ジャーマンポテトという名はドイツにはない、その料理の発祥と由来

誰が名付けたのか、ジャーマンポテト

手軽なジャガイモ料理の鉄板

ジャーマンポテトは、ジャガイモ料理のひとつですね。しかしジャーマンポテトという言葉は和製語なんです。

ドイツにはいわゆる「ジャーマンポテト」は存在しません。英語名でいえば、German fried potatoes となるそうです。

ドイツでよく似た料理では、ベーコンとジャガイモの料理シュペックカルトッフェルンやブラートカルトッフェルンとなるそうです。

では、ジャーマンポテトは何料理なのか?

ドイツといえば、ジャガイモという連想から

先ほども言ったように、ドイツには「ジャーマンポテト」という名前の料理はありません。まあ、これは当たり前のことで、直訳すれば、「ドイツのジャガイモ」なんて、ドイツ人からすれば、それ何者と言うことになりそうです。

しいていえば、ドイツ風のベーコン入りジャガイモ料理くらいがわかりやすい日本語表記でしょうか。

ただ、ドイツにも当然似たような料理はあります。「ブラート・カルトッフェルン」は炒めじゃがいもという意味で、日本のジャーマンポテトにとてもよく似ているそうです。

これは、ドイツでは、ごく普通の基本的な料理だそうです。

どんな風にして作るのか

むいてからゆでるかゆでてからむくか

さて、ジャガイモのを茹でかたですが、皮をむいてからゆでるのか、ゆでてから向くのかは意見の分かれる所ですね。まあ、どちらでもいいんですが、好みだと思います。

タマネギの薄切りとベーコンを合わせて炒めますが、このときの玉ねぎの炒め加減も意見が分かれる所でしょう。

薄く透き通る程度でもいい、という人もいれば、茶色に変わるまで、とこだわる人もいるみたいです。

また、にんにくを使う人もいれば、ガーリックパウダーで味を付けるという人もいるようです。

最後の仕上げは、簡単に塩胡椒という人もいれば、醤油を加えたり、マヨネーズで仕上げたりと、好みに応じて工夫するようです。

さらに、ジャガイモを茹でずに油で揚げて使用したり、生のままスライスしてフライパンで加熱する調理法もあるようです。

作り方は簡単、アレンジメニューもたくさん

作り方の一例を紹介

<材料(2~3人分)>

じゃがいも…3個(約300g)
玉ねぎ…2分の1(約100g)
べーコン…50g(4枚)
こしょう…小さじ1
塩…適量
オリーブオイル…適量
マヨネーズ…適量
パセリ…適量

<作り方>

1.じゃがいもはよく洗って鍋に入れ、水をかぶるくらいに加えて火にかけ、茹でます。竹串を刺してスッと通るようになったらザルにあげてお湯を切り、熱いうちに皮をむいて食べやすい大きさに切ります。

2.玉ねぎは薄切りにします。ベーコンは1cm幅に切ります。

3.フライパンにオリーブオイルを入れて中火にかけ、温まったらベーコンを入れ、油が出てくるまで炒めます。さらに玉ねぎを加え、ほんのり茶色に色づくまで炒めます。

4.1のじゃがいもを加え、全体を炒め合わせます。こしょう、塩を加え、味を見て足りなければ、塩を足します。

5.好みで隠し味としてマヨネーズを加えてもいいでしょう。最後にパセリを散らして完成です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする