キャンメイクのアイシャドー、リップとネイル、チークにマスカラ! | 新常識発見で気分爽快!

キャンメイクのアイシャドー、リップとネイル、チークにマスカラ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

マットフルールチーク

ニューカラーマットパンプキン05

このマットフルールチーク、オレンジにブラウンを足したかぼちゃ色で、「大人なおしゃれ感」なんてものを演出してくれるそうです。

これを使えば、肌も白く見せてくれる効果も期待できるかも?

さらに、チークからファッションまでワントーンでまとめていけば、彼の視線も変わる??

毛穴をボカしてくれる、ソフトフォーカス効果のパウダーが含まれています。そして、皮脂吸着パウダーであるシリカを配合しているので、メイク崩れを防ぐことができます。

お肌が弱い人には、安心できる、美容保湿成分が配合されていますよ。

キャンメイクのポリシー

遊び心を満たしてくれるコスメ

キャンメイクは、創業以来、かわいさとトレンドを気軽に取り入れられるプチプラコスメブランドとして、愛され続けてきました。

キャッチフレーズは

・Girly.Pop&Shiny
・かわいく・たのしく・輝きたい

いつだってかわいいが大好きだし、しかし、みんな と一緒じゃつまらないし、だれでもない、わたしだけの輝きを手に入れたいといった、そんな思いに応えるコスメです。

誕生は1985年

化粧品の卸屋がルーツ

キャンメイクは1985年に誕生しました。それ以来、遊び心あふれるコスメを追求してきたそうです。

33年の歴史を刻んでくる中で、今も色あせない初期のKAWAIIコスメの数々があるそうです。

キャンメイクのルーツは井田両国堂という、大正7年創業の化粧品をメーカーからお店に卸す、問屋業の会社です。

その会社で、自社ブランドを立ち上げたいという思いで始めたのがキャンメイクです。

1963年に先代の社長は欧米視察にいった時に、スーパーマーケットで4~5ドルでセルフコスメが置いてあるのに驚きました。

そして、日本のコスメは高すぎるという思いを抱いたというわけです。

化粧品の販売といえば、日本は対面販売が中心だったのに、海外では手頃な価格で自分で選べるコスメが普通だったんですね。

というわけで、日本でも500円~1,000円くらいの気軽に選べるコスメを作ろうと思うようになったということです。

そこで、井田ラボラトリーズを設立し、初のメイクブランド、キャンメイクが、1985年に誕生したのです。

名前の由来は「You Can Make It」

あなたはきっとできるという意味で、なりたい自分になれ流ようにという願いがこもっているそうです。

キャンメイクの開発には自分で選びやすいことだったのです。そこで、中身のカラーが見えるように、透明ケースを採用したというわけです。

品質にこだわりながら、手に取りやすい値段を実現する、そしてワクワクするような製品を作る、というこの思いを社員全員が共有しているのがキャンメイクなのです。