ラグビーの発祥と名前の由来、アメリカンフットボールの誕生へ | 新常識発見で気分爽快!

ラグビーの発祥と名前の由来、アメリカンフットボールの誕生へ

ラグビーの誕生

フットボールからの分岐

1823年のことです。当時のフットボールでは、まだボールを持って走ってもいいというルールはありませんでした。

ところが、ラグビー校でフットボールの試合中に起こったことが、歴史を変えます。

エリスという少年が突然、ボールを持って走り出して、一気にゴールまで駆け抜けたのです。これがラグビーの始まりだといわれています。

1863年10月26日、ロンドンで多くのパブリックスクールのOB達と、当時、Associationと云われていたメンバーと12のクラブの代表者が同席します。

そこで、フットボールの統一ルールを決める会議が行われたのです。そこで、クロスバーのないゴールの使用やラグビーのルールなども取り入れる案も提案されたそうです。

そこで、ラグビースタイルの支持者はボールを持って相手ゴールに向かって走れるとし、ボールを持って走っている選手のスネを蹴っても、足を引っかけても構わないとしたのです。

ところが、他のメンバーは、ボールを持って走ってはいけないとし、足をひっかけたり、スネを蹴るような行為は厳禁で、手を使うことも禁止するとしたわけです。

ついに、ラグビーフットボールと後にサッカーとも呼ばれるアソシエイション フットボールとの決定的な決別がなされたといわれています。

ラグビーからアメリカンフットボールへ

アメリカで生まれた、アメリカのスポーツ

ラグビーフットボールは英国で生まれ、世界中に広まっていくことになります。それは、アメリカにも広まっていきました。

1862年に、アメリカの先住民であるオネイダ族がボストンで最初のフットボールクラブ、「オネイダ フットボール クラブ」を創立しました。

このときにチームが行っていたフットボールは、サッカーとラグビーの良いところを取り入れて、ミックスしたようなものだったそうです。

そして、これが、後にボストンゲームとよばれるフットボールになっていったといわれています。

ボストン ゲームはボールを持って走る事が多かったので、これがアメリカンフットボールの始まりだという人もいます。しかし、まだサッカーの要素が多いものでした。

そして、1869年11月6日にラトガーズ大学とプリンストン大学が初のフットボールの大学対抗試合を行っています。

実際は、その2年前ににプリンストン大とプリンストン神学校との間で各25名づつの選手で練習試合を行っています。

このラトガーズ大とプリンストン大の試合が最初のアメリカン フットボールの試合と云う人が多いそうです。

ただ、使用されたボールも丸く、ルールもイングランドで行われていたサッカーのルールだったと言うことです。

しかし、現実にはアメリカで1969年に、アメリカンフットボールの誕生100周年記念の試合やセレモニーを行われているそうです。

アメリカンフットボールのルールの確立

あまりにも過激なゲーム結果

1873年にイエール大がイートンプレーヤーというイングランドのチームと11人で闘って勝利したそうです。

この試合を見た2人のプリンストン大学の選手が、大学に戻って、その試合の状況を説明しました。

そして、こんな面白いゲームはないから、是非このゲームに参加しようと他の部員を説得したそうです。

さらに、1876年にハーバァード、イエール、プリンストン、コロンビア大が新しいルール作りの会議が行っています。

これまでのルールとの最大の違いタッチダウン自体を得点として認めたこと、丸いゴムボールの代わりに楕円形の皮で覆われたボールを使用する事も決めたことです。

1880年になって1チームは11名となり、イエール大のキャンプがスクリメージ ラインとクォーターバックを提案をしました。

斬新なルールが次々と決められていくと同時に、サッカー、ラグビーと決別は決定的になり、アメリカ人によるアメリカンフットボールが生まれることになったわけです。

1882年には、ボールの所有をはっきりさせるために、3回の攻撃で5ヤード進まなかった場合、ボールの所有権が自動的に相手にわたるいうルールが提案されます。

その後、3回の攻撃で10ヤードというルールに変更されましたが、さらに現在は4回の攻撃で10ヤードというふうに変更されてきたわけです。

このことによって、ボールの所有が極めて明確になり、所有権がわからないサッカーやラグビーとの決定的な違いが誕生したわけです。

また、アメリカンフットボールでの死傷者が多く出たことから、プレーをもっとワイドオープンにして、相手とぶつかることを減らすために、前方へのパスを有効にしました。

