カフェオレとカフェラテは同じように見える、作り方の違いとは?

ミルク入りのコーヒー飲料の代表

名前もおしゃれに味を引き立てる

さて、まずは始めに広まったのは「カフェ・オ・レ」で、これはフランス語でです。「レ」はミルク(牛乳)の意味だそうです。

対して、カフェ・ラテはイタリア語ですが、これは造語だそうです。「ラテ」はイタリア語でラッテがミルク(牛乳)の意味です。

ということは、どちらもコーヒーにミルクを混ぜたものということになるわけです。まあ、ミルク入りコーヒーというわけですが、中身はもっと深いのですね。

コーヒーが全く違う

この差は根本的なもの

カフェオレとカフェラテではコーヒーそのものが違います。まず、カフェオレのコーヒーは普通のドリップコーヒーですが、カフェラテのコーヒーはエスプレッソなんです。

では、普通のドリップコーヒーとエスプレッソは何が違うのでしょう。まず、作り方が違うということです。

ドリップコーヒーは日本でおなじみの紙フィルターなどでろ過して作ります。それに対して、エスプレッソはイタリア発祥のコーヒーのいれかたなんですね。

これは、高い圧力をかけて短時間で抽出します。そのために、ドリップ方式ではエスプレッソ・マシーンを使うのです。

大きく分かれる2つのグループ

コーヒーを通常のドリップ抽出で濃いめに出してミルクを加えるのが、カフェオレということになります。

それに対して、エスプレッソ抽出のコーヒーに蒸気で温めたミルク=スチームミルクを加えたものが、カフェラテやカプチーノ、カフェモカといった飲み物です。

使うコーヒーの違いを知ろう

いくつかの相違点が味わいの差に

1.豆の違い

ふつう、ドリップコーヒーには比較的浅煎りの豆で酸味が多く苦みが少ないものを使います。それに対して、エスプレッソには深煎りの豆で酸味が少なく苦みが多いものを使うんです。

2.味の違い

エスプレッソはマシーンで抽出するので、味は濃厚で、旨味が凝縮されています。カフェインは少なく、表面が細密な泡で覆われています。

3.量の違い

エスプレッソはとても濃いので、小さいカップで飲みます。ドリップコーヒーはコーヒーカップといって、それにあったさまざまな形があります。

エスプレッソのグループ

ミルクの量や加えるもので変わる呼び方

1.カフェラテ

ミルクを蒸気で温めた「スチームミルク」を、エスプレッソにそのまま加えたのがカフェラテです。

2.カプチーノ

「スチームミルク」を泡立てたものをエスプレッソに加えます。これがカプチーノになります。カプチーノは泡が多いので、カフェラテに比べるとビターです。

3.カフェマキアート

スチームミルクを泡立てたものを少しの量エスプレッソに加えます。これがカフェマキアートです。マキアートとはイタリア語で染みのついたという意味だそうです。

4.カフェモカ

エスプレッソをベースに、温めたミルクにさらに、チョコレートシロップを加えたものをカフェモカと言います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする