醤油の酸化を防ぎ賞味期限90日、鮮度が落ちない密封ボトルの仕組み | 新常識発見で気分爽快!

醤油の酸化を防ぎ賞味期限90日、鮮度が落ちない密封ボトルの仕組み

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

鮮度が変わらない醤油ってどんな物か

ずっと美味しく保てる

調理だけでなく、お刺身や卵掛けご飯など、日本人に欠かせない調味料の一つでもある醤油。

もちろん醤油にも賞味期限があります。

さらに最近では、3ヶ月鮮度が変わらない醤油まで発売されています。

今回は鮮度が変わらない醤油の仕組みや醤油の保存方法など色々についてお話ししします。

鮮度が変わらない醤油の誕生

賞味期限を伸ばす秘訣は

一般に醤油賞味期間は1ヶ月です。

これをもっと賞味期限を伸ばすことはできないのか、と真剣に考えた人がいたようです。

醤油は酸素と触れることで酸化し風味が落ちてきます。

栓を開けた直後は1ヶ月経過したものを比較すると別物といえる程に味も醤油の色も変化しているはずです。

開栓前は冷暗所で、開栓後は冷蔵庫で保管するのがおすすめです。

開封して1ヶ月が経つ頃には、透明感のある赤色はくすんだ茶色になり開封後は使い切りには1ヶ月が良いと言われています。

ただ、気づいたら購入してしばらく経ってしまった!といった経験はどのご家庭でもありますよね。

そこで今注目を浴びているのが、3ヶ月間鮮度を保つ醤油が生まれました。

美味しさを保つポイント

秘密はボトルの仕組み

醤油をおいしく保つコツは、「光」「熱」「空気」から守る事が重要です。

この3要素を遮断することで酸化が進むスピードをゆっくりにすることができます。冷蔵庫の中は光と熱から醤油を守ることができるため常温で保存よりは冷蔵庫での保存が良いと言われています。

そこで、最近新しく醤油メーカーで開発された容器が「密封ボトル」です。

密封ボトルとは、醤油は空気に触れると酸化するとはじめにお話ししました様に風味が劣化してしまいます。

「密封ボトル」は空気が入らない「密封二重構造」で作られているので醤油色や味わい、香りの劣化を開栓後90日間防ぐことができ新鮮なおいしさを保ちます。

また、このボトルは押し加減で量が調節できるので、ひと押しすれば一滴から注ぐことができ、食卓でのちょいかけにも、調理の際の計量にも大変便利です。

この様なボトルが醤油メーカーから開発された為、以前のボトルよりも更に賞味期間も長くなりより美味しい醤油がいつでも味わう事ができる様になったのです。

最後に

まとめると

通常醤油は開封してから美味しくいただける期間は1ヶ月ほどと言われいますが、醤油メーカーで密封ボトルが開発され更に美味しくいただける様になりました。

まだ密封ボトルの醤油を試したことがない方は是非一度御賞味してはいかがでしょうか。