ローソンでルビーチョコ、キットカットもピンク色、ポリフェノールも

チョコレートなのにピンク色のルビーチョコ

これまでのチョコレートの概念を覆した

チョコレートは主にブラック(ビター)、ミルク、ホワイトの3種類に分類することができるそうです。

ところが、ルビーチョコレートとは、天然のピンク色でベリーのようなさわやかな酸味を持つルビーカカオ豆が原料なんです。

この貴重なカカオ豆はどこからきているのでしょうか。

それは南米のエクアドルやブラジル、西アフリカのコートジボワールで栽培されているそうです。

まず特徴的なのは、女性が好きそうな可愛い“ピンク色”です。

視覚からの見た目はとても大事で、ブームの発信源にもってこいの鮮やかな色は人の目をくぎ付けにすることでしょう。

また、まるで果汁が入っているかのような酸味の利いた味わいが、元々のチョコレートの苦みと見事にカップリングされており、とてもフルーティーで後を引く味わいとなっています。

このピンク色のチョコレートですが、着色料などは一切入っていないというのが驚きですよね。

カカオそのものがもつ色なのですが、これにはスイスの大手チョコレートメーカーの「バリーカレボー社」の企業努力によって完成しました。

約10年かけて開発された特殊な製法でルビーカカオの自然なピンク色を残すことに成功したと言われています。

ローソンでも取り扱い

キットカットにも登場

当初はとても貴重で出回ることも少なかったのですが、2018年夏ごろよりようやく流通の軌道に乗りました。

スイーツ・お菓子業界をはじめ、コンビニエンスストアでもルビーチョコレートを扱い、私たちが簡単に手に入れることができるようになってきました。

チョコレートが並ぶ中に、ピンク色のものがあればルビーチョコレートでは?と思っていいのではないでしょうか。

特にバレンタインの季節にはぴったりですね。目を引くピンク色で愛を表現できるため、これまでシックな装いで決めていたチョコレート業界に旋風を巻き起こしているといっても過言ではありません。

イチゴ味は、もはや超えた

ピンク色の座を奪う

ピンク色というと、すぐ思い浮かぶのはベリー系、なかでも今まで君臨していたのは“いちご味”ではないでしょうか。

イチゴの実も種もすりつぶしているものは甘酸っぱくそれこそフルーティーな味わいで、口いっぱいに広がるイチゴの風味がチョコレートなのを一瞬忘れさせてくれる感じです。

一方、ルビーチョコレートはイチゴのようにガツンと主張せず、最初は優しいミルキーな香りと舌ざわり、あとからじわじわと甘酸っぱさが広がってくるといった2度も3度も楽しめるものになっています。

