復活祭、イースターは日本では流行らない、起源から見ても関係ない

復活祭、キリストの復活を祝う日

クリスマスに次ぐ大行事

復活祭と言う、ことばどおり、この日はキリストの復活を盛大に祝う、本当におめでたい日なんです。

キリスト教では、イエスキリストの誕生のクリスマスと、復活の復活がともに重要な記念日なんですね。

イースター(Easter)は、春分の次の満月の次の日曜日と決まっているんです。その日の前後、金曜日から月曜日までの4日間祝日になるそうです。

復活、そして聖霊降臨

日曜日にミサが行われるわけ

じつは、日曜日にミサをするというのは、日曜日がキリストが復活したとして祝う曜日なんだそうです。

なぜ、毎週日曜日なのかは、十字架にはり付けられて処刑されて死んでしまったと思われたキリストが、その処刑の3日後に甦ったという話です。

処刑が行われたのが金曜日でした。そして、復活したのがその日を入れて3日後、ようするに、日曜日に復活したわけです。

イースターも金曜日から休み

甦ったキリストは、その後、約二ヶ月に渡って弟子たちと共に食事をとり、奇跡の行いの数々を人々に示したのです。

そして、聖霊降臨でエルサレム郊外で、みんなに見守られながら天に昇って行ったとされるものなんです。

イースターの起源とは?

春の訪れを祝うお祭り

イースターは4月にその日を迎えるので、春の訪れの時期にあたります。すなわち、イースターは、長い寒い冬が終わり、人々が春の訪れを祝うお祭りなんですね。

もともとは、ゲルマン民族が信仰していた神話の中の春の女神=Eostreの名前がその起源だといわれているんです。

Eostreは、春の女神で、繁殖、生殖を司る女神だとされています。このことから、生殖のシンボルとしての白いうさぎとタマゴが出現するわけです。

ヨーロッパの厳冬が背景に

アングロサクソンの民が暮らしていたヨーロッパ北部は、冬は寒さが厳しく、春の訪れをとても大切にしていたそうです。

そして、草木が芽吹き動物たちが繁殖する春へと移り変わるようすと、十字架で処刑された後に復活したとされるイエスキリストが重なって、復活祭へと統合されていったいわれています。

家族みんなでお祝いする日

イースターエッグの由来は?

イースターは家族みんなが集って、ご馳走を食べるのが習慣です。そして、子どもにとって最も楽しいのが卵狩り(エッグハント)と卵ころがし(エッグロール)なんです。

子ども達は競って隠された美しく染められたゆで卵を探したり、殻を割らずに坂の上からころがしたりして遊ぶんですね。

この、イースターエッグはまさに、ヨーロッパの復活祭のシンボル、タマゴに由来があります。

タマゴは、子孫繁栄、多産のシンボルなんですね。そこへ、子どもをたくさん産むウサギが合わさって、繁殖を祝う祭のシンボルになっていきます。

近年はニューヨーク市のパレードの様子などが、テレビで全米に放映されて、イースターと言えば奇抜な服装が目立ちますが、元々の復活祭はもっと、意味のある祭だったわけですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする