レクリエーション介護士の資格の取り方、受験資格、需要と求人状況 | 新常識発見で気分爽快!

レクリエーション介護士の資格の取り方、受験資格、需要と求人状況

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

レクリエーション介護士とは

生きがいと喜びを作る仕事

レクリエーション介護士の仕事の目的などんなことでしょう。

それは、高齢者へ喜びや生きがいを与え、笑顔にすることです。

そのために、介護スタッフを育成し、高齢者とのコミュニケーション能力や、レクリエーション知識、スキルを身につける必要があります。

2014年9月にレクリエーション介護士2級が設立されました。

レクリエーション介護士の認定講座を受講して、修了試験に合格すれば資格が取得できます。さらに、上級資格としてレクリエーション介護士1級があります。

介護におけるレクリエーションは、一般的な遊びや気晴らしといったものではありません。

歳を取ると、日常生活動作や意識が低下してしまって、生きていく楽しみが失われていくものです。

そこで、介護ではレクリエーションを行います。これは、生きていく楽しみを創り出すことです。また、身体を動かして身体機能の回復を目指します。

レクリエーション介護士はレクリエーションの企画から行動までを計画して、実際の取り組みまで実行します。

高齢者に合ったレクリエーションを考えられるので、高齢者も無理せず、楽しめ、結果として高齢者とよりよい関係を築くことができるのです。

レクリエーション介護士を取得するには

2級習得のために

協会が認定している講座を受講します。その講座は通信講座と通学講座があり、どちらでも構いません。

終了して、受講省が得られた時点で資格を得たことになります。

1級取得のために

まず2級を取得し、その後資格認定団体主催のアイスブレイク体験会へ参加します。

4日間の必須資格の受講とフォローアップ研修、さらに現場実習の実施を済ませて、最後に認定試験を受けて合格する必要があります。

なぜレクリエーション介護士か

必要性が増してきた現場

高齢化社会の進行とともに、介護の現場ではレクリエーションが重要視されています。

身体的機能の維持に加えて、レクリエーションによって喜びや生き甲斐を与える事ができれば、それはとても大切なサービスだと考えられるようになってきました。

そこで、一般社団法人日本アクティブコミュニティ協会が様々なレクリエーションのノウハウをまとめて、2014年9月にレクリエーション介護士の資格を制定しました。

レクリエーション介護士2級は受験資格がないので、その気になれば、誰でも取れる資格です。

さらに、1級を取得すれば、レクリエーションの現場を取りまとめるリーダーとしての仕事もできるので、就職や昇給面でも有利になります。

実際の現場でも、レクリエーションを学んでいたというのは、とても重宝だそうです。

自分自身の向上心や毎日のモチベーションにもつながり、介護職を続ける上でとても大きな財産になるのです。