それでいて独特な食べにくさもなく、チョコレート特有の甘ったるさもないので、ぱくぱくと口に運べるさわやかで口当たりがいいんですよ。

チョコレートの抗酸化作用

ポリフェノールの驚きの効果

ポリフェノールとは、分子の中にフェノール性水酸基といわれるものを複数もつ植物成分の総称です。複数持つことを「ポリ」というので、「ポリフェノール」なんです。

ポリフェノールは、植物が自身を活性酸素から守るために作り出す物質だそうです。活性酸素が増えると、さまざまな悪影響が生じるのでそれを押さえてくれるわけです。

じつは、ポリフェノールは、8000種類以上もあると言われていて、植物に広く分布し、子孫を残すための種子や、紫外線がよく当たる葉に、特に多く含まれるわけです。

ポリフェノールが多い植物としては、ぶどう、カカオ、お茶、ブルーベリー、コーヒー豆などで、ポリフェノールの種類によって、独自の機能があるそうです。

ポリフェノールは水に溶けやすい性質があります。そのために、長期間効果は持続しないので、毎日こまめに摂る必要があるわけです。
摂取します。

ポリフェノールの主な働きとは

植物が作り出したすばらしい物質たち

植物の種類のよって、さまざまなポリフェノールがあり、それぞれがすごい働きを持っています。

1.活性酸素の除去

がんの予防に役立つといわれています。

2.抗酸化作用

悪玉のLDLコレステロールの酸化を阻害します。動脈硬化を予防します。

3.血糖値や血圧値を正常化する

糖尿病や高血圧の予防に役立ちます。

4.殺菌作用

カテキンやタンニンなどに確認されています。

人間にもポリフェノールが必要

人間は自分で作れないから食べて摂る

じつは、人間の体内に入った一部の酸素は、スーパーオキシドや過酸化水素といった活性酸素に変化してしまうのです。

これは、体内の酵素などの力で消去していくのですが、残った活性酸素は細胞を傷つけます。またヒトの細胞内の脂質を酸化して過酸化脂質を作って悪影響を与えるわけです。

植物中のポリフェノールは、表皮や種子に多く含まれているのです。たとえば赤ワインには多く含まれていますが、果皮を取り除いた白ワインにはあまり含まれていません。

人の抗酸化作用を助ける

人にも老化防止や体内の酸化を阻止する作用があります。体内のSOD(スーパー・オキシド・ディスムターゼ)という抗酸化酵素です。

しかし、40歳を過ぎると、SODが減少していきます。したがって、ポリフェノールは年齢と共に意識して摂取すべきなんですね。

ポリフェノールは熱に強く、壊れにくい性質があります。しかし、酸化しやすく、空気に会うと減少していくので、調理後は、早く食べる必要があります。

それぞれのポリフェノールの効果

独自の効果が期待できる

1.アントシアニン

有名な、視機能の改善効果です。光の情報を信号化する役目を担うロドプシンというたんぱく質をサポートするので、目の酷使よって生じた疲労の予防や改善に効果的だといわれています。

2.レスベラトロール

肌や唇を若々しく保つ効果です。長寿効果や若返りの効果が期待されていて、肌細胞にも良い影響を与えるので、美肌維持効果も期待されているそうです。

3.イソフラボン・リグナン

更年期障害の症状改善が期待されます。更年期障害は、加齢や閉経などの要因でエストロゲンの分泌が減少することによって起こる症状です。

イソフラボンやリグナンは、女性ホルモンに似た物質なので、体内でエストロゲンと似た働きを行うわけです。

4.ヘスペリジン

末梢血管を強化させる作用があり、血流を改善します。ヘスペリジンの働きによって血流が改善されると、冷え症などの症状にも効果が発揮されるそうです。

5.クルクミン

クルクミンは、胆汁の分泌を活発化します。飲酒の際にウコンがいいといわれるのは、ウコンに含まれるクルクミンによって、肝機能を高まり、アルコールの分解などを促進するからです。

