簡単にできるセルフケアを紹介しましょう。

疲れ目やドライアイによる目の痙攣の可能性がある場合は、一定時間目を休ませたり、目に負担をかけないようにしたり、蒸しタオルなどを目にあて温めてあげる事でまぶたの痙攣が改善されます。

また、マッサージやストレッチで疲れ目をケアすることも有効です。

●首と頭の境目のストレッチ

1.耳後ろあたりの首と頭蓋骨の境目に親指を当てます。
2.親指を視点に顔を斜め上にあげます。
3.反対の手をおでこあたりにおき、親指に向かって押し込みます。
4.逆側も同様に行いましょう。

●頭の筋肉ストレッチ

1.親指以外の指(人差し指~小指)を耳の上辺りの側頭部に置いて、耳を覆います。
2.当てた指をその場で円を描くようにゆっくり押し回す。これを15~20秒キープします。

最後に

まとめると

まぶたの痙攣の原因は

・疲労によるもの
・ドライアイが原因
・パソコンやスマホの使いすぎ
・逆さまつ毛が原因
・結膜炎の可能性

これらの原因がまぶたの痙攣を引き起こします。

痙攣で痛みや腫れを伴う場合は他の原因の可能性考えられます。

市販の目薬を使ったり自己判断をせず腫れや痛みを伴う場合は専門医を受診しましょう。