介護予防運動指導員の資格の取り方、仕事の内容、実務経験と就職先 | 新常識発見で気分爽快!

介護予防運動指導員の資格の取り方、仕事の内容、実務経験と就職先

介護予防運動指導員とは

高齢者の身体ケアのプロ

介護予防運動指導員の役割は、高齢者の人たちの健康をサポートして、快適なライフスタイルを過ごしてもらうことです。

そのために、筋力トレーニングをしたり、運動を通して身体ケアを行ったりします、

介護予防運動指導員資格を得ると、介護現場でリーダーを任されたり、高齢者の人たちから信頼をされることも多くなります。

要するに、資格を取得することで、業界において差別化された人材になることになります。

ますます必要となる資格

要介護者は増加の一途

わが国は単なる高齢者の世話から、高齢者の方がいつまでも元気に過ごせるようにと、介護予防が重視されるようになっています。

そのための専門家が介護予防運動指導員です。

では、介護予防運動指導員の仕事内容はどういったものでしょう。また、資格取得の方法、さらに資格取得のメリットを見てみましょう。

介護予防運動指導員の仕事内容

まず、介護予防運動指導員の資格は地方独立行政法人 東京都健康長寿医療センター研究所が認定を行っています。

高齢者に対して、筋力向上トレーニングを中心とした介護予防プログラムを作成したり、適切な運動指導を行います。

そのために、一人ひとりに向けて介護予防プログラムを作成します。

資格を活かせる場所として、高齢者が多く集まるカルチャーセンターや民間のスポーツクラブも対象です。

ただ、近年は地域支援事業として増加している介護予防教室でも介護予防運動指導員がインストラクターとして活躍しています。

また、高齢者の方の老年症候群のリスクを判定して、どのような介護予防プログラムが必要なのかを診断するのも介護予防運動指導員の役割になります。

介護予防運動指導員の資格の取り方

介護予防運動指導員になるためには、地方独立行政法人、東京都健康長寿医療センター研究所が指定したスクールで講座を受講して、そこで修了試験に合格する必要があります。

修了試験に合格できなくても、初回の受験日から1年以内であれば再受験できます。

講座は開催場所や日程、受講料などが講習会を実施する事業者によって異なるので、事前に調べることが重要です。

講座の受講料は、テキスト、修了証・登録証発行料等で全部で8万円前後になるようです。

介護予防運動指導員養成講座の受講資格

介護予防運動指導員は試験による資格取得ではありません。定められた有資格者のみが講義を受けることで資格は得られます。

そういったことから、介護福祉関連の現場でのスキルアップにつながると言えそうです。

介護予防運動指導員養成講座の受講条件として、以下の資格を満たしている必要があるそうです。


・介護職員初任者研修の修了者で実務経験2年以上
・実務者研修の修了者
・介護支援専門員
・健康運動指導士等の資格保有者
・次にあげた医療系国家資格の保有者
医師、歯科医師、薬剤師、保健師、助産師、看護師、准看護師、臨床検査技師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、社会福祉士、介護福祉士、精神保健福祉士、歯科衛生士、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師、栄養士

広がる活躍の場

メリットはスキル向上と就職・転職の強み

近年、高齢者の自立支援や介護予防が重要視されています。そこで、介護施設や事業所では、介護予防プログラムを取り入れているところが増えています。

そういった面からも、この資格を取得すれば、介護スタッフとしての業務もこなしながら介護予防プログラムの作成・実施も行える人材として重宝されるでしょう。

8050問題の原因と対策、高齢介護と引きこもりが絡む問題の難しさ
8050問題が難しいわけ つながりを拒む引きこもり家族 「8050問題」という言葉をよく聞くようになりました。この言葉はどういう意味なんでしょうか。「80歳代の親が、50歳代の引きこもり状態にある子供の面倒をみる」何とも、重い話に感...
無年金なぜ、老後をどうするか、生活保護の問題と医療、介護の不安
高齢化の日本での年金制度 気になる年金問題 今も昔も「年金」というキーワードで様々な議論がなされています。 そもそも年金というのは、毎年定期的・継続的に給付される金銭のことで、大まかには国民年金と厚生年金に分けられます。 ...
ケアマネージャーの資格と試験、仕事の内容、受験に必要な実務経験
ケアマネは介護制度のリーダー 介護保険制度を支える根本の資格 ケアマネージャーは正式名称は介護支援専門員です。 一般に『ケアマネ』と略称で呼ばれることの多いですね。 この介護支援専門員は、介護保険制度の肝です。 介...
サービス提供責任者の資格要件と業務内容、実務経験と配置基準とは
サービス提供責任者とは 事業所設置には必須 このサービス提供責任者は資格名ではありません。 訪問介護事業所を経営するために必ず設置する必要がある責任者のことです。 サービス提供責任者になるためには、一定の資格および研修課...
福祉用具専門相談員の資格の取り方、試験は簡単、仕事の内容、就職先
福祉用具専門相談員とは 必要な、適した器具の提供のために 福祉用具専門相談員の資格はどういったことに必要なのでしょう。 この資格は、介護が必要な高齢者や様々な障害者に対して、公的介護保険を使って福祉用具を利用する時にアドバイス...
介護福祉士実務者研修は介護福祉士へのステップ、受講方法と取得法
介護福祉士実務者研修とは 介護福祉士への道 介護福祉士実務者研修は、介護職員初任者研修の上位の資格になります。これを取得することでサービス提供責任者として働く道ができます。 また、医療的ケアやたん吸引など実践的なスキルも身に付...
介護福祉士は国家資格、仕事内容と必要な受験資格、試験の合格率
介護福祉士は国家資格 介護職最上位にあたる資格 国家資格でもあり、介護職の必須資格となっています。従って、取得も結構難しくなっています。 資格取得をするには、実務経験をもとに受ける場合、福祉系の高校から受ける場合、養成施設で勉...
介護事務の資格の取り方、仕事内容、受験資格と求人状況と給与水準
介護事務とは 介護職に特化した事務内容に精通 この資格は、介護保険に関する知識はもちろんのことです。さらにPCスキルに加えて経理業務の知識などが必要になります。その上で介護サービス施設や事業所などへ勤務するわけです。 介護事務の仕...
レクリエーション介護士の資格の取り方、受験資格、需要と求人状況
レクリエーション介護士とは 生きがいと喜びを作る仕事 レクリエーション介護士の仕事の目的などんなことでしょう。 それは、高齢者へ喜びや生きがいを与え、笑顔にすることです。 そのために、介護スタッフを育成し、高齢者とのコミ...