6.カテキン

肝臓でつくられる胆汁酸の排出を促進し、血液中のコレステロールの増加を抑える作用があります。そのため、カテキンが生活習慣病の予防や改善に効果的なわけです。

7.タンニン

タンニン酸には持つ収れん作用があり、皮脂腺や開いた毛穴などを縮ませます。そのため、肌の毛穴を目立たなくすることができるわけです。

バレンタインには定番のチョコレートケーキ

フランス菓子の華やかさが伝わる

ガトー・オ・ショコラがフランス語で言うところのチョコレートケーキでしょうか。 Gateau au chocolatと書きます。

ただ、日本でチョコレートケーキの種類名のように使われていますが、本来のフランス語では特定の種類のケーキを指す言葉ではないそうです。

Gateauは焼き菓子やケーキ、au(a+le)は「…の」や「…で」の意味です。chocolatはチョコレートを表します。

というわけで、フランスではガトー・オ・ショコラは焼いたチョコレート菓子やチョコレートケーキ全般をさす言葉なんですね。

ちなみに、ガトーショコラ、という言い方は、まさに和製フランス語で、それも、チョコレートケーキだけのことを言うように変わってきたと言うことだそうです。

ベルギーが発祥のチョコレートケーキ

飲み物からケーキへ

最初のチョコレートケーキの記録が残っているのは、18世紀のことだそうです。もともと、カカオは主要原産地の中央アメリカでは飲み物でした。

ケーキのような食べ物には使われていなかったんですね。そして、カカオが16世紀にヨーロッパへ紹介されてからも、しばらくは飲み物として利用されていたそうです。

1719年に料理研究で知られる貴族のコンラッド・ハッガーという人が「チョコレートトルテ」のレシピを残しているんですね。

小麦粉に同量の細かく砕いたチョコレートを混ぜて、メレンゲを加えて膨らませる焼き菓子でした。これが、チョコレートが菓子が材料に使われた最初だそうです。

それぞれのお国のお菓子の言い方

呼び方もいろいろ

いわゆる、「ケーキ」の言い方は、国によってさまざまです。ドイツ語では「クーヘン」、英語では「ケーク」、イタリア語では「トルテ」といったふうです。

それがフランス語では「ガトー」になります。本来の「ガトー」はかなり広い意味を持っていて、クッキーなどの焼き菓子も「ガトー」に含まれるそうです。

ただし、お菓子全般を指すわけではなく、飴やチョコレートなどは「ガトー」ではありません。

チョコレートケーキが「ガトーショコラ」や「ガトーオペラ」、マロンケーキが「ガトーマロン」、いちごケーキが「ガトーフレーズ」と呼びます。

特に「ガトーショコラ」については、日本ではチョコレートケーキを指す言葉として一般に使われています。

また、専門店があったり、家庭でも手作りケーキを作ったりします。ちなみにガトーショコラの本来の呼び名は「ガトー・クラシック・オ・ショコラ」だそうです。

ガトーショコラの作り方

軽い口当たりのガトーショコラ

このケーキは、焼き上がりの表面がざっくり割れます。ここに粉糖をふればいい感じに仕上がります。好みでホイップクリームを添えます。

・ミルクチョコレート:3枚(150g)
・卵:2個
・グラニュー糖:70g
・無塩バター:80g
・薄力粉:35g
・粉糖:適量

<下準備>

・チョコレートは細かく刻み、バターと一緒にボウルに入れ、約50~55℃のお湯で湯せんにかけて溶かしておきます。
・卵は卵黄、卵白に分けておきます。
・分けた卵白は冷蔵庫に入れて冷やしておきます。
・薄力粉はふるっておきます。
・型用に用意したバターを室温に戻してやわらかくして強力粉まぶします。
・オーブンは180℃に予熱しておきます。

<生地づくり>

1.ボウルに卵黄とグラニュー糖35gを入れて泡立て器でよく混ぜます。そして約60℃のお湯で湯せんにかけながら泡立てます。
2.生地が人肌程度に温まったら湯せんからはずします。そして白く、もったりするまで泡立てます。
3.1に溶かしたチョコレートとバターを加え、よく混ぜます。
4.別のボウルに卵白を入れ、残りのグラニュー糖35gを3回に分けて加えます。そしてハンドミキサーでツノが立つまでよく泡立ててメレンゲを作ります。
5.3に4のメレンゲの1/3量を加えます。そしてゴムべらで軽く混ぜてから、ふるった薄力粉をもう一度ふるい入れて、泡を消さないようにさっくりと混ぜます。
6.5に残りのメレンゲを加え、底からすくうようにしながら、さっくり混ぜ合わせます。

<生地を焼く>

1.生地を型に流し入れ、型を2~3cmの高さから落として中の空気を抜きます。そして、180℃のオーブンで40~45分焼きます。
2.1の生地の中央に竹ぐしを刺して、何もついてこなければ焼き上がりです。
3.型ごと冷まして、あら熱がとれたら型から抜きます。完全に冷めたら粉糖を茶こしでふりかけます。

バレンタインデーに手作りチョコが増えた理由

チョコの後に顔が見え隠れする

間違いなく、心がこもっているかどうかの部分だと思います。また、自分をいいように見て欲しいという、本能的な部分もあるわけで、女の子らしい、料理やお菓子作りも得意と思ってほしいなんていう下心?もあるかも知れないわけで・・・