この後もルールを発展させていき、スリリングで、面白い、現在のアメリカンフットボールが作られていくわけです。

アメリカの一番人気スポーツへ

これからもアメリカらしく

1920年、12チームでプロフットボールリーグのアメリカン プロフェッショナル フットボール アソシエイション=APFAが結成されました。

これがその2年後に、現在のNFL=ナショナル フットボール リーグに改称されたのです。

そして、1924年に大スターが登場します。イリノイ大のハーフバックの、レッド グレンジです。

彼は、第1Qの12分で一人で4タッチダウンをあげたそうです。しかもボールを持った回数は4回だけでした。ようするに一度持ったら全てゴールまで走ったというわけです。

彼のプロ入りがきっかけでプロフットボールにも多くのファンが集まり、同時にアメリカンフットボールがアメリカ人の最も熱狂するスポーツへと変身を遂げたわけです。

大相撲の番付発表前の予想と決め方、幕内と幕下、十両の違いとは?
大相撲の番付一覧表は力士の階級 階級は段と文字の大きさが目印 力士だけでなく、行司、理事、監事、委員、主任、年寄、審判委員、若者頭、世話人、呼出しといった役の名前も記載されています。 力士の階級については、わかるとわからないで...
タイブレークのルール、テニスや高校野球、ソフトボールでの仕組み
知りたいプロ野球1、タイブレークは導入されるか? まず注目されるのが高校野球 タイブレークって、テニスの試合やソフトボールの試合で有名になりましたね。最近では、WBCの試合で行われたので、それで知った人もいるかなと思います。 ...
テレマークの意味、ノルディックスキーの歴史、ジャンプのK点とは
テレマークを生んだノルディック種目とは? クロスカントリーやジャンプ、複合 ノルディックスキーはスキーの競技の呼び名です。ノルウェー、スウェーデン、フィンランドなどの北欧諸国で発展してきたスキー競技を指します。 これらの国は、...
サッカーの名前の由来、正式にはフットボール、さらに多くの種類
サッカー、フットボールどちらが正しい? 国によって呼び名が違っている 日本では、サッカーと普通に呼んでいるけど、じつは、日本サッカー協会というのは本名はJFA=Japan Football Associationなんですよね。 ...
ハットトリックの意味と語源、クリケット、ラグビー、F1からダーツ
ハットトリックは3点入れたら帽子をもらえる? 言葉だけでは、何のことやらわからない ハットトリックという言葉の意味は、だいたい誰でも知っていますね。サッカーで、ひとりの選手が1試合で3点ゴールを決めることを言います。 この用語...
テニスのルール、点数の数え方やゲームカウント、タイブレークとは
テニスの競技、不思議な点の入り方 知らないと楽しめないテニス用語 ポイント、セットカウント、タイブレーク・・・とにかく、意味がわからないと、全然面白くないのがテニスなんですね。 逆に、意味がわかるだけで、その緊迫感をしっかりと...
ナイキロゴ作成の由来、スニーカー、エアマックスで確立したブランド
エアマックスで確立したブランド スニーカー人気の火付け役に ナイキの本社はアメリカのオレゴン州です。今や、世界有数というよりもトップブランドとして成長しました。 いまや、ナイキのスニーカーやスポーツウェアのスポーツ界での存在感...
アディダスの名前の由来、スタンスミスやスーパースターが人気に
アディダス社の由来 ダスラー兄弟商会が起源 アディダスは、ドイツのバイエルン州に本社があります。今や、総合スポーツ用品メーカーとして、世界に広がっていますね。 起源は、1920年で、ドイツ・ニュルンベルク近郊のヘルツォーゲンア...
ゴルフのプロとアマチュアの違い、アマチュアが勝った時の賞金の行方
ゴルフのプロとアマチュアの違い プロになるために 良くテレビでゴルフの試合を見たり健康の為、趣味でゴルフをやっている方多くおりますよね!! 良くプロの試合でアマチュアが大会に勝ったという話を見たりしますが、プロとアマチュアの違...
箱根駅伝の始まりと歴史、なぜ関東だけ、活躍したスター選手たち
お正月の風物詩、箱根駅伝について 箱根駅伝について 箱根駅伝は、1月2日と1月3日に開催される大学駅伝の大会です。正式名称は「東京箱根間往復大学駅伝競走」と言います。 出雲駅伝、全日本大学駅伝と並んで、大学3大駅伝の1つに数え...
グランドスラムの意味と起源、テニスでの達成者と世界の4大大会
テニスの4大大会の開催場所は? 4大大会のそれぞれのルール 今日本でも大ブームになっているテニスですが、みなさんテニスの4大大会ってご存知ですよね。 こういった言い方で気を悪くする人がいても残念なので、先のその開催場所を言いま...