財布の選び方は年収によって変わる、使い分けのメリットとデメリット | 新常識発見で気分爽快!

財布の選び方は年収によって変わる、使い分けのメリットとデメリット

財布の選び方も結構大切

財布一つでモチベーションがUP

みなさん、財布ってどんな物を使っていますか?

財布の買い替え頻度はどのくらいでしょう?

一言でお財布と言っても形やデザインは様々です。

ここでは財布の選び方や持つ人の年収によって財布の好みが変わるのかなどについてお話ししましょう。

自分のスタイルに合った財布

使い分けのメリット、デメリット

今使っている財布は自分のライフスタイルにあっていますか?

人によっては自分用と生活費用と分けて使っている方も多いでしょう。

では、実際に財布を使い分けをした場合のメリットやデメリットから見てみましょう。

<メリット>

財布の使いわけの特徴はとにかくお金の管理がしやすいことがポイントです。

前もっていくら使って良いか常に考えているので、無駄使いしにくく、出費があったとしても、お金の長れを把握できるようになるんだとか。

また、財布をメインとサブに使い分けしておくと財布が傷みにくいため長く使えることも良いようです。

二つ折りタイプ

コンパクトで小さめバッグに入りやすい。

長財布タイプ

そのままお札を出せるため会計するときに、スムーズ。収納もたくさんあってカード類を使いたい人にもおすすめです。

<デメリット>

荷物やバッグを最小限度に抑えたいときに財布を使い分けしていると、場所をとってしまう、入らないなどがあるので、デメリットを感じて使い分けしない人もいるようです。

また、スポーツや野外で活動するような仕事や趣味で出かける場合、バッグ自体が荷物になってしまう人にも苦手なようです。

メインがふたつ折りの財布だと、お金を出すときにスムーズに出せなくて面倒、カード類で厚みが出やすくかさばってしまうのが好きではない人にはデメリットになるようですよ。

年収によって持つ財布も変わる

年収は持つ財布で変わるって本当なの

お財布は、安いものだと数百円から高いものだと数万円、セレブなどは数十万もする財布を持っていたりします。

年収は財布の200倍になるという説もあり、金運財布購入額の目安はあるのでしょうか?

まず、年収は財布の200倍になる説ですが、そんなわけないと思っている方は多いでしょう。

財布の金額で年収が決まるのであれば、借金をしてでも高額な財布を購入すれば高収入を得られるはずです。

ですので財布の値段と年収は必ず反比例するとは言い切れません。

しかし、それでも都市伝説のように年収は財布の200倍になると言われ続けているのは、高収入の人が使っている財布と年収が比例しているからなのです!!

なぜ、財布の200倍説が有名となったのは以下の「稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?」という本がもとになったとも言われています。

最後に

まとめると

近年、無駄遣い防止の為に財布を分けて使っている人も増えています。

また、年収によって持つ財布についても年収が多いからと言っても高価な財布を持つ事は反比例は言い切れません。

自分に合った財布で使いやすい物が一番ですよね!!