市販チョコにしないのには、必ず、それなりの理由が潜んでいるわけですね。時間を使って、トッピングも工夫して、何もないなんて逆に怖いです。気持ちのいっぱいつまったチョコレートをどうぞ、というのが女性の心理。

男性の反応やいかに

逆にもらった男性はどうかと言えば、賛否両論になるみたいです。チョコレートそのものが好きかどうかもあるし、手作りよりも、市販の高級品への憧れもあるみたいです。

しかし、やはりうれしいのは、彼女の心。逆に、本命でない女性からの手作りは少し、引いてしまう場合が多いみたいです。

作り方は、簡単に見つかる

作りたい人は、ネット検索で

超便利レシピサイトと言えば、やはり、クックパッドだと思います。ヤフーが業務提携して、まさに最強になりました。

クックパッド

いろんな面から楽しく検索できるのは楽天レシピだと思います。

楽天レシピ

上品なレシピを見たいなら、オレンジページあたりはどうでしょう。

オレンジページ

クックパッドのサービスの中に「モバレピ」と言う料理好きのためのページがあります。そこで見つかったレシピです。

・材料 (ココット型5個分)
牛乳:300cc
板チョコ(ミルクチョコレート):1枚(58g)
グラニュー糖:10g~12g(お好みで)
粉ゼラチン:5g
水:大さじ2
作り方
【1】ゼラチンに大さじ2の水を加えふやかしておく。
【2】耐熱ボウル(どんぶりでも)に牛乳、細かく割ったチョコ、グラニュー糖を入れ、蓋やラップ無しでレンジ500Wで4分加熱する。 ↓
【3】2をレンジから出し、チョコが完全に溶けたか見てもし、溶けてなければレンジで数秒追加で加熱する。 ↓
【4】3をレンジから出して泡立て器でぐるぐるとしっかり混ぜる。 ↓
【5】4に1のゼラチンを加え、溶かしながらしっかりと混ぜる。 ↓
【6】5を漉し器(茶漉しでもOK)で漉す。 ↓
【7】粗熱がとれたら、型に流し入れて冷蔵庫で冷やし固める。(3時間ぐらい) ↓
【8】このまま食べても型から出してもOK♪やわらかいので型から出す場合は崩れないように気をつけてくださいね。 ↓
【9】完成!

バレンタインのチョコってそもそも何?

バレンタインチョコの由来

バレンタインのことは、セントバレンタインで、「聖バレンタインの日」という意味になります。

バレンタインは、3世紀頃のローマのキリスト教聖職者です。当時の規則に逆らって、隠れて若い兵士を結婚させたという罪で処刑されます。それが2月14日というわけです。これも一説ですが・・・・

バレンタインデーにチョコ?

日本でバレンタインデーが始まったのは、1958年頃みたいです。それが一般に普及したのは、1970年頃で「女性が好きな男性にチョコレートを贈る日」という感じになって広まったというわけです。

チョコレートが選ばれたのは、日本の製菓業界がチョコレート販売を促進策で、バレンタインデーにチョコを贈るという形を定着させたんですね。

ちなみに、海外では、バレンタインデー→チョコレートではありません。いろんなプレゼントで愛をはぐくむというのがスタイルみたいです。

買った方が安くつくかも?

手作りの付加価値も伝えたい

さて、手作りチョコの話に戻しましょう。たしかに、チョコレートだけじゃなく、ほかの手作り料理でもそうですね。買った方が簡単だし、安上がりでそれでいて、おいしいかもしれません。

でもそこをあえて作るんです。その、気持ちがこもった、一粒のチョコレートにはやはり、心がこもっているんですよね。それがきっと、伝わっていく、とみんな信じているんじゃないですか。

好きなヒトを思い浮かべて、チョコをかき混ぜている、彼女の姿を想像してみたら、それだけで、きゅんとする、もうこの時点でゴール間近ですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク