タイブレークとは?高校野球で注目、テニスでも使われるルール

タイブレークのルールを簡単にまとめると

注目は高校野球のルール

タイブレークって、テニスの試合やソフトボールの試合で有名になりましたね。最近では、WBCの試合で行われたので、それで知った人もいるかなと思います。

さて、野球のタイブレークについては、少年野球や軟式野球ではごく普通のルールになっています。40年以上も前から少年野球の大会では採用されています。

大学野球に採用されたこともあって、残るは公式の高校野球とプロ野球だけです。ということは、もうすでに、タイブレークが主流なんですね。

WBCなど大きな大会で採用されているルールもじつは、いくつかあるタイブレークルールのひとつです。

だから、1つのルールを知っていたとしても、大会が変わると、全く状況が違うので注意が必要です。

軟式野球や少年野球では、公式規則として、延長方法やタイブレークの方法が決められています。

タイブレークルールは確認してから観戦しよう

それぞれの大会において、ランナーが、ワンアウト満塁か、ノーアウト満塁か、はたまた、ワンアウト2、3塁なのか全然違いますからね。

また打順も試合の続きでタイブレークに入るのか、一番バッターから入るのか、はたまた好きな打順が選べるのか、違いすぎますよね。

どのルールも目的は決着がつきやすいようにして、いろいろなデメリットを解決するためです。したがって、点が入りやすく、また試合が長くならないようにしているんです。

タイブレークに入ったら駆け引きは別物

タイブレークは後攻が有利?

これは先行側の得点に合わせて作戦が立てられるからだそうです。しかし、先行側が大量点を取ってしまえば、話は別です。

大量点に守られて、守備は定位置で、少しの得点は気にせず、思い切ってプレーできるからです。
そういった、ことも1つのパターンで、さまざまな状況が起こるので、戦術をたてるベンチワークが重要になってくるのです。

草野球や少年野球でタイブレークを見る時は、ランナーがどのような設定からスタートするかも見どころになるでしょう。

満塁という場面は、スクイズされにくいし、ホームがフォースアウトになるので、守りやすいのです。

内野も前進守備にすることでダブルプレーで0点に抑えられたりします。満塁ではないルールだと、フォースアウトやダブルプレーが取りにくくなります。

見事打たれた時は仕方ありませんが、ミスをすると、タイブレークは直接点につながります。

普段からそういった局面を考えて練習しているチームが結局は勝つのかも知れません。

いろいろなパターンのタイブレーク(1)

少年野球はワンアウト満塁、軟式野球はノーアウト満塁

少年野球のタイブレーク実施細則では、中学生は延長8回から、小学生の部は延長7回からが基本的なタイブレークパターンです。

決勝戦など、特別な場合もあります。

「両チームの得点が等しいとき、以降の回の攻撃は、一死走者満塁の状態から行うものとする。」と定められています。

打者は、前回正規に打撃を完了した打者の次の打順の者になり、走者は、打者の前の打順の者が一塁走者、一塁走者の前の打順の者が二塁走者、同様に三塁走者が出ます。

大人の硬式野球のルール

社会人野球などの延長戦のルールは、9回を完了して同点の場合は、回数は、最長12回まで、3時間30分を経過した場合は、新しい延長イニングに入りません。

これを終了しても同点のときは、タイブレーク方式になります。このとき、ノーアウト満塁で、打順は続きで、前回の最終打者を一塁走者とし、二塁、三塁の走者は順次前の打者です。

1回で決まらないときは、更に継続打順でこれを繰り返すとなっています。

大学野球も謎のルール、WBCはわかりやすかった

高校野球がどうするかはこれから注目

WBCの場合

WBCでは、延長11回に入ると、タイブレークのルールが適用される陽になりました。。

延長10回は、普通のゲームで、延長11回は、タイブレークに入ります。ノーアウト、1.2塁という場面で、スタートします。

1塁、2塁ランナーは、打席に入る打者の、前の打順2人がランナーとなります。

大学野球の場合

大学野球のタイブレーク規定は少し奇妙です。まず、9回の攻撃を完了し、両チームの得点が等しいとき、はタイブレークになります。

そのときは1死走者満塁の状態から行いますが、攻撃を開始する打順を選択することができることになっています。

両チームは、メンバー交換時に渡す選択打順申告用紙に打者、走者を記入し、タイブレーク開始前、両チームの監督は本塁上に集まって用紙を出します。

走者は、記入した打者の前の打順のものが1塁走者、1塁走者の前の打順のものが2塁走者、2塁走者の前の打順のものが3塁走者になります。

以後も延長回が続く場合は、継続打順でタイブレークをします。これは、走者を選べるという意味でもすごいルールですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする