メダカの飼育方法とは?家庭でも失敗しない、温度や餌、水草の工夫

なじみがあるわりに見かけなくなった魚

もはや絶滅危惧種、観賞魚としてのメダカ

メダカは私たちにはとてもなじみのある魚のはずなんです。以前は、理科の授業などでメダカの飼育があったくらいですから。

しかし、最近は環境の変化もあって、自然のメダカは激減しているそうです。逆に、鑑賞用としての人気は高まっているそうです。

メダカはとても丈夫な魚で、比較的飼いやすいんですね。しかし、適切な飼い方を知っておかないと、せっかくのメダカの飼育に失敗してしまいます。

いくつか、抑えておくべきポイントをおさえておきましょう。

室内、室外どちらでも飼育可能

メダカの飼育に必要な環境とは?

メダカの飼育に最適な容器は深さよりも面積の広さだそうです。ということは、池がいいみたいですね。

しかし、室内に池は作ることができないのですが、ようするに、水深が深い水槽でなくても、水深が浅い発泡スチロールのようなものでもいいということです。

飼育の適正温度

飼育適正温度は25℃前後です。メダカはとても丈夫な魚で、かなりの水温の温度差にも耐えることができます。

適正温度はありますが、実際には5℃くらいの低温環境でも生きていけます。高温であれば40℃くらいの水温でも生きていけます。

メダカは一桁台にまで水温が下がると、冬眠をします。冬眠準備ができたメダカであれば越冬できます。体力がないメダカは、そのまま越冬できずに死んでしまいます。

飼育に必要な水

メダカ1匹あたりの必要な水量はおよそ1リットルと言われていますね。これが目安になります。

どれくらいの大きさの容器でどれだけのメダカが飼育できるのかわかります。過密すぎると、縄張り争いをして小競り合いしまうそうです

また過密環境はメダカの成長にも影響します。また、産卵にも悪影響が出るでしょう。さらに酸素不足になることも考えられるので注意したほうがいいでしょう。

メダカの水とえさをきちんとする

カルキ抜きでメダカのための水を作る

メダカにとって最適な水質は弱酸性から弱アルカリ性だそうです。水道水そのものは中性なので、その点では大丈夫です。

しかし、塩素が入っているので、はっきり言って最悪です。カルキ抜きはしっかりと行う必要があります。

またカルキ抜き直後の水は、バクテリアやプランクトンがほとんどいないので、まだメダカの飼育に合った水ではありません。

そこで、一週間くらい放置するか、市販のバクテリア繁殖促進剤を使用します。そして、メダカの飼育に最適な水を作ることができます。

水換えは好ましくない

メダカは急激な環境変化には弱いといわれています。したがって、過度な水換えは避けたほうがいいでしょう。

水換えしなくてもいいように、多めの水で飼育るほうがいいでしょう。また水換えを行いたいときは一気にせず、コップ一杯分の水を入れ替える程度にします。
。ようにしてください。

メダカの餌について

メダカは雑食性です。したがって、たいて何でも食べます。自然界ではミジンコなどの動物性プランクトン、ケイソウなどの植物性プランクトン、ボウフラなどの小型の水生昆虫を食べています。

メダカ専用の餌も売られていますので、それを与えておけば問題ないですね。餌はなるべく細かいほうがいいみたいです。

ただ、エサの量はメダカが一度に食べきれる少量を与えるほうがいいのです。メダカを死なせてしまう原因の多くが、餌の与えすぎなんです。

餌を与えすぎると水質悪化にもつながります。時間にして、1分以内に食べきってしまう量が好ましいと言われています。

メダカを飼う場所

大きく分けて3通り

水槽で飼育する

注意点とすれば、エアレーションの水流は弱くすることです。メダカは強い水流は苦手です。初めから使わない方法で飼育したほうがいいかもしれません。

水槽の底には泥や砂利、砂などを敷きます。驚いたときには川床に潜り込む習性があるので、潜れるような細かいものがいいのです。

水草にはいろいろな役割があります。酸素を供給しますし、水中の汚れを分解してくれるバクテリアが住み着きます。

メダカを繁殖させたい場合には、メダカの産卵の場所にもなりますので、水草はぜひ入れておきます。

水草はアナカリスやホテイアオイ、カボンバなどです。アナカリスやカボンバは、浮かべておくだけでどんどん増えます。

発泡スチロールで飼育する

水深の深くないタイプの発泡スチロールはメダカの飼育に適しているでしょう。発泡スチロール良いところは、水温の温度変化に強いところです。

それほど急激な温度変化がなく、緩やかなので冬の間だけ、メダカの飼育に発泡スチロールを使うという方法もいいかもしれません。

底には砂利や砂を敷き、エアーポンプを入れ、水面には水草を浮かべておくだけです。メダカ飼育専用の発泡スチロールも販売されているみたいです。

ビオトープで飼育する

ビオトープはドイツ語です。野生動植物の安定した生息地という意味だそうです。動植物たちで作り上げる生態系を再現することみたいです。

メダカが生きていく自然な生態系サイクルを、人間の手で再現して飼育しようという方法です。

具体的には、水鉢の中にメダカと水草を入れて生態系を再現させます。メダカの糞が水草の栄養源になります。

水草が酸素を発生させ、微生物が自然に発生して、それをメダカが食べるという自然な生態系サイクルが、水鉢の中で再現できるというものなんですね。

注意すべきポイントとしては、屋外飼育なので、メダカの天敵になる生き物の侵入がおこるということです。鳥やヤゴ、ゲンゴロウなどが代表的な天敵です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする