京都五山の送り火の起源と意味は?伝統のお盆の民衆行事、俗説も多い

京都の夏の終わりを告げる送り火

祇園祭とともに全国的にも有名

日にちは8月16日です。夜8時になると、夜空にくっきりと浮かび上がる送り火。テレビでも中継されるくらい、有名です。

京都の祭と言えば、祇園祭や葵祭などがありますが、それと同じくらいこの五山の送り火は有名なのではないでしょうか。

五山と言うから五つある送り火

その通り、五山が存在します。そして、それらが5分おきに点火していくんですね。何とも幻想的な瞬間が訪れますよ。

五山は東山如意ヶ嶽(大文字)松ヶ崎西山・東山(妙法)西賀茂船山(船形)大文字山(左大文字)嵯峨仙翁寺山(鳥居形)の五つです。

盆の宗教的行事としての送り火

庶民の中に受け継がれてきた伝統

京都の大文字焼き?
関東の方はよく「京都の大文字焼き」とおっしゃいます。
(もっとも京都市地元民でも大文字焼きと言いますが、公式には五山送り火とされています。)
京都では大文字焼きという呼び方をとても嫌う人がおられますから、「大文字の送り火」「五山の送り火」と呼ぶほうが無難です。

送り火そのものは盆の翌日に行なわれる仏教的行事なんです。お盆に帰ってきた先祖の霊が、ふたたび冥府にかえるのを送るという意昧だそうです。

お盆の行事は地方にもいろいろあり、松明の火を空に投げ上げて霊を見送るという風習があって、それが京都五山の送り火へと変わっていったのではないかというわけですね。

こういった、お盆の行事が一般に広く行われるようになったのは、室町以降だと言われています。仏教が庶民の間に深く浸透した歴史がうかがえるわけですね。

五山それぞれの由来がある

文字に込められた意味は?

大文字送り火

近年、大文字送り火に関する古文書と大文字山が銀閣寺領であったという資料が銀閣寺から発見されたそうです。

ということで、送り火は室町中期に足利義政が始めた、する説が正しいのではないか、と地元の方のお話です。

松ケ崎の妙法

麓の涌泉寺の寺伝によると、1306年に天台宗から法華宗に改宗したときに、日像が西山に妙の字を、法は妙泉寺の日良が東山にかいたのがはじまりといわれています。

妙と法の2字が同時に作られたものでないことは、妙法の位置が逆であることから推定されていて、法は、近世初期、妙は戦国末期か近世初頭といわれています。

船形

麓の西方寺開祖慈覚大師円仁が、承和年間に無事帰朝できたことから、船形万灯籠をはじめたと伝えられているそうです。

鳥居形

弘法大師が石仏千体をきざんで、その開眼供養を営んだとき、点火されたと言いますが、それよりも愛宕神社との関係のほうが正しいようです。

左大文字

計画は江戸初期ですが、始めたのは中期以降だといわれています。

なぜ、ここに火があるのか

未だ謎の多い送り火の由来

不思議なことなんですが、これだけ有名な行事であるにもかかわらず、その起源はわかっていないというのが定説です。

推測される3つの説とは?

1.平安初期「空海」説

浄土寺が火災にあった際に山上に飛来した本尊阿弥陀仏が光明を放ち、その光明をかたどったものを空海が大の字形に書き改めたとの説です。

2.室町中期「足利義政」説

銀閣寺にゆかりのある足利義政が子どもである足利義尚を合戦で亡くし、その冥福を祈るために、家臣に命じて始めた、といわれているものです。

3.江戸初期「能書家・近衛信尹」説

「寛永の三筆」と呼ばれた能書家の近衛信尹の書物が1662年に刊行されたとき、「大文字は三藐院殿(近衛信尹)の筆画にてきり石をたてたりといふ」の記述があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする